グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 人間社会学部 > 心理学科(臨床心理専攻)

心理学科(臨床心理専攻)


4年 山口 千鶴|群馬県・高崎高等学校出身

正解がないから、面白い 方程式では表せない永遠のパズル
勉強するほどに、面白いけれど難しい。難しいけれど面白い。何だかどっちつかずだけれど、これが心理学に対する正直な気持ちです。授業で実例を元にケアの方法を学生同士でディスカッションしたとき、意見や方向性がまったく違うということがありました。人それぞれで考え方が異なること、「これがベスト」といえる正解はないことに気づき、心理学という学問の奥深さを改めて感じたのです。それでも自分なりの適切な方向を見出すために、ひたすら知識と経験を積んでいきたい。そういえば、この専攻で学び始めてから、人の心の機微に敏感になったと思います。「他者を理解したい」という思いは実生活でも反映され、人間関係もスムーズになったような気がします。

公認心理師カリキュラムの対応をスタート!

2017年9月15日に「公認心理師法」が施行され、国民の心の健康に関わる国家資格がスタートしました。

本学心理学科および大学院心理学専攻は、「公認心理師」の受験資格が得られるカリキュラムに対応しています。

公認心理師ってどんな仕事をするの?

学校ではスクールカウンセラー、病院では心理職として、悩みを持つ人のカウンセリングや心理検査などを担当します。保健所や子育て支援センターでは、子育ての相談に応じたり子どもの発達を支援します。その他、児童相談所、家庭裁判所、警察、企業の社内相談室、就職支援センター、私設の相談室など、様々な分野で心理職としての支援を行います。

公認心理師カリキュラムって ?

公認心理師カリキュラムでは、心理学に関する幅広い知識の習得と実習指導が必要とされます。
本学では
  1. 臨床心理学と基礎心理学のバランスのとれた授業
  2. 本学併設の臨床心理センターをはじめ、保健医療、教育、福祉領域等施設の充実した実習プログラム
を準備しています。

学びの特長

人間を深く理解できる心の専門家を目指す

心理学とは、文系や理系の枠組みを超えて社会のすべての事象に通じる、奥の深い学問です。臨床心理専攻では、心理学の本質を理解したうえで、社会の様々な場面で、心理学の知識と心理学的な支援の技能を生かしながら心のケアを行うスペシャリストを養成します。

カリキュラム

Point1

心理学の専門職を目指せる
カリキュラム構成

心の基本的な働きを学ぶ科学的な心理学である基礎心理学分野と、具体的な心の問題に関わる理論や技法を学ぶ応用的な学問である臨床心理学分野をバランス良く修得。国家資格である公認心理師の受験資格に必要なカリキュラムにも対応しています。

Point2

実習での体験を交えながら
臨床心理学への理解を深める

少人数の演習授業で心理査定や面接の技能を学んだ上で、3年次からは臨床心理センターなどで実習を行います。大学院進学を視野に入れた質の高い教育を展開するとともに、ゼミや実習を通じて、大学院生との縦のつながりができることも魅力です。

1年次 2年次 3年次 4年次
教養 情報学概論・情報リテラシー・コンピュータ概論
英語
仏教精神
経済学概論・経営学概論・会計学概論・法学概論
哲学概論・東洋史概論・日本史概論・西洋史概論
スポーツ文化論・宇宙の科学・脳と行動・科学技術史
福祉ビジネス論・インターンシップ・キャリアと自立・働くことの科学と実践
人体の構造と機能及び疾病 など
専門科目 〈演習〉
基礎演習I、II
〈講義科目〉
心理学概論I、II
心理学統計法I、II
〈演習〉
心理学実験
心理演習

〈講義科目〉
心理学研究法基礎
臨床心理学概論
精神疾患とその治療
福祉心理学
教育心理学
発達心理学
社会心理学
言語心理学
情報処理心理学
認知心理学
学習心理学
知覚心理学
神経・生理心理学
心理学と職業
公認心理師の職責 など
〈演習〉
一般実験演習I、II
心理的アセスメントI、II

〈実習科目〉
心理実習I、II
〈講義科目〉
心理学研究法応用
学校臨床心理学
心理学的支援法
犯罪心理学
人格心理学
動機づけと情動
健康・医療心理学 など
〈演習〉
総合研究演習I、II
(卒業研究)

授業ピックアップ

臨床心理学概論

臨床心理学の基礎的な考え方を身につけることを目的とし、代表的な理論や、それに基づくアセスメント、セラピーなどについて学びます。

学校臨床心理学

教育領域における心理学的な問題について、また、スクールカウンセラーなど、教育領域で働く専門家や現場について学びます。

心理学的支援法

代表的な心理療法やカウンセリングの特徴を学び、具体的な場面でどのような心理学的な支援ができるかを学びます。

心理実習I・II

3年次から卒業までに本学付属の臨床心理センターおよび、学外の医療・福祉・教育産業・司法関連の施設における実習を通じて、心理臨床専門職に必要となる基本姿勢を学びます。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • 臨床心理学研究室

落ち込んだ気持ちを立て直す方法は?
主な研究テーマは「抑うつ気分からの回復について」。誰もが落ち込んだ経験があると思いますが、こうした気分は、放っておくとうつ病などの精神疾患を引き起こす場合もあります。カウンセリングや医療機関の受診が必要になる前に自分で気持ちを整えて病気を防ぐことを目指し、日常生活の中でできる気分の回復を促す対処方法について、アンケートや実験といった手法を用いて研究しています。研究活動のほか、本学付属の臨床心理センターで乳幼児期の子どもとその保護者を対象とした子育て支援幼児グループの運営にも携わっており、グループには多くの学生が参加しています。乳幼児期は人間形成の原点。この時期の子どもと深く関わることで、人間の本質をつかむことができますし、将来心理臨床の現場で働くときにおおいに役に立つと思います。

臨床心理学は永遠に続く謎解きのような学問。切り口を変えることで次々とテーマが見つかります。精神疾患やストレス、恋愛まで、学生は卒業研究で個々の興味を追究しています。

友田 貴子 教授

Profile
東京都立大学人文科学研究科心理学専攻修了。修士(心理学)。立教大学非常勤講師、日本医科大学付属病院心理判定員、国立精神・神経センター精神保健研究所流動研究員等を経て、2004年本学講師就任、2015年より現職。日本心理学会、日本社会心理学会、日本心理臨床学会、日本パーソナリティ心理学会、日本うつ病学会、American Psychological Association

研究室一覧

取得可能な資格

  • 公認心理師(大学院修士課程修了もしくは規定の実務経験が必要)
  • 臨床心理士(大学院修士課程修了が必要)
  • 認定心理士
  • TOEIC※
※資格支援対策授業実施

主な就職先

  • 社会福祉法人一寿会きたもと寿苑
  • 社会福祉法人明日栄会
  • 社会福祉法人同胞援護婦人連盟
  • 社会福祉法人徳昌会
  • 社会福祉法人三和会
  • 戸田中央医科グループ
  • 弁護士法人かなえ法律事務所
  • 埼玉県警察本部
  • 株式会社イトーヨーカ堂
  • ウエルシア薬局(株)
  • (株)サンドラッグ
  • 綜合警備保障(株)
  • (株)カインズ
  • (株)ベイシア
  • (株)クリエイト エス・ディー
  • (株)ベルク
  • (株)クスリのアオキ
  • 西尾レントオール(株)
  • (株)セキ薬品
  • (株)東急リゾートサービス ほか