グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 機械工学科 ロボット・スマート機械専攻

機械工学科 ロボット・スマート機械専攻


※2019年度入学者まではロボティクス専攻

4年 横川 遼|新潟県・上越高等学校出身

大好きなものづくりを通して、もっと笑顔を増やしたい
ものづくりが好き。人を笑顔にすることが好き。自分が好きなこと同士を組み合わせて見出した将来の目標は、人の役に立つロボットを作ること。僕が関わっていきたい分野は、医療・福祉系です。自動運転の車椅子、起き上がりや寝返りをサポートするベッド。介護する人もされる人も楽になれるものを作りたいんです。今、夢中になっていることは、自分でプログラムを組んでロボットを動かす実習。これがなかなか思うように動いてくれなくて。つぶさに原因を探り、改良していく。これの繰り返しなんです。ものづくりには知識や技術が欠かせないけれど、気持ちもすごく大切だと思う。困難にぶつかっても、「絶対に乗り越える!」という強い意思が。そうしたマインドもこの専攻の学びで鍛えられています。
  • 工学部
  • 機械工学科
Robotics Course
ロボット・スマート機械
専攻



学びの特徴

次世代を見据えたロボット技術を学ぶ

従来の大量生産・大量消費型のモノやサービスから個別化された工業製品やサービスの提供が求められています。それを実現していくために、IoTを利用してAIを活用できるロボットや次世代産業システム、次世代モビリティシステムを創造するエンジニアやクリエイターを育成します。

カリキュラムの特色

Point1

社会からの要請に応えられる
ロボット技術を基礎から学修

さらなる発展が見込まれるロボットやその技術の応用。ロボット(産業・医療・交通機械)の実際の設計に必要な「機械工学」「電気・電子工学」や「情報工学」に関連する「メカトロニクス」「ロボット工学」や「IoTデバイス」、「スマートマニュファクチャリング」などを学びます。

Point2

次世代の産業システムと
モビリティシステムの概念を学ぶ

機械工学科実習工場の各製造機械と関連研究室をインターネットで繋ぎ(IoT)、刻々の加工・製造状況や機器利用状況などの情報を収集。「視える化」を行うことで、生産性の向上のためのシステム最適化を学べるICT 環境を導入し、次世代産業システムへの理解を支援します。

1年次 2年次 3年次 4年次
一般教養科目 文化論
社会学
経済学
経営学
地域学
歴史
国際関係論
教育と社会
中国の言語と文化
ドイツの言語と文化
フランスの言語と文化
ボランティアの研究
仏教精神I、II
体育実技I、II
心理学
日本国憲法
スポーツ文化論
哲学
思想と宗教 科学技術史
外国語科目 英語I、II
発展英語I、II
英語III、IV
発展英語III、IV
- -
キャリア・デザイン科目 キャリア・デザインI
キャリア・デザイン入門
異文化コミュニケーション(海外研修)
キャリア・デザインII キャリア・デザインIII
働くことの科学と実践I、II
インターンシップI、II
TOEIC初級I、II
TOEIC中級I、II
プレゼンテーション技法
数学系科目 基礎線形代数
基礎線形代数演習
応用線形代数
応用線形代数演習
微分学
微分学演習
積分学
積分学演習
微分方程式
確率統計学
複素関数論
ベクトル解析
- -
理学系科目 基礎物理実験
物理学I、II
物理学演習I、II
化学I、II
地球科学
電磁気学
生物学
量子力学
-
ロボティクス専攻
専門科目
コンピュータ・プログラミング
機械工学概論
職業指導I、II
工業力学及び演習
機械材料
ロボット学概論
ロボット製作法
ロボット製作演習
金属加工実習
機械工学実習
材料力学及び演習I、II
熱力学及び演習I
流体力学及び演習I
機械工作法
コンピュータ図学
情報工学
CAD 基礎製図
機械設計法及び演習
機構学
計測工学
Cプログラミング及び演習I、II
知能化工作機械
機械力学及び演習I、II
工学実験I、II
制御工学及び演習I、II
設計製図I、II
工学プロジェクト
メカトロニクス
ロボット工学
移動ロボット・プロジェクト
電子工作実習
応用数値計算法
環境工学
工学倫理
工業法規
IoTデバイス
スマートマニュファクチャリング
交通機械
卒業研究I、II
補習授業・資格対策 基礎数学演習
基礎物理演習
情報処理特講I、II

