グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




心理学専攻


本学大学院は、学内外で先導的に活躍する優れた教授陣と最新の研究設備を備え、国際化時代を担うことのできる創造的人材の教育を行います。

公認心理師カリキュラムの対応をスタート!

平成29年に「公認心理師法」が施行され、国民の心の健康に関わる仕事の国家資格がスタートします。本学心理学科及び大学院では、「公認心理師」の受験資格が得られるカリキュラムの対応を開始しました。

公認心理師になるには

公認心理師ってどんな仕事をするの?

学校ではスクールカウンセラー、病院では心理職として、悩みを持つ人のカウンセリングや心理検査などを担当します。
保健所や子育て支援センターでは、子育ての相談に応じたり子どもの発達を支援します。
その他、児童相談所、家庭裁判所、警察、企業の社内相談室、就職支援センター、私設の相談室など、様々な分野で心理職としての支援を行います。

公認心理師カリキュラムって ?

公認心理師の養成カリキュラムでは、心理学に関する幅広い知識の習得と実習指導が必要とされます。
本学では
  1. 臨床心理学と基礎心理学のバランスのとれた授業
  2. 本学併設の臨床心理センターをはじめ、保健医療、教育、福祉領域等施設の充実した実習プログラム

を準備しています。

心理学専攻で学ぶ学生

修士課程 2年 臨床心理学教育研究分野
深海 香奈
新潟県・吉田高等学校出身

もともと大学院進学を前提として、埼工大で心理学を学ぶ道を選びました。現在の研究テーマは、「ひとり行動とアイデンティティ」の関係について。「ひとり行動」ができるか否かは、「自己のアイデンティティの確立」に影響されるという仮説を立て、調査を行っています。アンケートのサンプル取得の目標は200〜300人分。先行研究の論文も参考にしながら、新たな発見に迫ります。将来は、公認心理師や臨床心理士として、児童施設や介護施設で心のケアの仕事に従事したいと考えています。


「人材の育成に関する目的」及び「教育研究上の目的」

人間社会研究科心理学専攻は、実験心理学教育研究分野と臨床心理学教育研究分野の2分野から構成されており、現代社会におけるさまざまな心理的ニーズに対応することのできる、高度の専門職業人や研究技術者、大学院博士課程に進学して最先端の研究に寄与しうる人材の育成を目指しています。
心理学専攻の実験心理学教育研究分野では、脳科学、認知科学、行動科学の3領域について深く学び、最新の研究技法を駆使して自ら研究を進めていくことができる研究技術者を養成することを目的とし、臨床心理学教育研究分野では、臨床心理学についての専門的な知識と心理臨床にかかわる場合の姿勢を学び、高度な専門性を求められる職業人としての臨床心理士を養成することを目的としています。

本専攻の特色

本専攻では、実験心理学関連の最先端の研究施設や臨床心理センターを活用して、基礎心理学と臨床心理学の両面から、少人数による徹底した教育研究を行うことにより、高度に専門的な知識と技能を持った研究技術者や臨床心理士などの人材を養成することに主眼を置いています。

臨床心理学教育研究分野

臨床心理学についての専門的な知識と,心理臨床にかかわる場合の姿勢を学び,高度な専門性を求められる職業人としての公認心理師(国家資格)や臨床心理士(本学は,日本臨床心理士資格認定協会第1種指定校)を養成します。また,臨床心理学教育研究分野の大学院生の臨床実習施設として「埼玉工業大学臨床心理センター」が設置されています。

授業科目

  • 臨床心理学特論Ⅰ
  • 臨床心理学特論Ⅱ
  • 心理支援に関する理論と実践
    (臨床心理面接特論Ⅰ)
  • 臨床心理面接特論Ⅱ
  • 心理学研究法特論
  • 臨床心理学研究法特別輪講
  • 学習心理学特論
  • 認知心理学特論
  • 司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
  • 社会心理学特論
  • 老年心理学特論
  • 福祉分野に関する理論と支援の展開
  • 神経生理学特論
  • 保健医療分野に関する理論と支援の展開
  • 教育分野に関する理論と支援の展開
  • 家族関係・集団・地域社会における心理
  • 支援に関する
  • 心理療法特論
  • 乳幼児心理学特論Ⅰ
  • 乳幼児心理学特論Ⅱ
  • 思春期・青年期カウンセリング特論
  • 産業・労働分野に関する理論と支援の展開
  • 心の健康教育に関する理論と実践
  • 心理的アセスメントに関する理論と実践
    (臨床心理査定特別演習Ⅰ)
  • 臨床心理査定特別演習Ⅱ
  • 臨床心理基礎実習Ⅰ
  • 臨床心理基礎実習Ⅱ
  • 臨床心理実習Ⅰ
  • 臨床心理実習Ⅱ
  • 心理実践実習Ⅰ~Ⅳ
  • 特別研究

