本文へジャンプ






    Twitterボタン

埼玉工業大学
〒369-0293
 埼玉県深谷市普済寺1690
 TEL: 048-585-2521(代表)
 FAX: 048-585-2523(代表)


Since July 27th, 2009

ENGLISH   


埼玉工業大学 長谷研究室(マイクロ・ナノ工学研究室)のホームページです.
Welcome to Alan HASE's laboratory.
Chance favors the prepared mind.



                                       過去の記事>>


  • 深谷市産業祭×謎解き 第3弾「ふっかちゃんを探せ!~ふっかちゃんの秘密の部屋でペーパークラフトをつくろう~」を実施します(Nov. 5th-6th, 2016)
 
産業祭に来てくれたみんなと一緒に遊ぼうと,何やら準備していたふっかちゃん…しかし,今日は朝から見当たりません.どこにいったのかな…
あれ?ふっかちゃんから連絡が!?「準備をしていたら建物から出られなくなっちゃった…Y(o0ω0o)Y」どうやらふっかちゃんは準備に夢中で,警備員さんに建物の鍵をかけられてしまった様子.
送られてきた情報をもとに鍵を見つけて,ふっかちゃんに会いに行ってみよう!みんなで一緒に作れる工作を用意しているみたいだよ☆

主催:深谷商工会議所青年部 産学連携委員会 & HASE Lab. Idea Pocket(埼玉工業大学 長谷研究室),後援:深谷市教育委員会

 
 
科学・工学×謎解き体験学習イベント第3弾が終了しました.メカニズム博士の大発明を完成させるために,皆でクランク式エネルギー発生装置を作りました.参加者是認が無事に装置を作動させることができました.今回,1人だけ博士の救出に成功しました!次回12月の謎解き体験学習イベントも多くの皆様にご参加いただければ幸いでございます.

  • 長谷研究室の研究中間発表会を実施(Sep. 15th, 2016)
 

  • 日本機械学会2016年度年次大会(九州大学)で研究成果を発表(Sep. 12th-14th, 2014)
 
当研究室社会人Dの古賀先生が「アコースティックエミッション技術を用いた機上計測システムにおける工具アプローチ方法の検討」について発表しました.また,M1の大御堂君が「In situ観察・AE 計測による金属移着膜の形成プロセスの認識」について発表しました(左写真).研究成果「アコースティックエミッション技術を用いた切削工具刃先位置の認識に関する研究」についても発表しました(右写真)

  • 43rd Leeds-Lyon Simposium on Tribologyにて,“Acoustic Emission Signals Detected in Tribological Phenomena on SPM”について口頭発表しました(Sep. 6th-9th, 2016)
 

 
イギリス ロンドンにあるThe Francis Crick Institute Lincoln's Inn Fields Laboratoriesを訪問し,Dr. Katoに案内いただきました.今年完成した新しい建屋に移転するようで,大型の分析機器などは移動されていましたが,ラボの雰囲気を味わうことができました.また,将来的に共同研究ができるかどうか,色々と議論させていただきました.いつかコラボレーションすることを目指し,新たな研究にも着手していきたいです.貴重なお時間をいただき,ありがとうございました.

  • 栃木県立宇都宮工業高校で「世界に誇れる先端技術」について講演(Aug. 31st, 2016)
 
宇都宮工業高校にて,「世界に誇れる先端技術~日本のものづくりを支える技能五輪と生産技術~」について講演させていただきました.久しぶりに300名を超える大勢の学生さん達の前で話をさせていただきました.これを機に,機械やものづくりに興味を持ってもらえると嬉しいです.

  • 長野県立坂城高校の第56回葛尾祭にて,「トライボロジーを体験してみよう!」のブースを出展(Aug. 28th, 2016)
 

  • 東京ビックサイトで開催されたイノベーション・ジャパン2016にて,「トライボロジー現象可視化装置~見えない摩擦面を見る~」について展示(Aug. 25th-26th, 2016)
 
   
今回,トライボロジー研究の看板を掲げてイノベーション・ジャパンに初出展させていただきました.2日目にはショートプレゼンにも参加させていただきました.2日間で多くの方にブースにお越しいただき,企業様の抱える問題やニーズをお聞きすることができました.これを機に,当研究室の産学連携をさらに促進できればと考えております.

