グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 新着情報・お知らせ > 先端科学研究所 AI研究センター 講演会開催のご案内

先端科学研究所 AI研究センター 講演会開催のご案内


第1回 講演会

  • 日 時 :令和3年6月24日(木)17時00分~

  • 場 所 :埼玉工業大学先端科学研究所 3階会議室(発信元)
         (Zoom会議で聴講いただけます。)

  • 講 師 :Qibin ZHAO (趙啓斌) 博士
         理化学研究所 
         革新知能統合研究センター (AIP)チームリーダー

  • 演 題 :Trustworthy Machine Learning  
         「高信頼性の機械学習」

  • 講演言語:英語

  • 概 要 :
    Deep learning has been developed to be the cornerstone of modern AI technology in the past decade. Since deep neural networks (DNNs) model has powerful expressiveness and capacity, the high-level representations and prediction function can be learned with high performance given sufficient high-quality data. However, DNNs are considered as a black-box system, which can only provide predictions but lack of human-centered explanations. In addition, DNNs are vulnerable to adversarial attacks with only tiny perturbations, which will lead to serious consequences in applications where reliability and safety are extremely essential such as autonomous vehicles or medical diagnosis. These issues destroy human trust on AI system. In this talk, I will present an overview of trustworthy machine learning and especially focus on two topics including interpretable machine learning and adversarial machine learning.

  • 【訳文】
    深層学習は過去10年間で現代AI技術の礎石となった技術として発展されてきた。深層ニューラルネットワーク(DNN)モデルは強い表現力と強大な可能性を持っているため、充分な高品質データを与えれば、高レベルの表現と予測機能はデータ学習により、高いパフォーマンスの結果が得られる。しかし、DNNはブラックボックス的なシステムであり、予測を行うだけで人間中心の説明ができないと考えられている。さらに、DNNはわずかな干渉だけでの対抗攻撃に弱くて、自動運転や自動診断などの信頼性且つ安全性が極めて重要なアプリケーションに対して致命的な結果がもたらす。これらの問題は、AIシステムに対する人間の信頼を損なう。 本講演では、信頼性の高い機械学習の概要を説明し、特に解釈可能な機械学習と敵対機械学習の2つのトピックに焦点を当てる。

第2回 講演会

  • 日 時 :令和3年7月8日(木)17時00分~

  • 場 所 :埼玉工業大学先端科学研究所 3階会議室(発信元)
         (Zoom会議で聴講いただけます。)

  • 講 師 :趙旭陽(チョウキョクヨウ)博士
         東京農工大学・大学院工学府 特任助教

  • 演 題 :癲癇の自動診断における機械学習法に関する研究

  • 概 要 :
    癲癇は脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って発作を起こす慢性的な脳の病気である。現在、医者は長時間記録された脳波 (EEG) データに基づき、手動的に目視判断による癲癇を診断しているので、非常に時間がかかることと経験に依存している。医者の作業負担を軽減するために、高精度癲癇の自動診断システム開発が必要である。近年機械学習法は医療分野の診断に適用される例が多くなってきている。機械学習の発展に伴って癲癇の自動診断方法も大きく進化した。本講演では、癲癇の自動診断におけるさまざまな機械学習法を解説する。

聴講申込み・お問合せ

埼玉工業大学 先端科学研究所
電話:048-585-6895 / E-mail:kouza2@sit.ac.jp

※聴講を希望される方は,以下の情報を入力の上,E-mailでお申し込みください。
 1.お名前(フリガナ)
 2.郵便番号・ご住所
 3.電話番号
 4.E-mailアドレス(Zoomの招待メールをお送りします。)
 5.年齢
 6.聴講希望の回数(第1回/第2回/両方 いずれかを入力してください。)