本文へジャンプ






    Twitterボタン
埼玉工業大学
〒369-0293
 埼玉県深谷市普済寺1690
 TEL: 048-585-2521(代表)
 FAX: 048-585-2523(代表)


Since July 27th, 2009

ENGLISH   



埼玉工業大学 長谷研究室(マイクロ・ナノ工学研究室)のホームページです.
Welcome to Alan HASE's laboratory.
Chance favors the prepared mind.



                                      過去の記事>>


  • 埼北よみうり新聞に「★謎解きサイエンスクエスト★ゴムコプターをつくって謎キングを倒せ!!!」(日本機械学会関東支部埼玉ブロック主催)の記事が掲載されました(Sep. 12th, 2014)

  • 当研究室B4の大城君が日本機械学会機素潤滑設計部門 卒業研究コンテスト優秀賞を受賞(Sep. 8th, 2014)
 

  • 日本機械学会2014年度年次大会(東京電機大学)で研究成果を発表(Sep. 8th, 2014)
 
当研究室学部生の大城君が「AE計測による自動車用ブレーキ材料のトライボロジー特性評価」について発表しました.また,共同研究先の千葉大学大学院修士1年の竹村君が「AEによる摩耗形態変遷の検出・追跡」について発表しました.質疑応答で思わず助け舟を出してしまいましたが,とてもいい経験になったようです.

  • 日本機械学会年次大会 特別企画 東京ディズニーリゾート保守管理エリア視察に参加(Sep. 7th, 2014)
 

  • 41st Leeds-Lyon Simposium on Tribologyにて,“SEM Observation Study for Recognition of Wear Mechanism Using AE Technique”について口頭発表しました(Sep. 2nd-5th, 2014)
 

イギリスリーズで開催された第41回リーズ・リヨントライボロジーシンポジウムに参加し,口頭発表を行いました.このシンポジウムは初めて海外での国際会議に参加した思い入れのある会議の一つです.6年ぶりにリーズに訪れ,今回もヨーロッパだけでなく様々な国の専門分野を同じにする研究者の方々と有意義な時間を過ごすことができました.小職の講演発表後に様々な質問をいただき,参考になる意見もいただくことができました.来年東京で開催するITC2015の宣伝も行ってきたので,来年東京で再会できるのを楽しみにしています.

  • 機械の日イベント 公開講座「工学・科学技術と親しむ会」第12回“★謎解きサイエンスクエスト★ゴムコプターをつくって謎キングを倒せ!!!”を実施(Aug. 23rd, 2014)
 
 
最初に謎解きサイエンスクエストの概要について説明し,配布した謎解きを各自で回答してもらい,ゴムコプターの部品を集めてもらいました.その後,チームごとにゴムコプターの製作・調整を行い,最終目的の謎キングを全員で力を合わせて倒してもらいました.RPGの世界観に入ってもらうことができ,頭を使って楽しみながら,ものづくりを進めてもらうことができました.多くの方々に参加いただきありがとうございました.

  • ひらめき☆ときめきサイエンスプログラム「摩擦の科学×謎解き―君は地球を救うことができるか?!―」を大宮ソニック市民ホールにて開催(Aug. 17th, 2014)
 
日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンスの取り組みとして,中高生対象に「摩擦の科学×謎解き―君は地球を救うことができるか?!―」を実施させていただきました.今回は,5チーム中,2チームが最終問題に正解しました.今回もまた中高生の参加者の皆様に楽しみながらトライボロジーについて理解してもらえたようで良かったです.参加いただき,どうもありがとうございました.

  • 埼玉新聞に「摩擦の科学×謎解き―君は地球を救うことができるか?!―」(埼玉工業大学開催)の記事が掲載されました(Aug. 7th, 2014)

  • ひらめき☆ときめきサイエンスプログラム「摩擦の科学×謎解き―君は地球を救うことができるか?!―」を埼玉工業大学にて開催(Aug. 3rd, 2014)
 
日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンスの取り組みとして,中高生対象に「摩擦の科学×謎解き―君は地球を救うことができるか?!―」を実施させていただきました.様々な謎解きイベントがありますが,謎解きを通じて科学・工学を体験学習できるイベントは,当研究室発信と考えています.制限時間を10分ほどオーバー気味になりましたが,4チーム中,2チームが最終問題に正解しました.中高生の参加者の皆様にトライボロジーについて理解してもらい,とても楽しんで帰ってもらえたみたいで良かったです.次回は,大宮ソニック市民ホールにて実施します.参加いただき,どうもありがとうございました.

  • 2014年度第1回摩耗研究会を九州大学伊都キャンパスにて開催(Jul. 15th, 2014)
 
今回は,摩耗過程における重要な問題である「焼け付き」をテーマとして,焼け付き研究に関する3件の話題提供をいただきました.摩耗の素過程や移着過程について,とても活発な討論が繰り広げられ,大変有意義な研究会となりました.ご参加いただき,どうもありがとうございました.

  • 埼玉工業大学第12回若手研究フォーラムにて当研究室研究成果13件の発表を行いました(Jul. 12th, 2014)
  
小職が「AE技術を用いた超小型超精密工作機械の知能化に関する基礎研究(第2報)―加工面状態認識のための端面切削時のAE信号の特徴―」について口頭発表を行いました.また,B4メンバー全員が各自の研究についてポスター発表を行いました.

