グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 生命環境化学科 応用化学専攻

生命環境化学科 応用化学専攻


2年 本田 優女|群馬県・前橋育英高等学校出身

「きれい」や「かわいい」を化学のチカラでかなえたい
メイクをしたり、いろんなコスメを試したりするのも楽しいけれど、私はそんな化粧品の成分にもすごく興味があります。もちろん将来は化粧品の商品開発職を希望しています。この専攻を選んだ理由も、化粧品と切っても切れない関係にある有機化学を学びたかったから。「これを美容液に加えたら」「ファンデーションの成分と一緒だ」といったように、授業で学んだことを化粧品にリンクさせながら考えることもしょっちゅう。高校までの理系科目の授業は座学が中心でしたが、大学では実験が多いことも嬉しいんです。実際に手を動かし、目の前で起きたことを元に考察し、答えを導く。こうした過程が楽しくて、もっともっと学びたくなります。

学びの特徴

人と環境の調和を「化学」で実現する

環境に調和した新素材や新材料の開発は、人々の快適な暮らしと社会に必要不可欠な技術です。さらには、地球環境に配慮した開発も求められています。応用化学専攻では、先端材料や食品、医薬品、エネルギー、環境、農林水産といった産業界を「化学」の力で支えられる専門技術者や研究者を育成します。

カリキュラムの特色

Point1

体系的なカリキュラムで
化学技術に関する知識を身につける

人々の身の回りにある製品は、常に品質向上や新製品開発力が要求されています。新しい技術や開発できる技術者を養成するために、有機化学に無機化学、物理化学、分析化学、材料化学など、高度な専門知識と最新技術を体系的なカリキュラムと多彩な実験・実習を通じて系統的に学びます。

Point2

実社会の課題に挑戦できる
専門知識と思考力を修得できる

化学の基礎から高度な専門までの知識と技術の修得はもちろん、新たな問題を発見し、自らその課題を検証できる想像力、豊かな力と柔軟な対応力、倫理観を身につけたエンジニアの育成を目標としています。卒業生は幅広い分野で活躍しています。

1年次 2年次 3年次 4年次
一般教養科目 文化論
社会学
経営学
地域学
歴史
国際関係論
教育と社会
中国の言語と文化
ドイツの言語と文化
フランスの言語と文化
ボランティアの研究
仏教精神I、II
体育実技I、II
心理学
日本国憲法
スポーツ文化論
哲学
経済学
思想と宗教
- -
外国語科目 英語I、II
発展英語I、II
英語III、IV
発展英語III、IV
- -
キャリア・デザイン科目 キャリア・デザインI、II
異文化コミュニケーション(海外研修)
情報処理I、II
TOEIC初級I、II
働くことの科学と実践I、II
キャリア・デザインIII
TOEIC中級I、II
インターンシップ
キャリア・デザインIV
数学系科目 基礎数学
線形代数
微分学
積分学
確率統計学
微分方程式 - -
理学系科目 基礎化学実験
基礎化学
展開化学
基礎物理実験
生物学実験 
基礎科学計算
生活の科学
生命の科学
環境の科学
基礎生物学
生物学
物理学I、II
地学
地学実験
地球科学 - -
専門科目
共通科目
生命環境化学特論
コンピュータ・プログラミング
生命環境化学基礎実験I、II
生態環境科学
分析化学
生命環境化学専門実験I、II
生命環境化学ゼミ
機器分析
安全工学
生命環境化学特別演習
卒業研究I、II
専門科目
バイオ・環境化学系科目
- 生化学I、II
細胞生物学
食品科学
免疫学
環境計測I、II
生化学III
タンパク質科学
バイオテクノロジー
生体機能学
神経生物学
微生物・ウイルス学
植物生理学
環境計量I、II
環境化学
資源エネルギー化学
環境関係法規
環境分析
-
専門科目
応用化学系科目
- 有機化学I、II
物理化学I、II
無機化学I、II
化学工学
有機化学III
物理化学III
無機化学III
電気化学
コンピュータ化学
無機材料化学
有機材料化学
高分子化学
-

専攻の主な科目

生活の科学

快適な生活を送るための生活環境とエネルギー、身近な有機材料や炭素材料に着目した科学技術に焦点をあて、身近な生活環境を科学的視点から捉えられる素養を身につけます。

無機化学

金属材料、セラミック材料、複合(ハイブリッド)材料など、多くの分野で開発されている無機化合物の特徴や性質、反応性との関わりを、物理化学的な視点から系統的に学びます。

電気化学

リチウムイオン電池、電力貯蔵など現代の生活において欠かせない電気化学について、電気エネルギーと化学エネルギーの相互変換の原理と様々な応用技術を学びます。

生命環境化学基礎実験

データに基づく考察が欠かせない化学実験を行う力を身につけるために、実験操作の基本原理、装置類の基本操作の習熟を目的とした課題を取り上げていきます。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • マイクロ・ナノ化学研究室

微小な世界から開拓する新しい化学
マイクロは1ミリの1,000分の1、ナノはそのさらに1,000分の1。物質はこれくらい極微な大きさの構造になると性質が変わります。例えば、金は人間の体に付着しても害はありませんが、小さくなると触媒となり、様々な働きをします。この研究室では、こうした特性を利用して新材料をつくり、化学物質などを検知するセンサの研究に取り組んでいます。具体的には、水中の有害重金属を高い感度で検出するもの、ごく薄い濃度の有毒ガスを検出できるものなど、環境汚染や健康被害を防ぐことを目指したセンサデバイスや環境分析法の開発を進めています。このほか、ニッケルと銅の合金ナノ粒子を埋め込んだカーボン電極を開発し、腸疾患の診断に用いられる糖類の検出に応用するなど、多岐にわたる研究を行っています。

最新の装置や設備を活用した研究を展開。電気分析化学、バイオセンサ、材料など、様々な分野を横断した研究が可能なので、卒業後の進路の選択肢も広がります。

丹羽 修 教授

Profile
九州大学大学院工学研究科応用化学専攻修了。工学博士。日本電信電話株式会社(NTT)研究所、産業技術総合研究所を経て2015年先端科学研究所(教授)として着任。

研究室一覧

取得可能資格

  • 毒物劇物取扱責任者
  • 環境計量士※
  • 公害防止管理者※
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 衛生管理者
  • 作業環境測定士
  • 浄化槽管理士
  • ITパスポート※
  • 公務員※
  • TOEIC※
  • ※資格支援対策授業実施

主な就職先

  • 東京ガス(株)
  • 太陽誘電(株)
  • (株)ミツバ
  • リンテック(株)
  • 日本瓦斯(株)(ニチガス)
  • 日本ケミコン(株)
  • 市光工業(株)
  • (株)吉野工業所
  • (株)鈴木商館
  • (株)フジキン
  • 菱洋エレクトロ(株)
  • (株)フコク
  • 三益半導体工業(株)
  • 澤藤電機(株)
  • 共立印刷(株)
  • 大成ラミック(株)
  • 前澤化成工業(株)
  • (株)鶴見製作所
  • 川研ファインケミカル(株)
  • 東京特殊硝子(株)
  • 日本電産サーボ(株)
  • (株)都筑製作所
  • 勝田化工(株)
  • 高信化学(株)
  • 埼玉県警
  • 群馬県警
  • 佐野市役所
  • 行田市立長野中学校
  • 寄居町立寄居中学校
  • 日本体育大学荏原高等学校 ほか