実験心理学教育研究分野

認知科学について深く学び,最新の研究技法を駆使して自ら研究を進めていくことができる研究技術者を養成します。
修了者の進路としては,大学,企業の研究機関において活躍できる研究者・研究技術者や心理職公務員などが想定されています。

授業科目

  • 実験心理学特別輪講Ⅰ
  • 実験心理学特別輪講Ⅱ
  • 生理心理学特論
  • 神経生理学特論
  • 認知心理学特論
  • 知覚心理学特論
  • 視覚情報処理心理学特論
  • 学習心理学特論
  • 老年心理学特論
  • 心理学研究法特論
  • 社会心理学特論
  • 司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
  • 福祉分野に関する理論と支援の展開
  • 保健医療分野に関する理論と支援の展開
  • 産業・労働分野に関する理論と支援の展開
  • 心の健康教育に関する理論と実践
  • 生理心理学特別演習
  • 神経生理学特別演習
  • 認知心理学特別演習
  • 知覚心理学特別演習
  • 視覚情報処理心理学特別演習
  • 学習心理学特別演習
  • 老年心理学特別演習
  • 実験心理学特別実験Ⅰ
  • 実験心理学特別実験Ⅱ
  • 特別研究

心理学専攻・共通授業科目

  • 人間学特別輪講
  • コミュニケーション特別輪講
  • 知識情報特論

教員紹介

臨床心理学教育研究分野

この教育研究分野は臨床心理士を養成することを目的にしています。平成19年3月に、臨床心理士資格認定協会の規定する第1種臨床心理士養成課程の指定を受けました。カリキュラムは、研究科共通科目及び日本臨床心理士資格認定協会の指示する第1種指定大学院カリキュラムに準拠する科目で構成されています。また、大学に附置する臨床心理センターに心理相談室を設けて実習施設とし、一般の外来相談を受けて、臨床心理士の資格を持つ教員及びカウンセラーの指導のもとに、学生の臨床心理実習を行います。
氏名 役職 研究テーマ例/研究指導内容概略
三浦 和夫
Miura Kazuo
教育学修士(上智大学)
臨床心理士
[詳細]
教授 研究テーマ例
  • 心理療法プロセスに関する研究
  • 箱庭療法に関する研究
研究指導内容概略
主に個人心理療法に関わる領域の研究をおこなう。また、家庭教師やボランティアといったいわゆる非専門家によるアプローチにも関心を持っている。
この他、個人あるいはグループによる箱庭療法によるアプローチを指導する。
小野 広明
Ono Hiroaki
修士(文学)(北海道大学)
臨床心理士
[詳細]
教授 研究テーマ例
  • 犯罪・非行原因論
  • 犯罪・非行からの更生策
  • 犯罪被害者の心理
  • 犯罪被害者支援のあり方
研究指導内容概略
犯罪(少年非行を含む)という司法手続きの対象となる行動のほか、社会的に負の制裁を受ける逸脱行動(迷惑行為)の領域を扱い、犯罪の原因、加害者の心理、更生の手立てに関する研究を指導する。併せて、犯罪被害者の心理及び犯罪被害者支援のあり方について指導する。
袰岩 秀章
Horoiwa Hideaki
博士(教育学)( 国際基督教大学)
臨床心理士
[詳細]
教授 研究テーマ例
  • 集団精神療法をはじめとするグループ技法のプロセスや治療的変化
  • 学校における適応と,ストレスや対人関係,自己,居場所などとの関連についてのいじめ,不登校,スクールカーストなど学校における様々な課題への取り組み
研究指導内容概略
集団精神療法などのグループ技法、学校臨床心理学等に関する領域を指導する。グループ技法の有効性、グループ・プロセスやグループ運営・コーチング、学校における適応を支える諸要因や不適応の促進要因を、自己領域・対人領域・居場所感から取り扱うことを目指す。自死予防、摂食障害、人格障害、学生相談などの領域も指導している。
友田 貴子
Tomoda Takako
修士(心理学)(東京都立大学)
臨床心理士
[詳細]
教授 研究テーマ例
  • 抑うつ気分からの回復と心理社会的要因の関連について
  • スポーツ・遊びと精神的健康
研究指導内容概略
社会臨床心理学に関わる領域の研究を主に扱う。
例えば、ストレス、原因帰属過程、ソーシャル・サポートなどが精神疾患(うつ病や不安障害など)や不適応の予防、発症、回復などにどのような関連があるのかということについて検討する。
とくに対人相互作用と精神的健康との関連について、社会心理学のパラダイムを取り入れ検討していく。対人相互作用による個人内および個人間の心理的過程が精神的健康とどのような関連を持つか、精神保健の観点も含め扱う。
藤巻 るり
Fujimaki Ruri
修士(文学)(上智大学)
臨床心理士
[詳細]
准教授 研究テーマ例
  • 幼児や発達障害児のプレイセラピーにおけるアプローチに関する研究
  • イメージを心理療法の視点として用いる研究
  • 治療者の意識化過程に関する研究
研究指導内容概略
心理療法における治療者の意識化過程について研究を行っている。クライエントの語りの内容だけでなく、語りにならない症状や問題行 動を理解する方法としてイメージという視点を重視している。また、幼児や発達障害児のプレイセラピーなど、意味の成立以前の未分化な世界に関わる方法として身体感覚を伴う間主観的な関わりの可能性を研究している。出来事の中に入り込み、そこで感じたことを意識化するという広義の臨床的態度に基づく研究を支援する。 

