グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 人間社会学部 > 心理学科(ビジネス心理専攻)

心理学科(ビジネス心理専攻)


4年 根岸 優香|群馬県・伊勢崎商業高等学校出身

色彩ひとつで人の心を動かす―だから心理学って面白い
例えば、カフェ。いろんな雰囲気のお店がありますが、その差はどこから生まれると思いますか? 実は、壁や床、家具など、空間を構成するものの色が及ぼす効果って大きいんです。茶系でまとめられた店内ならナチュラルな雰囲気のお店、黒系なら高級感が漂うお店など、人間の視覚は知らず知らずのうちに色からあらゆるイメージを受け取り、それが心にも大いに働きかけています。心理学の入口って、こんなふうにすぐそばにあるものなんですよ。私はビジネスで役立つ心理学を身につけたくて、この専攻を選びましたが、学ぶほどに実社会における心理学の重要性を実感しています。目指している進路はマーケティング関係の業種。人々の購買意欲を分析・コントロールするなど、心理学の知識をビジネスのフィールドで生かしていきたいです。
  • 人間社会学部
  • 心理学科
Business Psychology Course
ビジネス心理専攻



学びの特長

心理学的アプローチでビジネスの課題を解決

ビジネス心理専攻では、一般社会、企業などで心理学の知識を生かして活躍できる人になることを目指します。人の行動と心を理解する基礎心理学と臨床心理学の2分野に加え、経済学などの社会科学全般を同時に修得することで、心理学をビジネスに応用できるジェネラリストを養成します。

カリキュラム

Point1

人の心や行動、脳の働きを理解し、
ビジネスに応用する方法を考察する

基礎心理学分野では基本的な心の働きをテーマとする脳科学や知覚心理学、認知心理学、学習心理学などを学びます。日常生活における人の行動や心の働きを理解したうえで、人の行動や心の働きを科学的に研究する方法や技法を修得し、ビジネスに有用な多角的視点を養います。

Point2

心理学とリンクさせながら
現代社会の企業活動を見つめる

ビジネスを理解するために、社会科学系の知識を修得できるカリキュラムを設定しています。人文科学や社会学、自然科学や情報処理、経済学など、多様な科目を学ぶことで、人々の心や行動を念頭におきながら思考できるビジネスパーソンとしての素地を育みます。

1年次 2年次 3年次 4年次
教養 情報学概論・情報リテラシー・コンピュータ概論
英語
仏教精神
経済学概論・経営学概論・会計学概論・法学概論
哲学概論・宗教学概論・日本史概論・西洋史概論
スポーツ文化論・宇宙の科学・脳と行動・科学技術史
福祉ビジネス論・インターンシップ・キャリアと自立・働くことの科学と実践 など
専門科目 〈演習〉
基礎演習

〈講義科目〉
心理学概論I、II
心理学統計法I、II
〈演習・実験〉
心理学実験
心理演習

〈講義科目〉
心理学研究法基礎
映像・音楽の総合表現と人間
心理調査概論
学習心理学
知覚心理学
認知心理学
情報処理心理学
言語心理学
発達心理学
教育心理学
ビジネス心理学
社会心理学
心理学と職業 など
〈演習〉
一般実験演習I、II
ビジネス心理学原典講読

〈講義科目〉
心理学研究法応用
消費者理解の心理学
心理データ解析法
産業心理学
交通心理学
コミュニケーション技法
対人関係論
企業組織における人間行動
比較心理学
動機づけと情動 など
〈演習〉
総合研究演習I、II
(卒業研究)

授業ピックアップ

ビジネス心理学

心理学の知識と技法をビジネスの課題に応用する力を身につけます。発想・企画・デザインの心理学、マーケティングと広告の心理学など、多
彩な内容を含みます。

消費者理解の心理学

消費者の心理と行動を理解して、マーケティングや製品開発、広告、販売といったビジネスの現場での企業活動を有効に行うために必要な知識を学びます。

コミュニケーション技法

コミュニケーションで必要なものは、自己に対する感受性と他者への共感性です。他者と接するときの自分の特徴を知りながら、コミュニケーションのコツを学びます。

心理データ解析法

調査や実験のデータを統計的に解析する上で必要な基礎的な知識とスキルを修得します。データ入力・統計的検定・実験計画法・多変量解析などの方法を学びます。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • 基礎心理学研究室

ヒトの心を科学的に解明する
この研究室の主な研究領域は、認知心理学と言語心理学です。抽象的でとっつきにくく見えますが、身近な経験の背後で常にはたらいている心の仕組みを研究しています。例えば、買うつもりはなかったけれど、店先でたまたま目に入った「限定品」「半額」などと書かれたラベルがついた商品が気になり、つい手に取ってしまった。こういった些細な情報は、ほとんど意識にのぼることなく私たちの行動に影響することがあります。無意識まで含む心のはたらきを理解するためには、心理学実験のやり方を工夫して、心がどのようにして情報を処理しているかを明らかにする必要があります。コンピュータを使った心理学実験や情報処理モデルを用いながら、ヒトの心のメカニズムについて科学的な観点から解き明かしていきます。

基礎心理学の面白さは、あらゆることが研究対象になること。ヒトの心を掘り下げていくことで、消費者行動の理解やマーケティングなど、実社会で役立つ視点もはぐくまれます。

河原 哲雄 教授

東京大学大学院教育研究科博士課程単位取得退学。修士(教育学)。東京大学教育学部教育心理学科助手を経て、2003年人間社会学部心理学科助教授として着任。2012年より現職。

研究室一覧

取得可能な資格

  • 認定心理士
  • TOEIC※
※資格支援対策授業実施

主な就職先

  • (株)エヌ・ティ・ティ・データ
  • (株)ドン・キホーテ
  • (株)しまむら
  • 綜合警備保障(株)
  • (株)ベイシア
  • (株)LIXILビバ
  • (株)島忠
  • エイベックス・グループ・ホールディングス(株)
  • (株)ワコールホールディングス
  • 社会福祉法人いずみ会 西山荘
  • 社会福祉法人明日栄会
  • 社会福祉法人博寿会
  • 社会福祉法人永寿荘
  • 社会福祉法人三和会
  • 埼玉信用組合
  • 魚沼みなみ農業協同組合
  • 深谷市教育委員会
  • 太田商工会議所
  • 法務省(刑務官)
  • 埼玉県警察 ほか