グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 情報公開 > 障害がある学生支援に関する基本方針

障害がある学生支援に関する基本方針


 埼玉工業大学(以下「本学」という。)では、以下の基本方針に基づき、身体障害、発達障害、精神障害、その他心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)がある学生(以下「障害学生」という。)の支援を行います。
 この基本方針は、支援制度の基準、根幹を定めたものであり、支援内容については、障害の内容や程度等に応じ、個別に必要かつ合理的な配慮(※1)を検討し、障害学生と十分な協議を経た上で決定します。

1.基本方針

 本学では、本学に在籍する障害学生が、障害のない学生と分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら充実した学生生活を送ることができるよう支援を行います。

2.支援の目的

 本学の障害学生支援は、修学の上で必要に応じて適切な支援を行うことや、支援活動を通じて、より良い人間関係を養うとともに、支援者が障害について理解できる場を提供することを目的とします。

3.支援体制

 障害学生への支援は、学生課を中心に、本学の教職員が必要に応じて学外の関係機関及び専門家とも連携して全学的な体制で行います。学生課は、学生委員会等により検討された支援、障害学生への相談対応、障害学生の学生生活環境づくりについて、学長のリーダーシップのもと、関係部局、学生相談室、保健室等と連携し、支援を行います。
 また、学生・教職員に対して、障害学生の支援に関する理解と啓発に努めます。

4.個人情報の保護と守秘義務

 本学は、支援者が支援をする上で知り得た障害学生の個人情報(障害や相談の内容を含む。)の管理を厳密に行います。第三者に個人情報の開示や提供が必要な場合は、本人の同意を得るものとします。
 ただし、障害学生への連携支援を行うために本学が必要と判断した場合、集団守秘義務を十分に遵守しながら支援者間での個人情報の共有を行うことがあります。


(※1)合理的な配慮とは、個々の障害学生の状態・特性等に応じて本学で得られる機会への平等な参加を保証するために、ニーズに応じた変更・調整を行うことであり、本学の体制面・財政面において均衡を失したまたは過度の負担を要するものではない。また、教育水準や評価基準を変えることや、本学に在籍するすべての学生に対し教育上多大な影響を及ぼすような教育スケジュールの変更や調整を行うものではない。