実験心理学教育研究分野

実験心理学教育研究分野は、心を生み出す脳の仕組みや働きを研究する脳科学、知覚や思考などの情報処理プロセスを研究する認知科学、人間行動の基本原理を研究する行動科学の3領域を中心に、カリキュラムが構成されています。これにより、最先端の実験心理学研究に寄与しうる研究技術者の養成を図るとともに、心理学関連の専門職(心理職公務員等)への就職あるいは大学院博士課程に進学し、研究者となることが可能な人材を教育することを目指しています。
氏名 役職 研究テーマ例/研究指導内容概略
曾我 重司
Soga Shigeji
博士(学術)(千葉大学)
[詳細]
教授 研究テーマ例
  • 奥行き知覚に関する現象的研究
  • 運動の知覚に関する現象的研究
研究指導内容概略
・運動対象の速度知覚、時間知覚の現象的・実験的研究
・奥行き知覚に関わる規定要因の現象的・実験的研究
以上のテーマを基本とし、現象をいかに捉えるか、観察するということとはどのようなことか、について教育指導を行う。特に現象的視点から、動き、奥行きなどの知覚についての環境からの情報は何か、また有機体がどのように環境に働きかけた結果そのような知覚が生じるのかについての研究を行う。
河原 哲雄
Kawahara Tetsuo
教育学修士(東京大学)
[詳細]
教授 研究テーマ例
  • 文章理解と知識獲得
  • 言語獲得過程の計算モデル
  • アナロジーによる問題解決
  • メタファ理解過程の実験的研究
  • カテゴリ学習のニューラルネットワーク・モデル
研究指導内容概略
人間が経験からの帰納によって知識や技能、言語能力などを獲得するオンライン認知過程を、心理学実験やコンピュータ・シミュレーション、理論的検討などの手法を用いて研究する。また、獲得された知識や技能、能力の現実場面における使用過程や、それらが現実場面において有効に機能するための条件といった教育的含意についても研究する。これらの研究領域における最先端の研究を遂行するために必要な、研究計画法やデータ解析法、シミュレーション技法や、各種の実験機器の使用法などについても研究・指導する。
大塚 聡子
Ohtsuka Satoko
博士(心理学)(東京大学)
[詳細]
教授 研究テーマ例
  • 奥行き知覚の時空間特性
  • 観察者の運動と視対象認知
  • 視覚的注意
研究指導内容概略
奥行き(3次元的な空間構造)を知覚する機構の解明に関する教育指導を行う。人間の視覚系は、奥行きを知覚するために、両眼視差(2つの目の間の網膜像のずれ)や運動視差(観察者の運動により生じる網膜像の動き)など複数の手がかりによる情報を統合していると考えられている。本研究室では、心理学的手法により、これらの手がかり情報を処理し統合する機構を明らかにする研究を行う。また、観察者の探索的な身体運動や眼球運動が奥行き知覚や視対象認知に及ぼす影響についても扱う。