グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学生生活 > 新型コロナウイルス感染症 感染拡大に伴う措置 > 7月1日(水)以降の授業実施方針について

7月1日(水)以降の授業実施方針について


1.前期期間中(8月7日(金)まで)はこれまで通り遠隔授業(オンライン授業)で実施します。

2.7月1日から,学部4年生・研究生の研究室における研究指導が必要な場合おいて,入構を許可します。
  入構の際に大学正門で学生証による本人確認を行います。
  正門から入構することができる時間帯は、原則として午前9:00~午後6:00とします。
  必ず,指導教員と入構日を確認してから通学してください。
  また、学内での予定された活動が終了した後は、速やかに退構すること。
  1~3年生に対しては入構禁止措置が継続されます。

3.一部科目について集中講義を実施:8月11日(火)から29日(土)
  対象科目:栽培、職業指導I、金属加工実習、機械工学実習
  ※時間割は別途案内

4.前期末定期試験:8月24日(月)から28日(金)
  不合格者に対する再試はありません。

5.集中講義期間:9月1日(火)から30日(水)
  時間割は7月中旬案内

6.前期追試期間:9月7日(月)から9日(水)
  時間割は対象者に個別に案内
  ※追試はやむを得ない事情のため定期試験を欠席した学生に対して,
  ※担当教員が許可した場合に限り行うものです。

7.後期授業開始日を10月2日(金)に変更します。前期と同様に講義12回+補講またはレポート2回となります。
  現時点(6/24現在)では対面講義(通常通り)を予定しております。
  (工学研究科の日程変更は今のところありません)
  詳しくは、学事日程をご確認ください。