グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 人間社会学部 > 情報社会学科 経営システム専攻

情報社会学科 経営システム専攻


4年 宮崎 恭輔さん|秋田県・平成高等学校出身

企業経営に携わる先生方が多く
社会で通用する経営知識を身につける
私には、大学進学をする上で、外せない条件が3 つありました。社会科の教員免許を取得できること、文系の学問を学べること、社会人に必要なパソコンスキルを身につけられること。すべての条件が合致したのが埼工大。さらに、どのような職業に就くとしても経営について知っておくことは大切だという思いからこの専攻で学ぶことを決意しました。企業経営に携わっていた先生が多いため、実例を踏まえた授業はどれも興味深く、社会で通用する経営の知識を身につけることができます。この専攻での学びを通じて、組織・団体をまとめる力とビッグデータやAIなどの情報技術を活用する能力を併せ持った教員になりたいと思い、現在は教員採用試験合格に向け、日々勉強に打ち込んでいます。

学びの特徴

ビジネスの課題を解決できる人材を育成

工業大学の文系学部として、経営システム専攻では現代の企業社会でもっとも重要とされる「情報」と「経営」について学びます。
インターネットやプログラミングに代表される「情報」、 法律や経済などの知識をベースとした経営戦略マーケティングなどの「経営」。これらは、企業社会で生きていくには欠かせない必須分野です。

学びのポイント

Point1

現代の事象と照らし合わせながら
社会科学系と情報系の知識を修得

社会の総合的な仕組み(システム)である経営を取り巻く情報、法律、経済会計・財務などの基礎をじっくりと学び、実際の社会事象と照らし合わせ応用しながら学びを深めます。同時に、情報システムを活用したコミュニケーションのあり方を考察し、ビジネスパーソンとしての素養を高めます。

Point2

企業が求める人材になるための
思考力や人間性を高められる

幅広い教養科目を開講しています。実社会に即した専門科目を学びながら、自分で主体的に考え、課題を発見し、解決していける人材の育成を目指しています。また、PC、ネットを駆使できる人材となるべく、人間社会学部生全員にノートパソコンを1台付与。パソコンスキルを身につけることもできます。

1年次 2年次 3年次 4年次
アカデミックスキルを
養成する基礎演習で
大学の学びの土台づくり
経済や経営、法律など
社会科学系の知識を
身につける
知識をブラッシュアップ
させながら
実社会の仕組みを
考察する
学びの集大成となる
卒業研究で
自分の興味を追究する
演習 基礎演習I、II プロジェクト演習I、II 情報社会一般演習I、II 情報社会総合演習I、II
(卒業研究)
情報 情報リテラシーI、II
コンピュータ概論I、II
プログラミング入門
ネットワーク・リテラシー
情報学概論
プログラミングI
マルチメディア・リテラシー
情報の分析と活用
ネットワーク社会論
情報と職業
人工知能入門
データ解析法
プログラミングII
情報ネットワーク論
情報システム論
総合情報演習
テキスト情報処理
情報セキュリティ
情報処理心理学
メディア論
システム管理
ネットワーク管理
データベース論
マルチメディア論
映像環境論
情報メディア演習
-
経営 経営情報システム
経営学概論
マーケティング論
情報社会特講III(商品開発)
情報社会特講I(スポーツマネジメント)
会計学
福祉ビジネス論
経済学概論
イノベーション経営
経営情報論
企業と業界の分析I、II
簿記演習
現代経済論
経営管理論
情報社会特講V(営業戦略)
情報社会特講VI(ベンチャービジネス)
e-ビジネス論
国際関係論
-
法律 法学概論
政治学概論
民法A(総則・物権)
日本国憲法
情報関連法
行政学
行政法
民法B(債権)
国際法
知的財産権法
法学応用演習
ビジネス関連法
情報社会特講IV(会社法)
-
語学 英語1
英語演習1
異文化コミュニケーション(海外研修)
コミュニケーション演習
英語2
英語演習2
TOEICI、II
英語3
英語演習3
ビジネス英語入門
英語記事・論文読解
-
キャリア ボランティアの研究 インターンシップ
人生と職業
キャリアと自立
現代社会理解
総合教養演習
-
教養 文化人類学
音楽音響学概論
身近な物理
宇宙の科学
教育と社会
自己理解の心理学
仏教精神I、II
体育実技I、II
哲学概論
世界の宗教と歴史
20世紀の世界史
グローバル社会と地誌
化学と生活
生命の仕組み
心理学入門
芸術論
仏教の歴史と思想
ジェンダー論
ドイツ語の言語と文化
科学技術史
日本史概論
西洋史概論
東洋史概論
フランスの言語と文化
英語圏文化論
中国の言語と文化
スポーツ文化論
20世紀の日本史
浄土教の歴史と文化
社会学概論
数理基礎
人体の構造と機能及び疾病
脳と行動
- -
専門 映像と音楽
ディジタルデザイン基礎演習
音楽とメディアの歴史
音楽情報演習I、II
平面構成演習
テクノロジーと音楽
コンピュータ画像処理
Webデザイン基礎演習
音楽文化論
深層心理学
音響環境論I、II
アート批評論I、II
ディジタルサウンド演習I、II
Webデザイン応用演習
ディジタルデザイン応用演習
映像と音楽の総合表現と人間
映像文化論
アート・コミュニケーション論
空間構成演習I、II
日本史特講
西洋史特講
東洋史特講
現代社会と倫理
3DCG演習
ディジタル映像表現
情報社会特講II
(電子音楽響表現演習)
人文地理学
現代社会と宗教
映像制作演習
デザイン演習
サウンド・プログラミング演習
哲学の源流
自然地理学
地誌学

