グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 臨床心理センター > 心理学セミナー

心理学セミナー


臨床心理学に関する心理学セミナーを各種開講しています
今年度もバラエティーに富んだテーマで心理学の世界をお届けいたします。奮ってご参加ください。

土曜セミナー(2017年)

土曜セミナーNo.1│性格について

開催日時 6月17日(土曜日)
講師 心理学科 / 友田貴子 教授
※定員に達しましたので、受付を締切りました
「十人十色」という言葉があるように、ひとにはそのひと独特の「性格」があると考えられます。では性格とはいったい何なのでしょうか?性格は変えることができるのでしょうか?今回はみなさんに「性格検査」を体験していただき、そのうえで性格について考えていきたいと思います。

土曜セミナーNo.2│トトロは本当にいるのかもしれない

開催日時 7月15日(土曜日)
講師 心理学科 / 三浦和夫 教授
※定員に達しましたので、受付を締切りました
アニメ「となりのトトロ」や童話「ゆみ子のリス」を引用しながら「想像上の仲間」について紹介し、さらに大学生のアンケート調査から「想像上の仲間」がいつ、何のために現れるのかについて考えてみたいと思います。また、解離性障害との関連についてもお話いたします。

土曜セミナーNo.3│押入れ、机の下、段ボール箱―子どもが好んで入り込む小さな空間―

開催日時 9月16日(土曜日)
講師 心理学科 / 藤巻るり 講師
※定員に達しましたので、受付を締切りました
誰もが経験したことがあるようなありふれた現象には思わぬ意味が隠されていることがあります。例えば、小さな子どもは押入れや机の下など身体がすっぽりと収まるような小さな空間に好んで入ります。それは心理学的にはどのような意味があるのでしょうか?さまざまな視点から考えてみたいと思います。

土曜セミナーNo.4│アニメーションと心理学

開催日時 10月21日(土曜日)
講師 心理学科 / 曾我重司 教授
※定員に達しましたので、受付を締切りました
アニメーションは、原則としては1秒間に24枚の「画」を連続して提示することによって、動いている印象を作り出しています。これは知覚心理学の分野では、「仮現運動」と呼ばれて、古くから研究されているものです。この講義では、アニメーションや映画の中にあるテクニックを通じて知覚心理学的な観点か ら動きの印象についてお話しします。

土曜セミナーNo.5│色の心理学:色の組みあわせ

開催日時 11月18日(土曜日)
講師 心理学科 / 大塚聡子 教授
※定員に達しましたので、受付を締切りました
色の見え方は、ほかの色と組みあわせることによって変わります。そこには、色の性質や、人が色を見て感じるしくみが関係しています。そのような原理を知っていれば、表示をより見やすいものにしたり、あるいは個々の色の印象をより強調することができるかもしれません。このセミナーでは、色と色を見るしくみについて紹介し、色の組みあわせの例をお話しします。

土曜セミナーNo.6│犯罪心理学Q&A

開催日時 12月16日(土曜日)
会場 心理学科 / 小野広明 教授
※定員に達しましたので、受付を締切りました
 人生において犯罪が多発する時期はいつか、男女どちらが犯罪を起こしやすいのか、犯罪の原因をどう考えるか、犯罪被害者はどのような現実に置かれるのか、犯罪被害者支援に何が必要なのか等の犯罪心理学の重要事項について、Q&A方式で解説します。

開催案内・申込方法

【時間】 午後1時30分~3時00分
【会場】 埼玉工業大学臨床心理センター「2階/研修室」
【定員】 80名(先着順)
【参加費】 無料
【申込方法】


ワークショップ2017

A.心理学実験を体験してみよう

開催日時 9月2日(土曜日)午後1時00分~3時00分
講師 心理学科 / 曾我重司 教授
会場 埼玉工業大学臨床心理センター「2階/研修室」
参加費 無料
定員 10名(先着順)
申込方法 郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・職業を明記の上、ファックス(FAX.048-585-6072)でお申込みください。
申込書のダウンロード(PDF ファイル 0.26MB)
※定員に達しましたので、募集を締め切りました
心理学というと臨床心理学で、個人との対話から研究をしている(ケーススタディ)と思う人が多いかと思います。しかし調査によって多くのデータから研究する領域もあれば、実験的にデータを測定して研究している領域もあります。本ワークショップでは錯視などで用いられる心理学的測定法を実際に用いて、どのように実験的にデータを取り研究するのかについて体験します。
対象は問いませんが、特に高校生諸君に参加していただきたいと思います。特に本学心理学科の受験を希望する方はワークショップ後に受験相談の時間を設けてあります。

B.箱庭療法の体験(全5回)

開催日時 6月1日(木曜日)・7月6日(木曜日)・8月3日(木曜日)・9月7日(木曜日)・10月5日(木曜日)
午後1時10分~2時40分
※10月5日(木曜日)は、箱庭作りはせずに、振返りの時間となります。
※時間は事情により変更することもあります。
講師 心理学科 / 三浦和夫 教授
会場 埼玉工業大学臨床心理センター「2階/集団面接室」
参加費 5,000円(全5回)
定員 7名(先着順)
申込方法 郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・職業を明記の上、ファックス(FAX.048-585-6072)でお申込みください。
申込書のダウンロード(PDF ファイル 0.26MB)
※定員に達しましたので、募集を締め切りました
7名がそれぞれ自分だけの箱庭を使って、ほぼ1ヶ月おきに4回の箱庭づくりを体験します。箱庭をじっくり作り、少しだけ感想を話しあい、写真を撮ります。箱庭はどのような流れを見せてくれるでしょうか。心は流れています。その流れは箱庭の中に思いもかけない風景をみせてくれるでしょう。静かにその風景を眺め、耳を傾けてみましょう。5回目は振り返りの時間といたします。
埼玉工業大学臨床心理センターへのアクセスにつきましては、アクセスマップをご覧下さい。

アクセスマップはこちら

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。