グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 人間社会学部 > 心理学科(臨床心理専攻)

心理学科(臨床心理専攻)


2020年度卒業 静野 有華さん|群馬県・学芸館高等学校出身

心の問題についての学びから見えてきた
自分自身の夢とゆずれない軸
心理学に興味を持ったのは、高校生の時に買い物の心理についての本に出会ったから。軽いきっかけで学びはじめたものの、今では心理職にとても惹かれています。公認心理師となるためのカリキュラムが組まれているこの専攻は、目標へ近づくための第一歩となる場所。3年次からは実際にどのような問題を抱えている人がどのような犯罪を起こしてしまう傾向にあるのかや、少年少女たちの非行とそれらを取り巻く社会問題などを中心に臨床心理を学ぶ日々。人の気持ちや状況、それにともなう事件など新たな知識が増えるにつれ、自分の固定観念に気づき、他の人の考え方を受け入れられるようになると同時に、自分の信念も明確になった気がします。将来は、心の傷を抱え、生きづらさを感じている人たちがより良く生きられるような援助をしていける臨床心理士になりたいです。


公認心理師カリキュラムの対応をスタート!

2017年9月15日に「公認心理師法」が施行され、国民の心の健康に関わる国家資格がスタートしました。

本学心理学科および大学院心理学専攻は、「公認心理師」の受験資格が得られるカリキュラムに対応しています。

公認心理師ってどんな仕事をするの?

学校ではスクールカウンセラー、病院では心理職として、悩みを持つ人のカウンセリングや心理検査などを担当します。保健所や子育て支援センターでは、子育ての相談に応じたり子どもの発達を支援します。その他、児童相談所、家庭裁判所、警察、企業の社内相談室、就職支援センター、私設の相談室など、様々な分野で心理職としての支援を行います。

公認心理師カリキュラムって ?

公認心理師カリキュラムでは、心理学に関する幅広い知識の習得と実習指導が必要とされます。
本学では
  1. 臨床心理学と基礎心理学のバランスのとれた授業
  2. 本学併設の臨床心理センターをはじめ、保健医療、教育、福祉領域等施設の充実した実習プログラム
を準備しています。

学びの特徴

人間を深く理解できる心の専門家を目指す

心理学とは、文系や理系の枠組みを超えてすべての社会事象に通じる、奥の深い学問です。臨床心理専攻では、心理学の本質を理解したうえで社会のさまざま場面で、心理学の知識と心理学的な支援の技能を生かしながら生きづらさを抱えている人たちの心のケアを行うスペシャリストを育成します。

学びのポイント

Point1

心理学の専門職を目指せる
カリキュラム構成

心の基本的な働きを学ぶ科学的な心理学である基礎心理学分野と、具体的な心の問題に関わる理論や技法を学ぶ応用的な学問である臨床心理学分野をバランスよく修得。国家資格として活躍の場が広がっている公認心理師の受験資格に必要なカリキュラムにも対応しています。

Point2

実習での体験を交えながら
臨床心理学への理解を深める

少人数の演習授業で心理査定や面接の技法を学んだうえで、3年次からは臨床心理センターなどで実習を行うことで、実りの大きい学びを得られます。大学院進学を視野に入れた質の高い教育を展開するとともに、ゼミや実習を通じて、大学院生との縦のつながりができることも魅力です。

1年次 2年次 3年次 4年次
心理学の基礎を
身につけて
2年次からの学びを
スムーズに
心理学の各領域の
概念をつかむほか
演習や実験で
心理臨床の技能を学ぶ
学内外の施設での
実習を経験して
心理臨床専門職への
意識を高める
興味のある
領域について
卒業研究でまとめる
専門科目 [演習]
基礎演習I・II

[講義科目]
心理学概論I・II
心理学統計法I・II
[演習・実験]
心理学実験
心理演習

[講義科目]
心理学研究法基礎
臨床心理学概論
精神疾患とその治療
福祉心理学
教育心理学
発達心理学
社会心理学
言語心理学
情報処理心理学
認知心理学
学習心理学
知覚心理学
心理学と職業
公認心理師の職責 など
[演習]
一般実験演習I・II
心理的アセスメントI・II

