グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 内部質保証に関する方針

内部質保証に関する方針


1.内部質保証の目的

 本学の建学の精神に基づき教育・研究の水準および学生の学習成果の向上を図り、高等教育機関としての社会的使命を果たすため、本学は自らの責任において教育の質が適切な水準にあることを保証し、説明責任を果たすとともに、恒常的・継続的に質の向上を図る。

2.内部質保証の体制

 大学全体の自己点検・評価および内部質保証推進の責任を負う組織として、全学自己点検・評価委員会を置く。また、学部および研究科の自己点検・評価を行う組織としてそれぞれの部局ごとに自己点検・評価委員会を置く。全学自己点検・評価委員会は、教育研究の適切性を点検するため自己点検・評価の全学的な方針を決定し、大学全体の自己点検・評価を統括する。また、自己点検・評価の結果および外部評価の検証結果に基づき、大学運営および教育プログラムの改善と質の向上を推進する。

3.自己点検・評価の実施

 全学自己点検・評価委員会は、大学運営の自己点検・評価を行うとともに学部および研究科に対して自己点検・評価の実施を指示する。学部および研究科においては各部局の自己点検・評価委員会が教育プログラムの点検を実施する。教員は教員自己点検システム付図に基づき、担当科目について教員自身による自己点検を行い、FD委員会が該当科目の授業評価アンケート結果とともにチェックすることで、授業内容や方法の有効性を検証し教育プログラムの改善を図るPDCAサイクルを適切に機能させる。

4.自己点検・評価結果の公表

 全学自己点検・評価委員会は、自己点検・評価結果を理事会に報告するとともに、本学ホームページを通じて公表する。

5.学外者による検証

 本学卒業生および産業界などの学外者から本学の教育プログラムの内容・方法の適切性や有効性について定期的に意見を収集し、教育プログラムの改善を図る。また、学部・研究科は必要に応じて学外の有識者による点検を受ける。内部質保証の適切性を客観的に評価するため、認証評価機関による認証評価を受審する。

6.FDおよびSD活動の推進

 組織的なFDおよびSD活動を推進することにより、教職員それぞれが教育・研究の質の保証と向上に責任を負うことを自覚し意識改革を行うことを促す。