  • 国際会議EASE2016にて,「Introduction of "Problem-solving Game Activities" into Science Education」について口頭発表しました.(Aug. 26th, 2016)
 

  • 機械工学科サマースクール「ものづくり機械の体験学習(第2回)」を実施(Aug. 24th, 2016)

  • 埼玉縣信用金庫熊谷本部にて,謎解きエンジニアリングラボ「羽ばたき飛行機を作ってシークレットボックスを届けろ!」を開催(Aug. 19th, 2016)
 
  
さいしん夏休みキッズスクールとして,謎解きエンジニアリングラボ第2弾となる「羽ばたき飛行機を作ってシークレットボックスを届けろ!」を開催させていただきました.埼玉懸信用金庫の職員さん達の助けも借りながら,メカニズム式羽ばたき飛行機の製作を行い,無事にミッションを成功させることができました.みんなストーリーに入り込んで,ものづくり体験を楽しんでいました.

 
  
科学・工学×謎解き体験学習イベント第2弾が終了しました.武器職人達と一緒に製作したゴムコプターで謎キングと最終対決するクライマックスは,毎年とても盛り上がります.保護者の方から,「楽しい時間をありがとうございました」や「将来,理系の道に進み,長谷先生の研究室を目指す日が来るかもしれません」など嬉しい感想をたくさんいただきました.また次回9月のプログラムも多くの皆様にご参加いただければ幸いです.

  • サイエンススクエア2016にて「摩擦の科学×謎解き―ピラミッドの危機!?古代エジプト王からのSOS!!―」を開催(Aug. 5-7th, 2016)
 
 
国立科学博物館で開催されたサイエンススクエア2016にて,“摩擦の科学(トライボロジー)”をテーマに,謎解き体験学習イベントを企画・出展しました.今回は小学13年生~高校生を対象に,摩擦の実験から謎解きまでとても濃い内容でした.3日間で150名以上の子ども達に参加してもらいました.今回の体験を通じて,トライボロジーという言葉・意味を少しでも知ってもらい,科学技術に興味を持ってもらえれば嬉しい限りです.

  • 機械工学科サマースクール「ものづくり機械の体験学習(第1回)」を実施(Aug. 4th, 2016)

  • 機械の日イベント 公開講座「工学・科学技術と親しむ会」第14回“★謎解きサイエンスアカデミー★テレスコープを作ってまぼろしの星をさがしだせ!!!”を実施(Jul. 23rd, 2016)
 
 
今回も新しい題材でストーリーを考え,教材製作の難易度や教材自体の精度に不安がありましたが,全員無事に最終目標を達成することができました.終了後の子ども向けアンケートでは「ものづくりがすごく楽しかった」,「また参加したい」との回答が多数あり,とても好評でした.また,保護者向けアンケートでは「周りの子ども達も含め,楽しそうに参加していたのが印象的でした.子どもの興味を引く内容で大変良かったです」との感想をいただき,大きな達成感を得ることができました.多くの方々に参加いただきありがとうございました.

  • サイクルスポーツ9月号「異音よ,さらば」の特集に取材協力しました(Jul. 20th, 2016)
 
サイクルスポーツ2016年9月号(八洲出版,7月20日発行)の特集「異音よ,さらば」にて,「異音の発生メカニズム」について,「摩擦&摩耗」と「変形&亀裂」の観点から解説協力させていただきました(pp.78-81).摩擦・摩耗の話だけでなく,アコースティックエミッションの話も取り上げていただきました.サイクリストの皆様が悩まされている異音の原因を知っていただき,解消に繋げていただければ嬉しく思います.

 
“謎解き”(様々なクイズやパズルを解きながら与えられた最終目的を達成する体験型イベント)を科学・工学教育に取り入れた独自の「科学・工学×謎解き体験学習イベント」の2016年度第1弾が終了しました.悩みながらも謎が解けたときの明るい笑顔や各自で製作した顕微鏡を使って観察できたときの嬉しそうな子ども達の様子が見られ,今回もイベントを成功させることができたと感じました.アンケートの意見を参考にしながら,今後も楽しく学べるイベントを企画していきたいと思います.また次回のイベントにも,多くの皆様にご参加いただければ幸いでございます.

  • 埼玉工業大学第14回若手研究フォーラムにて当研究室研究成果18件の発表を行いました(Jul. 16th, 2016)
  
  
  
小職が「SPM上の金属間マイクロトライボロジー現象のAE信号による認識」について口頭発表を行いました.社会人Dの古賀先生が「アコースティックエミッション法による工具摩耗のモ ニタリング」,M2の高君が「小型NC旋盤における切削点の直接観察とAE計測」,M1の大御堂君が「金属移着膜の形成過程のインプロセス認識」,B4の細田君が「分子動力学シミュレーションを用いた凝着摩耗メカ ニズム研究」について口頭発表しました.また,B4メンバー全員が各自の研究についてポスター発表を行いました.

