グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 人間社会学部 > 情報社会学科(メディア文化専攻)

情報社会学科(メディア文化専攻)


2年 熊谷 洋孝|岩手県・花北青雲高等学校出身

音楽、CG、WEBデザイン仲間たちとの出会いが僕を成長させる
CGに関心がある人。音楽が好きな人。興味を一つに絞り切れない人。この専攻には多種多様なタイプの学生が集まっています。大学生活は自分のやりたいことを見つける時間でもいいと思います。僕は卓球部の活動を通じて様々な人と出会い、学び、日々成長している実感はありますが、それとは別にWEBデザインの知識やスキルを身につけたくて、この専攻を選びました。専攻の仲間は音楽やCGなど、それぞれの興味のある分野を専門的に学びながら自然に周囲の仲間に刺激されて視野を広げています。これができることもこの専攻の最大の魅力。僕はこの専攻を選びましたが、今は何にでも挑戦していきたい。自分の可能性を狭めたくないんです。文武両道を目指し、ずっと続けてきた卓球部の活動にも打ち込んでいくつもり。ハイレベルな環境で活動できるので、さらに力が入ります。埼工大は、やりたいことにとことん打ち込める大学です。
  • 人間社会学部
  • 情報社会学科
Media Arts Culture Course
メディア文化専攻


学びの特長

「創造的表現力」で社会を豊かにする

メディア文化専攻では、情報産業で活躍できる人になるために、高度な創造的表現能力を身につけることを目指します。コンピュータをはじめとする情報機器を使いこなしながらCGやディジタル音楽などの各種コンテンツを自分の力で制作し、発信できる豊かな発想力と、クリエイティブな能力を兼ね備えた人材を養成します。

カリキュラム

Point1

情報化社会に対応できる
コミュニケーション能力を高める

コンテンツを制作するスキルだけでなく、音楽、CG、人文学など、あらゆる分野の文化的背景を学んで発想力を養います。自らの作品について自分の言葉で語ったり、他者の作品を批評・評価することによって、情報を受容・発信するコミュニケーションスキルも高めます。

Point2

コンテンツの制作に欠かせない
発想力を養う教育環境

情報機器を活用できる力を身につけることはもちろん、企業の広報や企画制作、ディジタルクリエイターなど、発想力を生かして実社会で活躍できることを目指します。少人数の教育環境を生かしたアットホームなコミュニティで学生・教員同士が刺激し合いながら成長できます。

1年次 2年次 3年次 4年次
教養 情報学概論・コンピュータ概論・英語
スポーツ文化論・心理学入門・仏教精神
コミュニケーション演習・教育と社会・宇宙の科学
脳と行動・科学と生活・数理基礎 など
演習 基礎演習 プロジェクト演習 情報社会一般演習 情報社会総合演習
(卒業研究)
思想・宗教 世界の宗教と歴史 現代社会と宗教
現代社会と倫理
仏教の歴史と思想
哲学の源流 -
歴史・社会 20世紀の世界史
政治学概論
地域学
日本史概論
西洋史概論
社会学概論
東洋史概論
20世紀の日本史
人文地理学
自然地理学
地誌学
-
言語・文化 文化人類学
ボランティアの研究
英語圏文化論
ドイツの言語と文化
フランスの言語と文化
アート・コミュニケーション論
メディア論
中国の言語と文化
国際関係論
ビジネス英語入門
英語記事・論文読解
-
CG・グラフィックス
講義
コンピュータ画像処理 ディジタル映像表現
映像文化論
映像と音楽の総合表現と人間
マルチメディア論
映像環境論
マーケティング論
-
CG・グラフィックス
演習
ディジタルデザイン基礎演習
Webデザイン基礎演習
平面構成演習 
3DCG演習
空間構成演習
Webデザイン応用演習 
情報メディア演習
映像制作演習
デザイン演習
-
音楽・音響講義 音楽音響学概論
テクノロジーと音楽
音楽とメディア 
映像と音楽
音楽文化論
マルチメディア論
ネットワーク管理
-
音楽・音響演習 音楽情報演習 ディジタルサウンド演習
音響環境論
サウンド・
プログラミング演習
-
共通 情報の分析と活用
情報と職業
ネットワーク社会論
プログラミング
情報セキュリティ
情報ネットワーク論
アート批評論
知的財産権法
データベース論
システム管理
-
キャリア科目 情報リテラシー
マルチメディア・リテラシー
ネットワーク・リテラシー
人生と職業
情報社会インターンシップ
総合情報演習
現代社会理解
キャリアと自立
働くことの科学と実践
総合教養演習
-

