グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




心理学科


人間社会学部

心理学科
Department of Psychology


「こころ」を科学的に解明し、人間を深く理解する

基礎心理学研究室[曾我 重司 教授]

本研究室では、主な研究テーマであげたもの以外に、卒業研究として「色による時間評価への影響」や「主観的輪郭の強さへの影響」「聴覚が視覚に与える影響」など、身の回りにある様々な現象を対象として研究をおこない、「知覚するとはどういう事か、知覚と環境との関係はどのようなものか?」という問題意識を背景に研究しています。

主な研究テーマ

  1. アニメーションにおける動きの表現について
  2. 運転時における知覚特性の研究
  3. 奥行き知覚に関する二次元表現について

曾我 重司 教授

専門分野
知覚心理学、交通心理学

担当科目
知覚心理学、交通心理学、心理学研究法 など

臨床心理学研究室[三浦 和夫 教授]

箱庭療法や風景構成法の体験や施設などでのボランティア体験など学生個人の体験から卒業研究を作成する学生が多いこともあり、3年次より少人数による指導を行っています。4年次はほぼ1対1の指導となります。また、箱庭体験は希望者でグループをつくり月1回の箱庭つくりを行っています。
心理学の研究法では軽視されがちな個人の体験から考えるという方法論を模索している研究室です。

主な研究テーマ

  1. 箱庭療法に関する研究
  2. 風景構成法に関する研究
  3. スクイグルなどの描画技法

三浦 和夫 教授

専門分野
臨床心理学

担当科目
深層心理学、家族臨床心理学 など

基礎心理学研究室[大塚 聡子 教授]

私たちは、目や耳に入っているはずのものに気づかなかったり、同じものを見聞きしても認識する内容が変わったりすることがあります。このような現象には、注意のはたらきや、無意識的な知覚の要因が影響していることがあります。本研究室では、人間が周囲のことを見たり聞いたりして知る心のしくみとはたらきを、心理学実験や調査、目の動きの測定、脳活動の計測など、さまざまな手法を使って調べています。

主な研究テーマ

  1. 視覚的注意の時間的・空間的特性の研究
  2. 無意識的知覚が認知・行動に及ぼす影響
  3. 空間認識機構の解明

大塚 聡子 教授

専門分野
知覚心理学、認知心理学

担当科目
情報処理心理学、実験心理学原典講読I・IIなど

基礎心理学研究室[河原 哲雄 教授]

認知心理学とは、ヒトの心のはたらきや仕組みを、情報処理の観点から研究する学問です。本研究室では、ヒトが学習や経験を通じて、どのようにしてコトバや知識を使いこなせるようになるのか、記憶の仕組みはどうなっているのかといった問題を、主に心理学実験と情報処理モデルの手法を用いて研究しています。ゼミ生の卒業研究・修士論文には、これらの領域以外にも、対人認知や顔の情報処理、消費者行動の理解、教育にかかわる研究などがあります。

主な研究テーマ

  1. 言語と概念の獲得
  2. 消費者行動の理解
  3. 文章理解と知識獲得

河原 哲雄 教授

専門分野
認知心理学(認知科学)、言語心理学

担当科目
認知心理学/言語心理学/教育心理学/心理データ解析法/心理統計学Ⅱ など

臨床心理学研究室[袰岩 秀章 教授]

スクールカウンセラーになるために必要な学校臨床学を主な研究テーマとしています。いじめや不登校、それに関連したストレスや適応、レジリエンスなどです。近年はインターネット依存やネットいじめへの関心が高まっています。精神保健福祉関連のテーマも扱っていて、摂食障害や気分障害、統合失調症について研究した人もいます。大学院進学希望者が多く、ゼミは学部3・4年生と大学院生合同で行います。個別指導と併せ、3年生のはじめは先輩の研究がよくわからなかった人も前期の終わりには研究テーマや重要なポイントについて質問できるようになります。大学院では研究指導とともに実習指導を重視して、経験を多く積めるように工夫しています。良い臨床家になるためには、研究と実践双方が重要です。

主な研究テーマ

  1. 学校・大学における心理特性の検討
  2. 小・中・高における発達的な調査
  3. 学校における様々な問題の支援

袰岩 秀章 教授

専門分野
臨床心理学(集団精神療法)

担当科目
臨床心理学、学校臨床心理学(学部)、思春期・青年期カウンセリング特論(院) など

臨床心理学研究室[小野 広明 教授]

少年鑑別所、刑務所等における心理臨床実務の経験を踏まえ、犯罪・非行はなぜ起きるのか、犯罪・非行からの立ち直りには何が必要か、犯罪被害者及び遺族はどのような心理や生活を強いられるのか、犯罪被害者支援はいかにあるべきか等のテーマに取り組みます。犯罪に関する理論研究に加えて、個別・具体的な事例の研究を通してテーマを解明します。

主な研究テーマ

  1. 犯罪・非行の原因論
  2. 犯罪者・非行少年の処遇論
  3. 犯罪被害者心理と犯罪被害者支援のあり方

小野 広明 教授

専門分野
犯罪・非行心理学、臨床心理査定

担当科目
犯罪心理学、非行臨床心理学、臨床心理査定、総合研究演習I・II、一般実験演習I・II、働くことの科学と実践I・II など

臨床心理学研究室[友田 貴子 教授]

本研究室には臨床心理学や社会心理学、またその境界領域である社会臨床心理学に関する研究に関心のある学生が集まっています。ストレス、抑うつ、不安などについて、質問紙調査やインタビュー、実験などの方法を用いて研究を行っています。また、子育て中の親のメンタルヘルスについての研究も行っています。

主な研究テーマ

  1. 抑うつ気分からの立ち直りに関する研究
  2. 対人ストレスとコーピングに関する研究
  3. 育児と精神的健康に関する研究

友田 貴子 教授

専門分野
社会臨床心理学

担当科目
社会臨床心理学/精神医学 など

臨床心理学研究室[藤巻 るり 准教授]

こころによるこころの研究である臨床心理学では、物事に深く入り込み、そこで感じたこと・考えたことを言葉にする(意識化する)というプロセスが大切です。本研究室ではそうした広義の意味での臨床心理学的な研究を目指しています。卒業研究は個々の学生が関心を持っているテーマに幅広く取り組んでいきたいと考えています。

主な研究テーマ

  1. 幼児や発達障害児とのプレイセラピーに関する研究
  2. イメージに関する研究
  3. 治療者の意識過程に関する研究

藤巻 るり 准教授

専門分野
臨床心理学

担当科目
発達臨床心理学、障害者(児)心理学特講、対人援助論 など

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。