お知らせ

群馬県立吉井高等学校の生徒さんが見学に訪れました。

2009年06月22日

 6月19日に,群馬県立吉井高等学校1年生で,進学希望の生徒さん30名と,引率の先生2名が,本学の見学に訪れました。

 3013教室に集合し,本学の概要説明や,本学の紹介ビデオを視聴した後,2班に別れ,情報システム学科の見学と,3013教室にて,生命環境化学科の熊澤教授による「味覚の不思議」についての説明が行われました。情報システム学科では,没入型バーチャルリアリティ装置CAVEを使った体験が行われました。立体眼鏡をかけてCAVEの中に入り込み,実際に3D映像を動かし,空を自由に飛んだり,光の物体が体を通過するなど,バーチャル・リアリティの世界を体験していただきました。

 「味覚の不思議」についての説明では,五基五味の定義の紹介や,旨味についての説明を受けた後,ミラクルフルーツ・ギムネマ茶を使った味覚の実験を行いました。生徒さんはチョコレートが苦い・・・100%果汁のグレープフルーツジュースが甘く感じるなど,普段の生活で何気なく感じている味が,舌から脳へ伝わる情報伝達の仕組みに驚いていました。



ページの先頭へ