  • 公開講座「見て体験して学ぶ!摩擦の科学」をj実施(Jun. 25th, 2016)
 
本学で開催された公開講座の科学実験体験口座座 トライボロジーワークショップ in 埼玉工業大学「見て体験して学ぶ!摩擦の科学」として,摩擦の不思議を体感できる4つの実験を用意し,楽しく摩擦について体験学習していただきました.60名近くの方に受講いただき,「とても面白かった」や「解りやすかった」など好評でした.お子様から大人まで楽しんでいただけたようで,とても良かったです.お越しいただき,どうもありがとうございました.

  • イタリア ミラノで開催されたEuroBrake2016にて共同研究成果を発表(Jun. 13th-15th, 2016)
 
 
㈱アドヴィックスとの共同研究成果として,「Evaluation of Frictional Properties for Brake Pads Using High-speed In Situ Observation and Acoustic Emission Measurement Method」について講演発表を行いました.多くの方々に好評いただきました.質疑応答において,今後の参考になる意見をたくさんいただけたので,実験・検討して次回以降に発表できればと思います.

  • 平成28年度 非破壊検査総合シンポジウムにて「動機械診断のための基礎」について講演を行いました(Jun. 7th, 2016)

  • 国際会議ITC Tokyo 2015 Excellent Paper Awardを受賞(May 24th, 2016)
 

ITC 2015 Excellent Paper Awardは,20159 16日~20日に開催されたトライボロジー国際会議(ITC2015)のトライボロジーオンライン論文特集号において,厳正なレビューおよび審査を経て与えられる賞で,今回80件以上の投稿論文の中から,千葉大学の三科先生と共著で投稿した「Study on Elementary Process of Adhesive Wear Using Scanning Probe Microscopy」が選ばれました.524日に開催されたトライボロジー会議 2016春 東京の国際フォーラムにて受賞講演を行い,同日の懇親会にて授賞式が行われました.

【受賞論文】
A. Hase, H. Mishina: "Study on Elementary Process of Adhesive Wear Using Scanning Probe Microscopy", Tribology Online, Vol.11, No.2, pp.114-120 (2016)


  • 国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されたトライボロジー会議 2016春 東京にて口頭発表を行いました(May 23rd-25th, 2016)
 
23日の学術(分析・評価・試験1)のセッションにて,「金属間の摩擦で生じるAE信号のSPMその場計測の試み」について発表しました(左写真).また,千葉大学との共同研究成果「AE法を用いたジャーナル軸受のトライボロジー現象変化の検出」について,修士の小暮君が発表しました.会場から多くの質問・コメントをいただきありがとうございました.今期も実行委員会の委員として,ポスターやパンフレットデザイン作成などを担当させていただきました.今後もトライボロジー会議が益々発展していくことを心より願っております.

  • 福井芦原で開催された第16回 日本機械学会 機素潤滑設計部門講演会にて「高速in situ観察・AE計測法を用いたブレーキパッド材料のトライボロジー現象の可視化」口頭発表を行いました(Apr. 19th, 2016)

  • 奈良で開催された7th Advanced Forum on Tribologyにて「Fundamental Study on Adhesive Wear Mechanism: Observation and Analysis of Wear Elements and Transfer Particles by SPM」について講演発表(Apr. 9th-11th, 2016)
 

  • 「新・工学部って面白い!」が埼玉工業大学出版会より発行(Apr. 1st, 2016)

    書籍「新・工学部って面白い!」が埼玉工業大学出版会より発行されました.「ものづくり技術を知る~工作機械と技能オリンピック~」について執筆しました.本書を通じて工学やものづくりに興味をもっていただければ幸いです.


                                       過去の記事>>

Last update: September 24th, 2016


◆◇今後の予定◇◆
  • 10月6-7日:おおた研究・開発フェアに出展予定
  • 10月19日:自技会 産学ポスターセッションに出展予定
  • 10月12-14日:トライボロジー会議2016秋で口頭発表
  • 10月21-24日:第54回技能五輪全国大会
  • 11月:トライボロジー国際技術交流会の講師担当
  • 11月:IMEC2016でポスター展示予定
  • 12月18日:子供向けイベント開催予定(大宮)
  • 1月9日:子供向けイベント開催予定(大宮)
  • 2月4日:子供向けイベント開催予定(大宮)







           Copyright © 2009-2016 SIT Hase Laboratory. All Rights Reserved.