[実習科目]
心理実習I・II

[講義科目]
心理学研究法応用
学校臨床心理学
心理学的支援法
犯罪心理学
人格心理学
動機づけと情動
健康・医療心理学
神経・生理心理学 など
[演習]
総合研究演習I・II
(卒業研究)
教養 情報学概論・情報リテラシー・コンピュータ概論
英語・仏教精神・経済学概論・経営学概論・会計学概論・法学概論
哲学概論・東洋史概論・日本史概論・西洋史概論
スポーツ文化論・宇宙の科学・脳と行動・科学技術史
福祉ビジネス論・インターンシップ・キャリアと自立
人体の構造と機能及び疾病 など

授業ピックアップ

精神疾患とその治療

保健・医療分野における心理臨床や多職種連携のために不可欠な、精神疾患やその治療について学びます。

一般実験演習II

心理学科では3年生から各研究室(ゼミ)に所属し指導教員のもとで自分が関心を持つ研究分野を専門的に学び始めます。

心理的アセスメントII

心理学的な視点から被援助者の問題を把握する技能を学びます。面接技法を学ぶ心理的アセスメントI、心理検査の技能を学ぶ心理的アセスメントIIがあります。

基礎演習II

少人数グループで文献を要約・発表・議論する大学ならではのゼミ形式授業の導入となる1年生の授業です。初めての発表も教員が丁寧にサポートします。

心理演習

コミュニケーション技法、箱庭療法や心理検査の施行体験など、心理臨床に不可欠な技能を体験的に学ぶ2年生の演習授業です。

心理学的支援法

心理学的に人々を支援するにはどのような方法があるのか、心理的アセスメントや心理療法について全般的に学びます。


私の学びと将来の夢

4年 宮内 美桜さん|埼玉県・秀明英光高等学校出身

悩みを抱えた人をひとりでも多く救いたい
その目標に近づくために「社会」を知る
心の問題を抱えている人やその周りの人たちの力になりたいと思い、公認心理師を目指しています。現在は、カリキュラムの一環でもある法律や心理学など、さまざまな内容について学んでいます。私の好きな授業は「関係行政論」。将来、公認心理師として社会に関わっていくうえで必要な施策や法律、基盤となる考え方を学べます。社会の仕組みや社会が大切にしている価値について知ることができるので、視野が広がるんです。資格を取得した後はスクールカウンセラーになり、悩みを抱えた人をひとりでも多く救いたいです。

私の履修スケジュール(2年次)

● 前期
1限目 仏教の歴史と思想 日本国憲法 仏教精神I 英語2
2限目 発達心理学 認知心理学
(知覚・認知心理学II)
心理学概論I 心理学研究法基礎
(心理学研究法I)
3限目 知覚心理学
(知覚・認知心理学I)
臨床心理学
(臨床心理学概論)
西洋史概論 ジェンダー論
4限目 心理学実験 教育心理学 脳と行動 学習心理学
(学習・言語心理学I)
5限目
● 後期
1限目 人体の構造と機能及び疾病
2限目 精神疾患とその治療 言語心理学
(学習・言語心理学II)
情報処理心理学
3限目 英語演習2
4限目 心理演習 心理学と職業
5限目 福祉心理学 関係行政論

研究室一覧

取得できる資格

  • 公認心理師(大学院修士課程修了もしくは規定の実務経験が必要)
  • 臨床心理士(大学院修士課程修了が必要)
  • 認定心理士
  • 認定心理士(心理調査)
  • TOEIC※
※資格支援対策授業実施

就職先業種別割合

※過去5年間の実績

主な就職先

  • 医療法人中沢会 上毛病院
  • (株)エフェクトプラン
  • 国立大学法人名古屋大学 医学部附属病院
  • 児童養護施設 おお里
  • 社会医療法人壮幸会 行田総合病院
  • 社会福祉法人とちの実会 児童養護施設江南
  • 社会福祉法人トポスの会 世田谷区発達障害相談・療育センター
  • 社会福祉法人弘和会 児童養護施設若竹ホーム
  • 社会福祉法人昇栄会 児童養護施設ケヤキホーム
  • さいたま市役所 子ども未来局総合療育センターひまわり学園
  • 熊谷市教育委員会
  • 熊谷児童相談所
  • 深谷市教育委員会
  • 深谷市役所
  • 川越児童相談所 ほか