本文へジャンプ



研究室紹介 Laboratory
(メール送信時は,“-at-”部分を“@”に置き換えて下さい)
研究室名
(専門分野)
教 員 研究内容 メール
熱工学研究室 小西克享 教授 排出ガス濃度の予測を含め,シリンダ内圧力・温度,熱発生率等の舶用ディーゼル機関の性能をシミュレートする目的で,実用的なサイクルシミュレーション手法を開発している。また,噴霧燃焼実験を行い,実験結果からシミュレーションに使用する様々な実験式を導出する取り組みも行ってる。
流体工学研究室 小林 晋 教授 超音速気体力学(特にノイマン・パラドクス問題や衝撃波現象に関する実験的研究)を中心として、広く流体現象全般について扱っている。卒業研究では,衝撃波研究の最先端から細い管路を流れるマイクロ流体に近い低レイノルズ数流れ,流体音の発生機構に関する基礎研究.ラジコン技術を利用した小型飛行機の設計・製作なども手がけてきた。
エネルギーシステム研究室 石原 敦 教授 マイコンカー、マイクロマウス,ロボトレース競技にオリジナルマシンで参加し,教育的効果を上げている。スターリングエンジンカーの製作では,環境にやさしいスターリングエンジンを使ったモデルカーの製作を通して,熱力学の基礎やものづくりの基本を学んでいる。
材料力学研究室 趙 希禄 教授 強度剛性,振動騒音や衝突特性等問題の解析,3次元複雑構造の形状最適設計,折紙工学を利用した新型自動車車体構造の開発、樹脂射出成形やダイカスト鋳造など生産工程の最適化,複合材料からなる板シェル構造の最適設計など,幅広く研究活動を展開している。
 材料強度学研究室  上月陽一 教授 製品になるまでの加工プロセスでは材料の塑性変形が起こっており,それらはほとんどの場合転位のすべり運動によって担われている。本研究室では,その転位の運動に基づいた材料の塑性変形に関する特性について調べている。
 成形技術研究室 福島 祥夫 教授 本研究室では各種加工に関する金型設計,CAD/CAEに関する知見を深め,ものづくりプロセスを理解することで企業の求める人材の育成を目指す。
 機械力学研究室 皆川佳祐 准教授  構造物がどれくらいの揺れに耐えられるのか(耐震性)の評価や,構造物に地震動を伝えない技術(免震),構造物の揺れを抑制する技術(制振)などの研究を行っている。
ロボットデザイン研究室 安藤大樹 准教授 柔軟性を積極的に利用することにより構造に新しい機能をもたせるコンプライアントメカニズム,機能的連続体,連続体ロボットなどの機構系と制御系の統合化設計の研究を行っている。
熱エネルギー工学研究室 坂祐顕 准教授 主に熱力学・伝熱工学に基づき解析・実験モデルを構築し,数値シミュレーションと実験を通して研究開発を進めている。また,熱解析用数値解析ソフトウェアの開発なども行っている。
生産プロセス研究室 河田直樹 准教授 本研究室では,切削加工などの生産プロセスに着目し,ものづくりの現場に近い課題をテーマとして.加工パラメータの最適化や,加工に関わる状態量のセンシングとパターン認識による状態監視の研究を展開する。
マイクロ・ナノ工学研究室  長谷亜蘭 准教授 材料の変形・破壊時に発生する弾性波(AE波)を利用したトライボロジー(摩擦・摩耗)現象や加工現象の認識・評価に関する研究を行っている。また、摩擦・摩耗の素過程から実機の摩耗まで様々な摩耗機構の解明を行っている。
 制御工学研究室 萩原 隆明 講師 制御は機械の性能向上など産業技術の発展に貢献している重要な技術である。当研究室では,新しい制御の理論や技術の研究、さらに実システムへの応用に関する研究に取り組んでいる。制御を用いることで、社会の役に立つことを目指している。
高速流体工学研究室 小板 丈敏 講師    本研究室では気体、液体,固体中の衝撃波を伴う様々な高速流体現象の解明を行い,伝播する衝撃波圧力を減衰させる革新的機構の研究,衝撃圧減衰ヘルメットの研究開発,極短時間での高圧を得られる衝撃波圧力を利用した革新的破砕法の確立に関する研究・応用研究および殺菌技術の応用研究などを行っている。









   Copyright (C) 2009-2018 SIT Department of Mechanical Engineering. All Rights Reserved.