グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 研究室ガイド > 人間社会学部 > 情報社会学科

情報社会学科


人間社会学部

情報社会学科
Department of Informational Society Studies


将来は、情報化社会のエキスパート

情報処理研究室[高橋 広治 教授]

卒業研究のゼミでは、情報処理技術の応用をテーマとした研究を行っています。最近は特にパソコンやスマホのウェブアプリの開発と活用に注目しています。プログラミングの基礎力を鍛えた上で、オリジナルのアプリの作成やアプリ活用に関する研究を行ってもらいます。
私自身の研究としては、コンピュータ・シミュレーションによって、球状星団などの天体の構造と進化を解明する研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. 恒星系のコンピュータ・シミュレーション 
  2. 星団の力学的進化

高橋 広治 教授

専門分野
天文学、 情報処理

担当科目
情報リテラシー、宇宙の科学、数理基礎、データ解析法、基礎演習、プロジェクト演習、情報社会一般演習、情報社会総合演習

文化研究室[宮井 里佳 教授]

ゼミ(3、4年次演習)では、『聖書』などの基本的な文献を正しく、深く読み、議論します。卒業研究(論文)では、好きなテキストや作品について論じます。他者の考えを――自分とはまったく異なるものでも――理解すること、自らの考えをことばにし、他者に分かるように伝えることは、コミュニケーションにおいて最も重要なことです。ことばによるコミュニケーション能力を高めつつ、自らの思考が深化する楽しみを味わってもらうことを目指しています。

主な研究テーマ

  1. 中国中世の浄土教 
  2. 文学作品における「人間」
  3. マンガ・アニメに見られる宗教思想

宮井 里佳 教授

専門分野
仏教学、中国仏教

担当科目
仏教の歴史と思想/浄土教の歴史と文化/現代社会と宗教/東洋史特講/1~4年の演習

音楽・音響メディア研究室[中川 善裕 教授]

音楽は、現代の社会や文化にとって、なくてはならない重要なコンテンツの一つです。芸術領域、エンターテイメント領域のいかんを問わず、社会における重要度が増している現在、音や音楽に関する知識と経験を持った人材が、必要とされていると思います。
私の研究室では、昨今、急速に進歩しつつあるコンピュータ、ソフトウェア、シンセサイザー、音響機器等のデバイスを用いた、音響・音楽表現の研究と創作を中心に、現代社会に対応できる知識と創造力を身に付けることを目指して指導、研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. 電子音響作品の制作 
  2. 外部デバイスを用いた音響作品の制作
  3. 現代音楽の作曲

中川 善裕 教授

専門分野
作曲、コンピュータ音楽、電子音響音楽の制作

担当科目
テクノロジーと音楽、音楽とメディアの歴史、サウンド・プログラミング演習、プロジェクト演習、情報社会一般演習、情報社会総合演習、情報社会特講II(電子音響表現演習)

教育史研究室[佐藤 由美 教授]

「教育史」は教育学と歴史学の間にある学問領域です。現在は、日本統治下の台湾・朝鮮の教育を研究対象にして、文献(史料)だけでなく、聞き取り調査から得た知見を加えて分析・解釈する手法で研究しています。
また、教職課程では社会科・地歴科の教員免許を取得する学生と共に、社会認識や歴史認識を育てる授業・教材の研究もしています。

主な研究テーマ

  1. 日本統治下台湾・朝鮮からの留学生に関する研究
  2. 日本統治下台湾・朝鮮の師範学校の研究

佐藤 由美 教授

専門分野
近代日韓教育関係史、日本植民地教育史、社会科教材の研究

担当科目
社会科・地歴科教育法I・II、社会科教育法III・IV、教育原理、教育方法・技術論、教育制度論、教育実習I・II・III、基礎演習、教職実践演習

経営資源研究室[宮崎 洋 教授]

企業経営のために欠くことのできない資源の中で、当研究室では人・情報・技術に着目し、企業の経営高度化を図るためのこうした資源の活用について研究しています。
具体的には、先進企業の経営戦略、人が保有する技術やモチベーション、リーダーシップの相乗作用、オープンイノベーションを加速する技術の育成や活用方策、手法開発などに注目しています。

主な研究テーマ

  1. 技術の見える化と戦略的活用に関する研究
  2. 組織とリーダーシップ
  3. 海外における日本企業の従業員のモチベーション戦略

宮崎 洋 教授

専門分野
経営戦略、技術戦略、人材戦略

担当科目
経営学概論、経営情報論、経営管理論、マーケティング論 など

企業分析研究室[小寺 昇二 教授]

現在、全ての日本企業はグローバル経済の下、何らかの形で絶え間ない経営改革・革新(ターンアラウンド)を求められています。当研究室では、ファイナンス(経営財務)の視点を一つの武器に、多面的に分析を行うことによって経営改革、今後の企業社会の動向などについて研究しています。特に、プロスポーツクラブのビジネス、インターネットビジネスや地域創成についても実地調査を交えて研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. プロスポーツチームの地域におけるステークホルダーとの連携についての研究
  2. 地域産業活性化策の研究
  3. インターネットビジネスについての研究

小寺 昇二 教授

専門分野
コーポレートファイナンス(企業財務)、スポーツ経営、インターネットビジネス、ターンアラウンドマネジメント(経営改革)

