本文へジャンプ









埼玉工業大学
〒369-0293
 埼玉県深谷市普済寺1690
 TEL: 048-585-2521(代表)
 FAX: 048-585-2523(代表)
ENGLISH  中文 



【Theme I】
 アコースティックエミッション(AE)技術を用いた摩擦・摩耗現象の認識と評価に関する研究
 トライボロジー現象下で計測されるAE信号と摩擦界面における現象との相互関係を調査し,AE技術を用いたトライボロジー特性(摩耗量や表面損傷など)の定量的評価法の確立を目指す.


【Theme II】
 AE法による加工状態監視に関する研究
 機械加工時に計測されるAE信号と加工状態の関係を調査し,AE法による加工状態モニタリング(工具寿命評価を含む)の実用化を図る.


【Theme III】
 凝着摩耗メカニズムの解明
 摩耗粒子のもっとも素となる粒子(摩耗素子)の生成から摩耗粒子の形成過程まで,微視的および巨視的スケールの実験調査を行い,摩耗理論の確立を目指す.


【Theme IV】
 摩擦磁化機構の解明
 強磁性体材料の摩擦により生じる摩擦表面の自発磁化(摩擦磁化)機構の究明を行う.


【Theme V】
 実機における摩擦・摩耗現象の診断・評価
 様々な摩擦条件・環境下で稼働する実機のトライボロジー特性評価(摩耗機構・摩耗形態診断,摩耗粒子形態診断,寿命予測など)を行う.


【Theme VI】
 教育への謎解き活動の導入・活用
 謎解き活動を積極的に科学・工学教育に取り入れ,様々な教育イベントを実施するとともに,その効果について検討する.


キーワーズ:アコースティックエミッション(AE),弾性波,トライボロジー,すべり摩擦,転がり軸受,摩耗,移着,摩耗素子,摩耗粒子,摩耗粉,マイクロ・ナノアドヒージョン,機械加工,切削,研削,マイクロ工作機械,モニタリング,メンテナンス,工具寿命,摩擦磁化,原子間力顕微鏡,磁気力顕微鏡,摩擦面顕微鏡,In-situ観察,可視化,分子動力学(MD)シミュレーション,金属,ガラス,ゴム,樹脂,DLC,ブレーキ,エレベータ,異音,IoT,学生フォーミュラ,科学・工学×謎解き,科学教育,工学教育,理科教育,アクティブラーニング

Key Words
: Acoustic Emission, Elastic Wave, Tribology, Sliding Friction, Rolling Bearing, Wear, Transfer, Wear Elements, Wear Particles, Micro/Nano-Adhesion, Machining, Turning, Cutting, Grinding, Micro-Machine Tool, Monitor, Maintenance, Tool Life, Tribo-Magnetization, AFM, MFM, Frictional Surface Microscope, In-situ Observation, Visualization, Molecular Dynamics Simulation, Metal, Glass, Rubber, Resin, DLC, Brake, Elevator, Noise, IoT, Student Formula, Science Education, Active Learning



           Copyright © 2009-2017 SIT Hase Laboratory. All Rights Reserved.