グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 人間社会学部 > 情報社会学科(メディア文化専攻)

情報社会学科(メディア文化専攻)


3年 熊谷 洋孝さん|岩手県・花北青雲高等学校出身

映像、音響、Web デザイン
そのすべてに必要な創造力を磨ける環境
埼工大を選んだのは、情報に関して学んできた高校時代に、映像や音響Webデザインなどに興味を持ったことと、続けてきた卓球の実力を伸ばすため、強豪である卓球部に入部したいと思ったから。現在は「映像」や「音響」、大学に入ってから興味を持つようになった「経営」に関する授業を中心に学んでいます。実家が会社を経営していることもあり、仕事をしている祖父や父の姿を近くで見てきたので、経営についてはまだまだ知識を深めたいと思っています。今、並行して積極的に取り組んでいるのが、仕事に役立つ情報系の資格取得のための勉強。卒業後は、この専攻ならではの学びの知識に加え、CG技術や音響技術を駆使した作品づくりを通し、表現力やクリエイティブ能力を高め、経営の視点も活かしながらWebデザインなどに携わりたいです。


学びの特徴

「創造的表現力」で社会を豊かに

メディア文化専攻では、情報産業で活躍できる人になるために高度な創造的表現能力を身につけることを目指します。ディジタル音楽やCGの制作を通じて情報機器を活用する能力や作品の文化的背景や思想を学びながら豊かな発想力を兼ね備えた人材を育成します。

学びのポイント

Point1

情報化社会に対応できる
コミュニケーション能力を高める

社会では優れたコミュニケーション能力を持つ人材が求められています。まず情報機器を活用しながら文章作成力・企画力・プレゼンテーション力を身につけます。そして、作品の批評・評価の理論や、音楽・CGのコンテンツ制作の学びを通じて、情報を受発信する際のコミュニケーション能力を高めていきます。

Point2

コンテンツの制作に欠かせない
発想力を養う教育環境

情報機器を活用できる力を身につけることはもちろん、企業の広報や企画制作、ディジタルクリエイターなど、創造力や発想力を生かして実社会で活躍できる人材を目指します。少人数の教育環境を活かしたアットホームなコミュニティで学生・教員どうしが刺激し合いながら成長できます。

1年次 2年次 3年次 4年次
各領域を俯瞰しながら
メディア文化を学ぶ
醍醐味に触れる
座学に加え
濃密な実習で
自分の専門分野を
模索する
論理的思考力を
養成して
アウトプットを
よりハイレベルに
卒業研究で実社会に
広く伝わる表現と
メディアの可能性を
考察する
演習 基礎演習 プロジェクト演習 情報社会一般演習 情報社会総合演習
(卒業研究)
CG・デザイン講義 コンピュータ画像処理 ディジタル映像表現
映像文化論
映像と音楽の総合表現と人間
マルチメディア論
映像環境論
-
CG・デザイン演習 ディジタルデザイン基礎演習
Webデザイン基礎演習
平面構成演習
ディジタルデザイン応用演習
Webデザイン応用演習
空間構成演習
3DCG演習
情報メディア演習
映像制作演習
デザイン演習
-
音楽・音響講義 音楽音響学概論
テクノロジーと音楽
音楽とメディアの歴史
映像と音楽
音楽文化論 マルチメディア論 -
音楽・音響演習 音楽情報演習 ディジタルサウンド演習
音響環境論
サウンド・
プログラミング演習
-
思想・宗教 世界の宗教と歴史 現代社会と倫理
仏教の歴史と思想
哲学の源流
現代社会と宗教
-
歴史・社会 20世紀の世界史
政治学概論
日本史概論
西洋史概論
社会学概論
浄土教の歴史と文化
東洋史概論
20世紀の日本史
人文地理学
自然地理学
地誌学
-
言語・文化 文化人類学
ボランティアの研究
英語圏文化論
ドイツの言語と文化
フランスの言語と文化
アート・コミュニケーション論
メディア論
中国の言語と文化
国際関係論
ビジネス英語入門
英語記事・論文読解
-
共通 プログラミングI
情報の分析と活用
情報と職業
ネットワーク社会論
情報学概論
プログラミングII
情報セキュリティ
情報ネットワーク論
アート批評論
知的財産権法
データベース論
システム管理
マーケティング論
ネットワーク管理
-
キャリア科目 情報リテラシー
ネットワーク・リテラシー
マルチメディア・リテラシー
異文化コミュニケーション(海外研修)
人生と職業
インターンシップ
総合情報演習
現代社会理解
キャリアと自立
総合教養演習
-
教養 心理学入門・宇宙の科学
コンピュータ概論・仏教精神
脳と行動・英語・コミュニケーション演習
化学と生活・スポーツ文化論
教育と社会・数理基礎 など

