グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > キャリア支援・就職・進学 > 就職サポート体制

就職サポート体制


働くことは夢の実現への第一歩
あなたの就職を、全力でサポートします
本学では、就職支援体制を整え、就職活動時に必要な求人情報提供をはじめ、キャリアカウンセラー、就職アドバイザー、ジョブサポーターの個別就職相談等、一人ひとりの学生に合ったきめ細かい支援を心掛け、皆さんを全力でバックアップします。

就職に結び付くキャリアアップサポート

1年次は大学生基礎力レポートを通じ、自分の適性を知り、自分の夢や希望を明確にします。就職ガイダンスや個人面談などにより、将来の設計図を描きます。2、3年次はインターンシップ参加、3年次は就職試験対策講座、面接突破研修などの実践的なプログラムを段階的に実施。一人ひとりの希望実現に向けて、充実した就職支援を行っています。

就職への全力バックアップ

サポート1. 1年次からはじまる早期のキャリア支援

自分自身が満足できる進路を見つけるためには、早い段階から大きな目標を描くことが大切です。1年次の大学生基礎力レポートの結果を踏まえて、キャリアカウンセラーの面談を実施(希望制)。カウンセリングを通じて、将来への希望を明確にすることで就職意識も高まります。

サポート2. 四者のスクラムによる強力バックアップ体制

埼玉工業大学ではキャリア支援センター、就職課、就職委員会、卒業研究指導教員の四機関が連携を取りながら、学生一人ひとりの就職支援にあたります。学生の希望だけでなく、企業の要望も踏まえることで、学生と企業双方のニーズを満たすマッチングを実現します。

サポート3. 12,000社の求人情報を検索

大学に寄せられる求人情報は、約12,000社にものぼります。これらの求人情報は、求人検索システムによりいつでもすぐに閲覧可能。業種別・職種別・地域別など、様々な要素から抽出することもできるので、自分の希望に合った企業探しをスムーズに行うことができます。


「大満足!・内容重視」の就職指導。

納得する就職先が決まるまで、徹底した個別対応を重視!そして就職に結びつくサポート体制の充実を図っています。学生の能力を引き伸ばす、またフォローする“内容重視”した就職指導は“大満足!”へつながります。就職に「やる気!」がある学生が増え、景気動向に関わらず、大手優良企業へ就職する学生は、着実に増えています。

1. 就職の強さの要因は“個別徹底サポート”

学生の就職活動では、“大企業で働きたい”、“地元企業で働きたい”など様々な要望が出てきます。埼玉工業大学では、学生が納得する就職先が決まるまで、徹底した「個別対応」をしていきます。「就職先紹介」、「内定フォロー」など、最終的には、ほぼ全員の学生と話し合い、本当にその学生に合う就職先か確認し、アドバイスしていきます。

2.地元就職に強い!Uターン就職も個別徹底サポート

埼玉工業大学には、大手企業はもちろん、地元優良企業からも多数の求人情報が寄せられています。特に埼玉、群馬、東京を中心とする関東地域では地元ということもあり、求人数に自信を持っております。またUターン就職についても、学生個別に徹底サポートし、多くの学生が希望をかなえています。

3.希望企業があれば大学へ相談

埼玉工業大学の就職課では、企業を紹介するのはもちろん、希望企業があれば就職課に相談してください。大学から企業へ問い合わせ、内定までスムーズに就職活動が進むよう指導していきます。専門スタッフの的確なアドバイスにより、あらゆる疑問が早急に解決できます。また模擬面接など、その場で対応し指導します。

4.合同企業説明会

キャンパス内で定期的に開催している大学主催の企業説明会や企業セミナー。集まる企業は年間を通して約650社にもおよびます。なかでも3年次の3月に開催される合同企業説明会には、1日の開催で大手優良企業約50社が参加。埼玉工業大学の学生への採用意欲の高い企業が多く集まっていることもあり、毎年ここでの学生と企業の出会いが実際の採用につながる例も数多くあります。

5.就職ガイダンス

就職活動はどんな学生にとってもはじめての経験となるもの。そんな就職活動を進めるうえで必要となる心構えから、実際の進め方、また学内で行われる就職支援イベントなどの案内を行うのが就職ガイダンスです。3年次の4月から開催し、“就職すること”についての大まかなイメージを描くとともに、就職活動の概要を理解することからスタートします。

6.企業研究セミナー

3年次の2月からスタートするのが企業研究セミナーです。これは各業界における近年の動向や将来性、また実際の業務内容について企業の担当者から直接話を聞ける、というもの。就職活動前に、大まかに志望業界を絞り込んでおくことは、非常に重要なことです。目指す業界が見つからないなど悩んでいる学生にとって、業界選びの大きな指針となるセミナーです。

7.1・2年生キャリア教育

大学入学直後に実施する大学生基礎力レポートにより“自分はどんな進路が適しているか”を検査します。その後「専門キャリアアドバイザー」により、検査結果をもとに自分自身を分析し、将来設計を描くためのキャリア形成講座を行い指導をしていきます。将来の就職試験に対応できる基礎を学ぶ「筆記試験対策講座」、公務員希望の学生向けに「公務員試験講座」が始まります。

8.3年生就職支援講座

3年次に、就職活動の意識づけから、企業の採用試験に必要な実践的教育を行います。エントリーシート対策から採用筆記試験対策、面接対策研修など、就職に関するすべての項目をバックアップする埼玉工業大学独自の就職支援プログラムです。例えば、「履歴書の書き方」など基本から学びますので、就職活動自体が分からない学生も、不安を1つ1つ取り除くことにより、内定へ直結します。