グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 新着情報・お知らせ > 生命環境化学科 松浦准教授が電気化学会 化学センサ研究会の令和3年度清山賞を受賞

生命環境化学科 松浦准教授が電気化学会 化学センサ研究会の令和3年度清山賞を受賞


2021年1月21日
 本学工学部 生命環境化学科 松浦宏昭 准教授が、電気化学会 化学センサ研究会の令和3年度(第24回)清山賞を受賞しました。
 清山賞は、化学センサ分野において、創造的、独創的な研究・開発を推進し、次世代を切り開く先導的役割を果たすと期待される者に対して授与されるもので、電気化学会 化学センサ研究会がこれを表彰しています。

 松浦准教授は、「表面電気化学を駆使した高感度分析法及び新規炭素系電極触媒の開発と実分析への応用」という研究業績が認められ、令和3年度(第24回)清山賞の受賞となりました。1月21日に開催された化学センサ研究会のオンライン総会にて清山賞の表彰が行われ、松浦准教授に清山賞が授与されました。
 なお清山賞は、過去に本学の内山俊一学長、丹羽修副学長、長谷部靖教授も受賞しており、本学在職の教員では4人目の受賞となります。

松浦准教授のコメント

 この度は、名誉ある清山賞を受賞し、身に余る光栄です。
 今回受賞対象となった研究業績には、私が埼玉工業大学の教員として着任後、諸先生方のご指導を頂きながら研究室の学生と共に進めてきた多くの研究成果が含まれています。それら研究業績が認められたことを想う時、とても感慨深いものがあります。また、私が研究活動を平穏に継続することができたのは、大学運営に関わる多くの大学職員の皆さんのご協力の賜物です。

 この賞を、こうした多くの皆様に捧げたいと思います。
 本当にありがとうございました。