本文へジャンプ








埼玉工業大学
〒369-0293
 埼玉県深谷市普済寺1690
 TEL: 048-585-2521(代表)
 FAX: 048-585-2523(代表)
ENGLISH  中文 



この度,SITフォーミュラプロジェクトチームFAを辞任するとともに,本フォーミュラEVチームの活動を休止することになりました.ご支援いただきましたスポンサー企業様には大変お世話になりました.またいつか活動できる環境になりましたら,活動を再開したいと考えております.これまで応援いただき,どうもありがとうございました.


埼玉工業大学長谷研究室で2010年10月より,フォーミュラEV製作を開始しました.大学のフォーミュラプロジェクトと別で活動しているため,いろいろ苦労しています.少しずつ当ホームページを充実させていく予定です.

ブログ「フォーミュラEV製作奮闘記」はこちら





◆マシンコンセプト◆

“Two Running Performance”

フレーム形状を二分割構造とし,二つのパワートレイン(エンジン・バッテリーモータ)に対応した次世代に繋がるマシンづくりを行い,二つの運動性能を持ったマシンの走行性能を引き出すことを目的としています.


マシンの狙い:
 ・レースの用途に応じてパワートレインの組み換えができる
 ・社会の車離れを考え,マシンデザインの革新性を持たせる
 ・安全性能,走行性能,耐久性能の向上
 ・低コスト,整備性のしやすさ


◆マシンスペック◆

【2010年度10月設計開始マシン(マシン名“First Tribos”)】
全長 2800 mm
全幅 1330 mm
全高 950 mm
最低地上高 37.3 mm
ホイールベース 1650 mm
トレッド(前/後) 1150 mm/1100 mm
フレーム 鋼管スペースフレーム(STKM11A)
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーンプルロッド式
後:ダブルウィッシュボーンプルロッド式
サスストローク 30 mm
タイヤ 前輪:R25B Hoosier 18.0 × 6.0-10
後輪:R25B Hoosier 18.0 × 6.0-10
ブレーキ(前/後) アウトボード/インボード
カウル ガラス繊維強化複合材料(GFRP)


◆チームメンバー◆

【2012年度】
 チームリーダー:中野晃太(M2,設計・製作担当)
 サブリーダー:清水和樹(B4,足回り担当)
 サポートメンバー:下方昇大(B4,駆動系担当),大平 啓(B4,製作補助)
 アドバイザー:川嶋 悠(現 大同精密工業株式会社)

【2011年度】
 チームリーダー:中野晃太(M1,設計・製作担当)
 サポートメンバー:大澤 輝(B4,製作補助)
 アドバイザー:川嶋 悠(現 大同精密工業株式会社)

【2010年度】
 チームリーダー:川嶋 悠(設計・製作担当)
 サポートメンバー:中野晃太(製作補助)

 指導教員:長谷亜蘭(統括顧問・製作指導・Web担当)


◆スポンサー様一覧(順不同)◆
ご支援いただきありがとうございます.随時,活動報告をさせていただきますので,今後ともよろしくお願いいたします.

株式会社アドヴィックス 様  
NTN株式会社 様  
株式会社プロト 様  
株式会社ミスミ 様  
株式会社レーシングサービスワタナベ 様  
DeepStage 様  
新神戸電気株式会社 様  
 株式会社エフ・シー・シー 様  
  有限会社プラスミュー 様  
   株式会社ファーストモールディング 様  


◆他大学フォーミュラチームリンク◆
これまでに見学させていただいたり,FAの先生方などと親交があるチームのホームページリンクです.

千葉大学フォーミュラチーム(CUFP)
ものづくり大学フォーミュラチーム(MONO RACING)
明星大学フォーミュラチーム
東京大学EVクラブ(UTECH)
東京都市大学フォーミュラチーム(Mi-Tech Racing)
香川大学EVプロジェクト


                                              Last update: April 1st, 2013


           Copyright © 2009-2013 SIT Hase Laboratory. All Rights Reserved.