授業ピックアップ

ディジタルサウンド演習

コンピュータを用いて音楽制作をする上で必要となる知識を修得し、シーケンスソフトやシンセサイザー、音響機器を使用した音楽制作の実習を行います。

ディジタルデザイン基礎演習

2DCG映像や、Webアプリなどのディジタル・コンテンツ制作に必要なスキルを修得。グラフィックデザインやイラスト、スマホアプリのUIデザインなどを行います。

3DCG演習

CG映像制作用のソフトウェア(Maya)を使用して、高度な3DCG 映像やモデル制作実習を行います。作品の世界を創造する上で重要な表現や感性についても学びます。

現代社会と宗教

現代における宗教と戦争、マンガ・アニメに語られる生き方や思想など、宗教をめぐるトピックを取り上げて解説し、いま人々は何を求めているかを考えます。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • 音楽・音響メディア研究室

現代を生き抜く思考力と創造力を
コンピュータやシンセサイザーなどを用いた音楽・音響作品の創作や研究を行っています。こうした新しいメディアによる制作の醍醐味は、自分の内に秘めた世界観を思い通りに構築できることです。バンドはもちろん、オーケストラ曲の作曲や再現も容易です。作品は学生同士で聴き合い、講評し合います。感覚的な感想を述べるだけでなく、「なぜ、そのように感じたのか」といったように、論理的に考え、意見を交わし合うことで社会人として欠かせない思考力が育まれます。近年はAI(人工知能)が音楽を作曲する時代が到来しつつあります。万能に思えるAIですが、人間だけが持つ能力があるとも言われています。それは創造力です。研究活動を通じ学生の創造力も存分に引き出していきたいと考えています。

プログラミング技術によってコンピュータで音楽を生成するアルゴリズムコンポジションなど、多様なアプローチから音楽について考察することができます。

中川 善裕 教授

Profile
東京藝術大学作曲科卒、同大学院音楽研究科作曲専攻修了。音楽修士。これまで長谷川良夫賞、日本交響楽振興財団奨励賞を受賞。日本音楽コンクール作曲部門入選。東京藝術大学非常勤講師、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、2006年本学人間社会学部情報社会学科准教授として着任。2012年より現職。作曲家、サウンドアーティスト。

研究室一覧

取得可能な資格

  • CGクリエイター検定※
  • MIDI 検定※
  • Webデザイナー検定
  • マルチメディア検定※
  • 公務員※
  • シスコネットワーク技術者
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 基本情報技術者
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC※
  • ITパスポート※
※資格支援対策授業実施

主な就職先

  • (株)共同テレビジョン
  • (株)グラフィニカ
  • サーパス工業(株)
  • (株)セブンーイレブン・ジャパン
  • トランス・コスモス(株)
  • T&D情報システム(株)
  • イオンディライト(株)
  • (株)ビッグモーター
  • トランコム(株)
  • (株)ワンビシアーカイブズ
  • (株)グンエイ
  • (株)カイカ
  • 共同コンピュータ(株)
  • コンピュートロン(株)
  • (株)ユーコム
  • (株)群馬県食肉卸売市場
  • プラチナ万年筆(株)
  • さいたま農業協同組合
  • 防衛省陸上自衛隊 ほか