担当科目
スポーツ経営/ターンアラウンドマネジメント(経営改革)/地域創成

ビジネスモデル研究室[林 信義 教授]

企業の最大の目的は顧客を満足させることによって利益を得ることです。そのためには「儲ける仕組み(ビジネスモデル)」の構築が必要です。ビジネスモデルを構築するためのフレームワーク、実行するためのプロセスについて多角的に研究しています。
ゼミでは様々な企業の実例を用いながらビジネスモデルの分析技法を学んだ上で、ビジネスの背後で機能しているストーリーと経営数値との関係を中心に取り組んでいきます。

主な研究テーマ

  1. ビジネスモデル構築フレームワーク
  2. ビジネスモデル実行プロセス
  3. ビジネスモデルと経営数値

林 信義 教授

専門分野
ビジネスモデル、経営管理

担当科目
企業と業界の分析、ビジネス関連法、情報社会一般演習、会計学概論 など

情報コミュニケーション研究室[森沢 幸博 教授]

情報コミュニケーション研究室では、ユーザの行動や生体情報に基づく感性評価メディア、ディジタル映像を利用したMR(複合現実感)コンテンツ、3Dプリンターによるデバイスデザイン等、ヒト(人間)+ コト(情報)+ モノ(物質)の融合によって生まれる新しい情報メディアの研究開発を通じて、「人の心を豊かにする次世代コンテンツ」の創造に取り組んでいます。

主な研究テーマ

  1. デバイスメディア指向ユーザインタフェース
  2. マルチモーダルメディアによるコミュニケーションデザイン
  3. 生体情報に基づく感性評価メディア

森沢 幸博 教授

専門分野
ヒューマンコンピュータ インタラクション
マルチモーダルインタフェース
コンピュータ・グラフィックス

担当科目
コンピュータ画像処理、情報メディア演習、情報社会一般演習、情報社会総合演習 など

英語研究室[永本 義弘 教授]

現在では、英語は既に英米だけの言語ではなく、『世界共通語』となっている。これは17世紀後半から今日にかけて、イギリス→アメリカと英語圏国家が世界の政治的・経済的・軍事的覇権を掌握し、その時代に大量輸送時代と高速通信技術が想像を絶する発達を遂げてしまったという歴史的事実に原因がある。こうした国際関係的現実の中で、日本人にとって生活言語ではない英語の学習目的、学習利益、学習方法を如何に捉えるべきかを共に考えていきたい。

主な研究テーマ

  1. 国際政治における英語
  2. 英語表現における意味の探求

永本 義弘 教授

専門分野
英語、国際関係

担当科目
英語I、発展英語、TOEIC初級

メディアデザイン研究室[檀上 誠 准教授]

メディアに付加価値を与えるデジタル化されたコンテンツは人々を心豊かにするという重要な役割を担っています。人々に楽しさや感動を与えられるデジタルコンテンツを自ら創造し、クリエイティブ産業に貢献できる人材を育成したいと考えています。
研究では主に2DCG、3DCGを用いた実制作を通じ、必要とされる知識や技術を吸収しながら、豊かな創造力と表現力を身に付けて行きます。また、個人の将来目標に応じて実制作を行って行き、卒業時には社会で即戦力として活躍できる人材の育成を目指します。

主な研究テーマ

  1. 企業ブランディングにおけるCIデザイン
  2. 地域開発における空間デザイン
  3. 三次元仮想空間におけるアバターデザイン

檀上 誠 准教授

専門分野
CGデザイン、実写合成

担当科目
情報学概論、基礎演習II、プロジェクト演習II3DCG演習、映像環境論、情報社会一般演習I・II、情報社会総合演習I・II

知能情報システム研究室[田中 克明 准教授]

人間が行ういろいろな知的活動の支援や、新しい領域の開拓が、コンピュータを利用したシステムによって可能となりました。これらのシステムは、データを集める仕組み、データから学習を行う仕組み、学習結果を適用する仕組みなど、様々な仕組みの組み合わせにより構成されます。
現在、本研究室では、文書の自動分類を中心に、どのようなことを、どのような組み合わせで行うと、何ができるかについて、研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. コンピュータを活用した人間の知的活動支援システム
  2. 文書処理・解析技術を用いた設計支援システム
  3. 情報技術を活用したメディアのデザイン

田中 克明 准教授

専門分野
知能情報学/時系列文書処理

担当科目
プログラミング入門、テキスト情報処理、情報システム論、情報の分析と活用 など

ビジネス関連法研究室[李 艶紅 講師]

ゼミでは、会社法などビジネス分野の法律知識を学び、その中で様々な法制度がどうあるべきかを考えていきます。たとえば、会社法では経営者の義務や責任について定めています。そうすると、経営者の行動を律すると同時に、経営者のリーダシップを充分に発揮させるためには、どのようなルールが望ましいのか。このような問題を考える演習を積み重ねていくうちに、物事に対する多角的な見方、思考能力やバランス感覚を培っていきます。

主な研究テーマ

  1. 種類株式制度
  2. 株式の所有構造(Dual Class Structuresなど)
  3. 会社支配権のあり方
  4. 証券市場の上場規則

李 艶紅 講師

専門分野
商法・会社法

担当科目
法学概論、民法(債権法)、知的財産法、法学応用演習、1~4年演習科目など

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。