グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 新着情報・お知らせ > 冬期休業期間中における新型コロナウイルス感染症の予防対策等について

冬期休業期間中における新型コロナウイルス感染症の予防対策等について


2020年12月18日
 在学生・保護者の皆様へ
学長 内山 俊一   
 まもなく本学も冬期休業期間に入ります。現在、全国的に新型コロナウイルス感染症の感染が拡大傾向にありますので最大限の注意を払い、引き続き、感染拡大防止に努めてください。
 皆さんもすでにご承知のこととは存じますが、新型コロナウイルス感染症の感染は、会食や3密(密集・密接・密閉)が発生するイベントへの参加など、対面で人と人との距離が近く、接触を伴う場所で多く発生する傾向にあります。これから年末年始に向けて帰省や旅行を計画している学生もおられるかと思いますが、政府や各自治体の要請に従って行動し、多くの人が集まるイベントや会食等への参加は控えるとともに不要不急の外出を避け、自らが感染しない・させないよう注意してください。
 一人ひとりの心がけが、自身の健康を守り、大切な家族や友人を守ります。

 帰省中や旅行期間中も必ず以下の感染防止対策をお願いします。
 1.毎日の検温を実施し、体調管理を徹底する。
 2.行動記録の自己記録を行う。
 3.基本的な感染対策(手洗い、マスクの着用等)を励行する。
 4.「新しい生活様式」の実践例に伴った行動をとる。
 5.抵抗力を高めるため、「バランスのとれた食事」、「適度な運動」、「十分な休養、睡眠」などをこころがける。
 6.感染リスクが高まる「5つの場面」を避けるようこころがける。