Dong-Ying JU LABORATORY

埼玉工業大学 知能生産加工システム研究室

 

 本研究室は、安全安心の循環型社会を構築するために材料創製、自動車や機械の生産技術に関わる環境にやさしい省エネルギー技術の研究開発を行っています。今まで、熱処理シミュレーションコードの開発(2006年度、2007年度国際IMS論文賞受賞)、ナノ磁性微粒子の開発、セラミックス・金属の異種材接合技術の開発、マグネシウム合金薄板連続鋳造システムの開発、伝熱・流れ現象の可視化技術の開発、溶接検査ロボットの遠隔制御・遠隔監視システムの開発など多面な研究テーマを実施し、人材育成と社会貢献を目指す研究活動を行っています。

教員プロフィール

氏   名
巨 東英(Dong-Ying JU)
所   属
工学部情報システム学科
先端科学研究所(所長)
役   職
教授/副学長
専門分野
材料加工 機能材料、メカトロニックス
担当科目
材料科学概論、制御工学、知能ロボット など

主な研究テーマ

  • 材料加工シミュレーション
  • 機能材料の創製
  • 非侵襲・可視化技術
  • 知能ロボットの遠隔制御・遠隔監視

リンク


財団法人JKAホームページ


KEIRIN.JP

平成25年度JKA非接触トルクスイッチ補助事業

補助事業概要の広報資料(PDF)

Saitama Institute of Technology Dong-Ying JU Laboratory