授業ピックアップ

情報リテラシー I、II

実習を通して、コンピュータによる情報処理に関する基礎的な知識と技能を学び、情報を活用する力を身につけます。

情報社会一般演習 I、II

2年次までに学んだ知識と技能を活かし、特定の課題に対して少人数で取り組む専門的な演習形式の授業です。(両専攻共通科目)

プログラミング I

プログラミング入門・I・IIの3つの授業では、プログラム(命令の集まり)を書いておいて各自のノートパソコンを動かす、実習を行います。

法学応用演習

憲法、民法と商事法分野の裁判例を取り上げて、前提知識などを解説した後、受講生のレポートを用いて各法分野ごとに発表会を設けて議論します。

簿記演習

ビジネスをお金で表わす手法を理解するとともに問題演習を通して知識の定着を図り、検定試験の合格を目指します。

プロジェクト演習 I・II

社会に存在する様々な課題に主体的に取り組み、提言、制作、発信等を行うアクティブラーニング型授業です。(両専攻共通科目)


私の学びと将来の夢

3年 長島 有沙さん|群馬県・前橋清陵高等学校出身

資料作成や会計、ディスカッションなど
ビジネスパーソンとしての知識を学ぶ
重要な経営資源であるヒト・モノ・カネ、そして情報処理などコンピュータに関する知識を得ることができる経営システム専攻。他にも資料作成や簿記の知識、グラフィックなど企業で働く上で必要となる知識も身につけることができます。授業では、ディスカッションする機会が多くあるのですが、自分の意見を持つこと、その意見を他者に理解してもらうこと、そして他者の意見を理解することの大切さを学びます。これからも学びの視野を広げながら、マーケティングや企画広報など興味のあることに挑戦をしていきたいです。

私の履修スケジュール(2年次)

● 前期
1限目 民法A
(総則・物権)
プロジェクト演習I プログラミングII
2限目 行政法 深層心理学
3限目 会計学概論 企業と業界の分析I
(製造・技術・IT)
情報ネットワーク論 科学技術史 総合情報演習
4限目 データ解析法 英語2
5限目
● 後期
1限目 プロジェクト演習II
2限目 簿記演習 情報処理心理学 情報関連法
3限目 テキスト情報処理 現代社会と倫理 数理基礎 ネットワーク社会論
4限目 脳と行動 社会学概論 英語演習2
5限目

研究室一覧


  • 英語研究室[永本 義弘 教授(英語教育担当)]
    英語はどのような構造を持った言語か、その学習法はどうあるべきかを考察していきます。
  • 経営情報研究室[村山 要司 教授]
    さまざまな経営問題に対して、人工知能などのコンピュータサイエンスを活用し、マーケティング分析や、ビジネスプロセスの効率化を図る研究を行っています。

  • 取得できる資格

    • 日商簿記検定
    • 公務員※
    • シスコネットワーク技術者
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
    • 基本情報技術者
    • 実用英語技能検定
    • TOEIC※
    • ITパスポート※
    • CGクリエイター検定※
    • MIDI検定※
    • マルチメディア検定※
    ※資格支援対策授業実施

    就職先業種別割合

    ※過去5年間の実績

    主な就職先

    • (株)NTTデータ
    • (株)大塚商会
    • 日本通運(株)
    • ヤマト運輸(株)
    • 西濃運輸(株)
    • (株)ニトリ
    • (株)セブン-イレブン・ジャパン
    • 東日本旅客鉄道(株)
    • 大和ハウス工業(株)
    • 住友林業(株)
    • 日本郵便(株)
    • マルハニチロ(株)
    • 綜合警備保障(株)
    • (株)そごう・西武
    • (株)ビー・エム・エル ほか