  • 東京農工大学で開催された精密工学会 切削加工専門委員会にて,「AE法によるトライボロジー現象の診断評価―摩擦・摩耗の基礎研究から加工状態監視まで―」について講演(Jul. 1st, 2014)

  • 公開講座「日本のものづくり技術を支える技能五輪」を実施(Jun. 21st, 2014)
 
本学で開催された公開講座の工学・ものづくり講座として,小職が競技委員を務める精密機器組立て職種の話を中心に,技能五輪全国大会や国際大会などについて解説しました.また,競技課題の実物を手に取って見ていただきました.講演後に,「とても面白かったです」や「球蹴りよりも大事だ」などなど嬉しい感想をいただきました.たくさんの方にお越しいただき,どうもありがとうございました.

  • 産業技術総合研究所臨海副都心センターで開催された第35回マイクロ生産機械システム専門委員会に出席(Jun. 11th, 2014)

  • 群馬県立藤岡工業高校の進路フェスタにて,「ものづくり技術を知ろう―工作機械と金属加工,技能オリンピック―」の出前授業を実施(May 24th, 2014)

  • トライボロジー会議 2014春 東京の「トライボロジーを支える可視化技術」シンポジウムにて,「摩耗の可視化技術―その場観察による研究事例とその動向―」について基調講演させていただきました(May 20th, 2014)

  • モロッコで開催された国際会議ACT 2014 にて,“Identification of Tribological Phenomena under Electric Current Using AE Technique”について口頭発表しました(Apr. 27th-30th, 2014)
 
モロッコ マラケシュで開催された国際会議The 1st African Conference in Tribologyにて科研費による研究成果“Identification of Tribological Phenomena under Electric Current Using AE Technique”について発表しました.アフリカおよびヨーロッパの多くの研究者の方々と情報交換ができ,今後の共同研究等のきっかけとなれば嬉しいです.

  • 信州松代ロイヤルホテルで開催された第14回 日本機械学会 機素潤滑設計部門講演会にて「In-situ観察・AE計測法を用いた鋳鉄の摩擦・摩耗メカニズムの可視化に関する研究」口頭発表を行いました(Apr. 21st-22nd, 2014)
 

  • 研究成果「アコースティックエミッション技術を利用したトライボロジー現象の診断・評価に関する研究」が日本機械学会奨励賞(研究)を受賞(Apr. 18th, 2014)
 
 
この度は日本機械学会 奨励賞(研究)をいただき,大変光栄に存じます.当該研究テーマは,卒業研究時代から11年間取り組んでいる研究であり,少しずつではありますが様々な企業様との共同研究などにも発展し,実用化への階段を着実に上り始めている段階です.今回のこの栄誉ある賞を励みにさらに今後の研究活動に邁進したく思っております.学生時代よりご指導いただいております職業能力開発総合大学校 和田正毅 教授,千葉大学 三科博司 教授に,この場をお借りして厚く御礼申し上げます.また,常日頃よりサポートいただきました周囲の方々に感謝の意を表します.

【学会賞受賞概要】
機械摺動部で起こる摩擦・摩耗現象は複雑であると同時にエネルギー損失や材料損失をもたらす.本研究では,材料自身が発する弾性波を計測評価するアコースティックエミッション(AE)技術を利用して摩擦・摩耗現象との相関関係を実験調査し,インプロセス計測評価の実現を目指した.摩擦界面をその場観察しながらAE計測を行い摩擦・摩耗の素過程で生じるAE源を明らかにしたり,意図的に摩耗形態を変化させてAE信号周波数の特徴を調査するなど巨視的現象から微視的現象に至る摩擦・摩耗実験を体系的に行い,今まで困難とされてきた摩耗量のインプロセス計測や摩耗形態の診断・評価に関するトライボロジー現象とAE信号の対応関係を明らかにした.


  • 小職が精密工学会誌編集委員会にて特集企画を担当しました特集号(80巻4号)「日本のものづくり技術を支える技能五輪」が発刊されました(Apr. 5th, 2014)

本特集をきっかけとして,一人でも多くの読者の方々に技能五輪全国大会の存在を知っていただき,興味関心を持っていただければ幸いです.また,技能五輪全国大会の競技会場では様々な分野の競技が同時開催されており,その雰囲気や熱気には圧倒されることでしょう.ぜひ一度,技能五輪の大会会場に足を運んでいただき,日本のものづくり技術を支える華麗な技の数々,そこに掛ける選手達の思いや気迫を間近に感じてみてはいかがでしょうか.

  • 「工学部って面白い!」が埼玉工業大学出版会より発行(Apr. 1st, 2014)

小職も分担で執筆しました書籍「工学部って面白い!」が埼玉工業大学出版会より発行されました.小職も「ものづくり技術を知る~工作機械と技能オリンピック~」について執筆しました.本書を通じて工学に興味をもっていただければ幸いです.


                                     過去の記事>>


Last update: September 13th, 2014


◆◇諸連絡◇◆
  • 9月16-18日:精密工学会秋季大会にて講演
  • 10月5-8日:SAE Brake Colloquium & Exhibition-32nd Annualに参加
  • 10月30日-11月4日:国際工作機械技術者会議(IMEC)ポスターセッションで展示・発表
  • 11月5-8日:トライボロジー会議 2014秋 盛岡にて講演
  • 11月28-12月1日:第52回技能五輪全国大会







           Copyright © 2009-2014 SIT Hase Laboratory. All Rights Reserved.