グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 新着情報・お知らせ > 本学に対する爆破予告とその後の対応について

本学に対する爆破予告とその後の対応について


2020年11月13日
学長 内山俊一


 本学に対して11月13日(金)午前7時~午後2時の間に、大学施設を爆破する旨の予告メールが届きました。
 これに伴い、昨日12日(木)より警察と警備会社による不審物の確認や巡回警備を実施し、午後7時に正門及び各棟の出入り口を閉鎖いたしました。
 爆破予告当日の13日(金)は、全学生の学内への入構を禁止するとともに、警備等を強化しましたが、予告された時刻に爆発等の被害はありませんでしたので、11月14日(土)より業務を再開いたします。

 引き続き不審者等への警戒は行いますが、キャンパスおよびその周辺で不審物や不審者を見かけた場合は、速やかに守衛所または最寄りの教職員までお知らせください。