グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 新着情報・お知らせ > 機械工学科 長谷亜蘭 准教授が環境省COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018優秀賞を受賞

機械工学科 長谷亜蘭 准教授が環境省COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018優秀賞を受賞


本学工学部機械工学科 長谷亜蘭 准教授が,COOL CHOICE×謎解き「水素大好きモンスターから水素ステーションを守れ!」の功績により,環境省COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018優秀賞を受賞しました。

「COOL CHOICE」とは,2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のため,省エネ・低炭素型の製品への買換・サービスの利用・ライフスタイルの選択など,地球温暖化対策に資する「賢い選択」をしていこうという取組です。 本賞(アクションリーダー部門)は, その「COOL CHOICE」なアクション(自らの生活の中でのCOOL CHOICEなアクションや社会に対しCOOL CHOICEな取組を働きかけるアクション)に取り組んでいる人・グループに与えられる賞となっています。

長谷准教授は,“謎解き”を取り入れた科学・工学教育イベントの企画・運営を先駆的に実践しています。“謎解き”を取り入れた当該教育手法は,参加者の興味を惹く工夫がなされるだけでなく,子供たちが自発的に考える力を養うとともに,チーム活動などを通してコミュニケーション能力を養うことができます。 今回の受賞対象となった COOL CHOICE×謎解き「水素大好きモンスターから水素ステーションを守れ!」 では,水素をテーマとして参加者に水素エネルギーやCOOL CHOICEの重要性の認識・理解が高まる謎解きイベントを企画・運営し,これらの新奇性と優れた功績から,優秀賞に選ばれました。

なお,長谷准教授は過去に,「“謎解き”を取り入れた革新的な科学・工学教育の考案と実践」の功績により,日本機械学会教育賞を受賞しており,謎解きを取り入れた教育活動に精力的に取り組んでいます。

(※“謎解き”とは,様々なクイズやパズルを解きながら与えられた最終目的を達成する体験型イベント)

長谷准教授のコメント

この度, 応募総数710件の中から環境省COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018優秀賞をいただき,大変嬉しく思います。今回,東芝未来科学館様より「COOL CHOICE」に関連した謎解きイベントを開催できないかとのご相談をいただいたのが本活動の誕生のきっかけとなりました。さらに,東京スイソミル様のご協力もいただき,「水素エネルギー」をテーマとして本活動を進めることとなりました。自然災害に悩まされる昨今の日本において,原子力エネルギーへの不安も高まる中,特に子供やその親など若い世代に環境やエネルギーについて興味を持ってもらいたいと強く思い,本活動の制作に力が入りました。活動を開発・実施するに当たって,謎制作やものづくり教材考案,イベント会場の雰囲気づくりなどに多大な苦労がありましたが,イベント当日は多くの参加者の方々に楽しんで体験学習してもらうことができました。本活動を今後も定期的に開催し,「COOL CHOICE」の啓蒙活動として役立てていくとともに,地球に優しい発電などを考えるきっかけが与えられる活動にしたいと考えています。今後も研究活動の傍ら,楽しく学んでいただけるコンテンツを企画してお届けしていきたいと考えておりますので,引き続き“科学・工学×謎解き”の教育イベント活動をよろしくお願いいたします。