環境物質化学研究室 (本郷研究室)

研究内容


主な研究テーマ
   環境浄化: 新規環境浄化材料の創製
   リサイクル: 廃棄物の再資源化・再利用
   再生可能エネルギー: 未利用バイオマスを利用した高効率バイオエタノール生産法の開発
   温暖化対策: 二酸化炭素貯留技術の開発

研究のキーワード
 当研究室では「環境」問題を解決するために、5つのキーワード「リサイクル」、「水質浄化」、「VOC除去」、「温暖化対策」、「再生可能エネルギー」を掲げ、これらに関する研究活動を行っています。
 それぞれのキーワードに関する研究を個別に行うのではなく、相互に関連する形で研究を進めています。
 例えば、廃棄物からエネルギーを得る、または、廃棄物から環境浄化材料を合成するプロセスを開発するといった研究を行っています。

 近年では、農業廃棄物からのバイオエタノール生産技術、二酸化炭素の回収・貯留技術、排ガス・排水の安価で効果的な浄化技術の開発に力を入れています。また、廃棄物をゴミとして処分するのではなく、未利用の資源として活用する新規リサイクルシステムの開発も行っています。