開催趣旨

埼玉工業大学先端科学研究所は平成15年度から若手研究フォーラムを開催しており、今回で15回目になります。平成20年度以降は、本学の工学研究科だけでなく人間社会研究科も含めた研究活動および関連する研究成果を発表しています。

本年度もこれまで同様に著名な研究者をお招きして基調講演を、また、学内の先生方には特別講演をお願いするとともに、一般講演発表を募集します。学内および学外の学生、大学院生、教員の皆様の参加を心よりお待ちしております。

学内の研究者、卒業研究生、大学院生が自身の研究内容についてまとまった形で講演する機会は、学内では比較的限られております。本フォーラムは学内での研究を相互に聴講・討議する良い機会でもあります。発表はされなくても、将来の研究室選びの際の参考とするために話を聞きたい、という学部生の皆様の聴講、質疑応答ももちろん歓迎いたします。

この若手研究フォーラムによって、大学院教育がさらに活性化し、また産学官共同研究が加速的に推進されることを期待しています。

実行委員長: 木下 基(工学部)

開催日

2017年7月22日(土)

場所

埼玉工業大学 (〒369-0293埼玉県深谷市普済寺1690)代表048-585-2521

30号館1階 3011教室(A会場)、 3012教室(B会場)、 3013教室(C会場)

ポスター発表:30号館1階ロビー、懇親会: カフェロータスを予定

講演者の方は30号館1階ロビー内 受付へお越しください

埼玉工業大学への交通情報

フォーラム参加費

無料

懇親会参加費

1名1000円。ただし、発表者(連名の発表者を含む)は懇親会ともに無料とします。

講演募集

a) 講演申し込み

申し込み期間: 2017年5月22日(月)〜6月9日(金) 17:00

申し込みは終了しました。

b) 要旨作成要領

送付〆切: 2017年6月16日(金) 17:00 必着

  • 募集要項のダウンロード: PDF形式 2017年版
  • 原稿はモノクロとします。カラー印刷を希望する場合、実費の負担をお願いします。
  • A4用紙(ヨコ210mm × タテ297mm)で作成し、一般講演の最大ページ数は図表を含めて2ページとします。ただし基調講演、特別講演にかぎり最大10ページまで可とします。写真製版でそのままのサイズで印刷されます。
  • 余白は上下30mm、左右25mmとします。
  • 原則としてタイトルは12ポイント、それ以降は10ポイントのフォントを使用して下さい。
  • 原稿は和文、英文いずれでも結構です。段組も執筆者にお任せします。
  • 要旨は、電子メールの添付ファイル(PDF形式のみ)でお送りください。(PDF形式への変換の際、フォントを埋め込み、Press qualityに設定してください。)
  • 送付先: 埼玉工業大学 若手研究フォーラム事務局 wforum_submit2017 at sit.ac.jp (at は @ に変えて下さい)
  • 原則差し替えは不可と致しますので、担当教員の確認を受けた後提出してください。
  • やむを得ず差し替えが必要になった場合は、最初のファイル番号の後ろに(差替)とつけたファイルを送付すると共に、実行委員長(mkinoshita@sit.ac.jp)にメールにて連絡をお願いします。
  • 要旨サンプル: 和文 english
  • ※先端研協力会会員企業のポスター展示には要旨は不要です。

c) 発表方法(口頭発表)

  • 口頭発表の講演は、一般講演は質疑応答、交代準備を含めて15分、基調講演は同45分、特別講演は同30分の予定です。
    各会場には、PCおよびPC用プロジェクターを用意してあります。

d) 発表方法(ポスター発表、協力会員のポスター展示含む)

  • 縦:80cm、横:120cmのボード(ボード最上部は床面から約180cm)を使用します。
    ポスター貼り付けに使用する画鋲ないしセロテープは主催者側で用意します。
  • お手数ですがポスターは9:30までには貼り付けを終了し、16時に撤去をお願いいたします。

講演プログラム(一般講演は 6/12 以降掲載予定)

  • 基調講演 (11:10~11:55/B会場/3012教室)
    埼玉工業大学における炭素繊維電極の研究開発 ──製品化の歴史と展望──
    埼玉工業大学 ものづくり研究センター
    浜本 修 特任教授

  • 基調講演 (15:00~15:45/A会場/3011教室)
    自動車開発に貢献するCAD/CAM/CAE/CG ―─車の衝突性能開発から自動運転まで──
    明治大学研究知財戦略機構・先端数理科学インスティテュート副所長
    萩原 一郎 特任教授

  • 特別講演 (10:35~11:05/B会場/3012教室)
    ものづくりを科学する生産プロセスの研究 ~レーザ溶接プロセスの状態監視技術の開発を例として~
    埼玉工業大学 工学部 機械工学科
    河田 直樹 准教授
  • 特別講演 (13:00〜13:30/A会場/3011教室)
    自律分散システムの可能性とその難しさ ~魚群行動,ネットワーク制御からドローン,自動運転,宇宙探査に向けて~
    埼玉工業大学 工学部 情報システム学科
    服部 聖彦 准教授
  • 特別講演 (13:35~14:05/A会場/3011教室)
    低温電気化学的反応技術による機能性薄膜の創成
    埼玉工業大学 工学部 情報システム学科
    石崎 博基 准教授

  • タイムテーブル(6/12以降up予定)
  • 口頭発表一覧(6/12以降up予定)
  • ポスター発表一覧(6/12以降up予定)

埼玉工業大学 若手フォーラム実行委員会、事務局

  • 木下基(生命環境化学科)実行委員長
  • 丹羽修(先端科学研究所)
  • 上月陽一(機械工学科)
  • 本郷照久(生命環境化学科)
  • 鯨井政祐(情報システム学科)
  • 森沢幸博(情報社会学科)
  • 藤巻るり(心理学科)
  • 笠原、嶋田(先端研事務局)

共催:埼玉工業大学大学院

お問い合わせなどについては、若手フォーラム事務局(wforum2017 at sit.ac.jp)までお願い致します(at を @ に変えて下さい)(※このアドレスは要旨原稿の送付先ではありません)