授業ピックアップ

アート批評論

批評も一つの作品です。多様な要素が組み合わさって生まれたアート作品への理解を深め、書き手の個性を生かす批評を繰り広げます。

コンピュータ画像処理

CG(コンピュータ・グラフィックス)に関する基礎知識、ディジタル映像や画像等の制作に必要となる制作手法について学びます。

浄土教の歴史と文化

浄土宗の開祖法然を中心とした浄土教の革新性について、歴史と文化の両面から考えます。

テクノロジーと音楽

20世紀以降、電気や電子技術の発展により大きく変貌を遂げてきた楽器や、それらの楽器を使用した音楽表現について学びます。

映像文化論

映像文化の歴史を「写真」や「映画」を中心に概観することにより、映像の力が文化の形成にいかに関わっているのかを見ていきます。

異文化コミュニケーション(海外研修)

異文化が重層的に共存する海外の語学学校において、経験豊富な実務者からセミナー形式で指導を受け、実用英語表現を身につけます。


私の学びと将来の夢

3年 三森 郁さん|群馬県・前橋東高等学校出身

苦労したぶん、よろこびは深い
目指すのは、誰もが楽しめる作品づくり
この専攻の魅力は、実践に近い授業でクリエイターの苦労や喜びを体験できること。文化系の知識も取り入れられるので、柔軟な発想につながります。2年生になってから増えた実践の授業では、3DCGを使った飛行機のモデルや映画のワンシーンを作りました。パソコンの操作もおぼつかないうえに、先生の言っていることも全然理解できない、そんな初心者だった私でも、あきらめずにコツコツ努力すれば自分の作品を作れるという自信と達成感を得られたことが何よりの財産。これからしっかりと勉強をして経験を積み、将来は2Dや3DCGを使いこなせるクリエイターとして、誰もが楽しめる作品を創ることが目標です。

私の履修スケジュール(2年次)

● 前期
1限目 プロジェクト演習I
2限目 TOEIC I 情報システム論 ディジタルデザイン
応用演習
情報社会特講II 英語2
3限目 音楽文化論 総合情報演習
4限目 ドイツの言語と文化 映像・音楽の総合表現と人間
5限目 ディジタルサウンド演習I
● 後期
1限目 プロジェクト演習II 国際法
2限目 3DCG演習 空間構成演習I ディジタル映像表現 情報関連法
3限目 テキスト情報処理 メディア論 空間構成演習II アート・コミュニケーション論
4限目 アート批評論II 英語演習2
5限目 フランスの言語と文化

研究室一覧

取得できる資格

  • CGクリエイター検定※
  • MIDI検定※
  • Webデザイナー検定
  • マルチメディア検定※
  • 公務員※
  • シスコネットワーク技術者
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 基本情報技術者
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC※
  • ITパスポート※
※資格支援対策授業実施

就職先業種別割合

※過去5年間の実績

主な就職先

  • イオンディライト(株)
  • フクダ電子(株)
  • (株)DTS
  • (株)ちふれ化粧品
  • トランコム(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • (株)チノー
  • (株)ワンビシアーカイブズ
  • 日本発条(株)
  • カネコ種苗(株)
  • T&D情報システム(株)
  • 綜合警備保障(株)
  • 北海道旅客鉄道(株)
  • ウエルシア薬局(株)
  • 埼玉縣信用金庫 ほか