グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 人間社会学部 > 情報社会学科(経営システム専攻)

情報社会学科(経営システム専攻)


2年 吉田 桃子|群馬県・伊勢崎清明高等学校出身

生徒たちを惹きつけて、
楽しく学べる授業を展開できる中学校教員になりたい!
中学校の社会科の先生になりたいという夢があります。
子どもたちに幅広い知識を教えたいと考えて、経営システム専攻を選びました。この専攻は、経営学、経済学、法学、情報学など、幅広い知識をまとめて学べるのが魅力で、まさに私が求めていた環境、学びがここにあります。
現在、力を入れているのはパソコンスキルの習得です。人間社会学部は、入学すると学部生全員にノートパソコンが1台供与されます。レポート作成やプレゼンテーションを通してパソコンのスキルを磨き、将来は、生徒を惹きつける魅力的な授業を展開できる教員になりたいです。
  • 人間社会学部
  • 情報社会学科
Business Management Course
経営システム専攻


学びの特徴

コミュニケーションを通して課題を発見し、ビジネスの課題解決を実現する人材を育成

経営システム専攻では、工業大学の文系学部としての特質を最大限に活かし、『情報』と『経営』という現在の企業社会で最も重要とされる知識を学べます。『情報』とはインターネット、PC、プログラミング、情報処理など変貌しつつある企業社会での必須知識であり、『経営』では法律、経済、会計、財務などの知識をベースに経営戦略、マーケティング、ビジネスモデル、イノベーションなど、実際の企業社会で活用されているやはり必須知識を学べます。
幅広い教養科目と実社会に即した専門科目を学びながら、自分の頭で主体的に考え、課題を発見し、解決していける人材の育成を目指しています。

カリキュラムの特色

経営に関する知識を幅広く修得し
企業が求める人材に

経営システム専攻では、企業社会で必要となる経営・会計・金融・法律などの社会科学系の知識と情報処理能力などの実務能力を兼ね備えた人材の育成を目指しています。専門分野の授業や4年間にわたる必修の演習などを通じて、問題解決能力やコミュニケーション能力を磨きます。

1年次 2年次 3年次 4年次
教養 英語演習・英語圏文化論・中国の言語と文化
仏教精神・哲学概論・自己理解の心理学
日本史概論・西洋史概論・文化人類学
スポーツ文化論・宇宙の科学・科学技術史
福祉ビジネス論・ボランティアの研究・社会学概論
地域学・政治学概論・教育と社会 など
演習 基礎演習 プロジェクト演習 情報社会一般演習 情報社会総合演習
(卒業研究)
情報 プログラミングI
情報学概論
コンピュータ概論
情報システム論
情報ネットワーク論
情報セキュリティ
プログラミングII
データベース論
マルチメディア論
ネットワーク管理
システム管理
-
経済 現代経済論 現代経済論 現代経済史 -
経営 経営学概論
簿記演習
会計学概論
経営情報論
経営管理論
企業と業界の分析
知識管理論
財務管理論
マーケティング論
スポーツ経営
-
法律 法学概論 民法
情報関連法
行政法
国際法
ビジネス関連法
知的財産権法
法学応用演習
-
総合 ネットワーク社会論
情報と職業
データ解析法
行政学
経営情報システム
e-ビジネス論
国際関係論
-
キャリア科目 情報リテラシー
ネットワーク・リテラシー
マルチメディア・リテラシー
人生と職業
インターンシップ
総合情報演習
現代社会理解
キャリアと自立
働くことの科学と実践
総合教養演習
-

専攻の主な科目

経営情報論

人・物・カネに続く第4の経営資源ともいわれている「情報」。経営に資する情報とは何かを理解し、その収集から分析に至る手法や、実践的な活用方法について学びます。

データ解析法

収集したデータから有益な情報を引き出すには、科学的な分析と評価法が必要です。多くの具体例をとりあげながら、データ収集・解析の手法および結果の解釈方法を学びます。

財務管理論

資金(カネ)は企業の継続、成長に不可欠な経営資源のひとつ。資金の調達と運用について具体的に理解し、それによって明らかになる経営戦略について学びます。

会計学概論

会社運営の中で出てくる「どうすれば利益が出るのか」「利益をどう測っていくのか」という課題。そこで有用となる会計の果たす役割について学びます。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • ビジネスモデル研究室
  • 企業が利益を上げるための仕組みを研究グループ課題で「問題解決力」を鍛える

研究室の名前になっている「ビジネスモデル」とは、企業経営における「儲けの仕組み」を指します。企業では、商品開発→生産→物流→販売などのさまざまな活動が行われています。利益を上げるためには、これらの活動が相互に結びつき、「仕組み」として機能している必要があります。すばらしい「技術」があっても優れた「仕組み」がなければ、ヒットは生み出せません。例えば、iPhoneは、既存の技術を優れたデザインでパッケージ化し、世界的な流通網に乗せたことで大ヒットしたのは有名です。こうした優れたビジネスモデルを探すため、研究室では身近な企業を分析しています。例えば、「ユニクロ」と「しまむら」の比較。両ブランドの運営会社の売上高や利益率を調べ、その違いの「原因(なぜ?)」についてグループで発表します。こうした課題を通して、身に付けてほしいのは、「問題解決力」。企業や組織が抱える問題を見つけ出し、それを解決する方法を自分なりに考えられる人材を社会に輩出したいと思っています。

林 信義 教授

Profile
横浜国立大学大学院経営学研究科修了。経営学修士。株式会社日本総合研究所にて、経営コンサルティング業務に従事した後、2015年人間社会学部情報社会学科教授として着任。ビジネスモデル学会所属。

Research

研究室の学生も加わりグループに分かれ、地元の特産品である漬け物を学内で販売。
商品の選定、仕入から価格設定、広告宣伝まで実践で学びます。

研究室一覧



取得可能資格

  • 日商簿記検定
  • 公務員※
  • Linux技術者認定試験
  • シスコネットワーク技術者
  • マイクロソフトオフィス スペシャリスト
  • 基本情報技術者
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC※
  • ITパスポート※
  • CGクリエイター検定※
  • MIDI検定※
  • マルチメディア検定※
※資格支援対策授業実施

将来の進路


  • 民間企業
    人事/労務/経理/財務/営業・販売/広報/宣伝/プログラマー/システムエンジニア/ネットワークエンジニア/ITコンサルタント

  • 大学院進学

  • 教員
    中学校(社会)/高等学校(地歴・公民・情報)(申請中)

  • 公務員