専攻の主な科目

ロボット学概論

ロボティクス専攻での学びの全体像をしっかりと把握。ロボットの定義や歴史からはじまり、ロボット技術の広がりと奥の深さを感じていきます。

ロボット製作法

ロボットづくりにおける開発手順や基本設計等について学修。ロボットをつくる際の考え方、手法、必要技術を、教材ロボットを用いて講義します。

ロボット工学

ロボットの構造・機構、それを動かす駆動源を含む全体構成システムの設計法、それらを目的通り動かす制御システム、センサ、コントローラについて学びます。

移動ロボット・プロジェクト

センサを装備した移動ロボットを用いて、障害物を回避しながら目的地点に移動するプログラムを作成。実践的なロボット開発法を学ぶプロジェクト型講義です。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • ロボットデザイン研究室

日本が誇る技術力を発展させるために
ロボットや自動車に代表される制御機械システムは、機械や装置の構造設計とそれを動かす制御システム設計を別々に行う二段階設計という手法でつくられています。この研究室では、それぞれをトータルで考える統合化設計を主なテーマにしています。ハード面とソフト面を一つのシステムとして捉えると、様々なメリットが考えられます。例えば「こんな機能を持たせたい」と考えたとき。制御のみで解決するのでなく、機械や装置の素材や形状を併せて設計すれば効率は上がりますし、より良いものができます。現代社会において、ものづくり技術に対する期待や要求はますます高まっています。社会にはどのような課題があり、技術でいかに解決していくかを考えながら、研究に取り組んでもらいたいと考えています。

自動車の自動運転技術や低侵襲外科手術用柔軟鉗子など、統合化設計を様々なものづくりに応用・実用化していくことを視野に入れた研究をし
ています。

安藤 大樹 准教授

Profile
名古屋大学大学院工学研究科博士後期課程機械工学専攻満了。博士(工学)。名古屋大学大学院工学研究科助教、福井大学大学院工学研究科助教を経て、2013年機械工学科講師として着任。2015年より現職。

研究室一覧

  • 機械力学研究室[皆川 佳祐 准教授]
    構造物の耐震性評価や、構造物に地震動を伝えない技術(免震)、構造物の揺れを抑制する技術(制振)などの研究を行っています。

  • ロボットデザイン研究室[安藤 大樹 准教授]
    制御機械システムにおける機構系と制御系を統合的に設計し、従来の設計手法の限界をブレイクスルーする設計技術の確立を目指します。


  • 知能機械システム研究室[五味 伸之 講師]
    生産現場での生産効率の高め方において、知能機械を用いた自動化の研究を行います。さらにIoTを利用した自動評価、自動生産にも取り組みます。
  • 取得可能資格

    • CAD利用技術者試験※
    • ガス溶接技能者
    • ボイラー技士
    • 公務員※
    • 電気通信設備工事担任者
    • 電気通信主任技術者
    • ITパスポート※
    • 情報処理活用能力検定
    • CG検定
    • TOEIC※
    ※資格支援対策授業実施

    主な就職先

    • スズキ(株)
    • JFEスチール(株)
    • シャープ(株)
    • 東京ガス(株)
    • 東日本旅客鉄道(株)
    • 京セラ(株)
    • 富士電機(株)
    • 森永乳業(株)
    • プリマハム(株)
    • 日本製粉(株)
    • 三機工業(株)
    • 日本電設工業(株)
    • 北海道旅客鉄道(株)
    • 日本シイエムケイ(株)
    • (株)ミマキエンジニアリング
    • 芝浦メカトロニクス(株)
    • 富士機械(株)
    • (株)稲葉製作所
    • 加須市教育委員会
    • 防衛省 陸上自衛隊 ほか