グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 研究室ガイド > 基礎教育センター

基礎教育センター



基礎教育センター
Foundation Study Center


質の高い教育と
魅力ある授業で基礎を学ぶ

英語研究室[斎藤 昭二 教授]

20世紀最大の詩人とされ、我が国の詩的風土にも大きな影響を与えたT.S.Eliotの研究をしています。初期の詩から読み始め、モダニズム文学の傑作とされる「荒地」を経て、現在後期の大作「四つの四重奏」における時間論に取り組んでいます。また、彼はアメリカで生まれ、後にイギリスに帰化したという二面性を持つので、英米比較文学にも関心を持っています。

主な研究テーマ

  1. T.S.Eliotを中心とする20世紀英米詩
  2. 20世紀英米比較小説

斎藤 昭二 教授

E-mail


専門分野
英語、 英文学


担当科目
英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、発展英語Ⅰ・Ⅱ

工業教育研究室[田中 正一 教授]

学校教育、特に中等工業教育の動向について研究しています。年々、わが国の基幹産業である工業に携わる若年者の教育は高度化しています。若年者の職業指導に視点を置き、工業教育の現状、課題、展開を考察し、現実社会に則した新たな学校教育を追及しています。
また、教員志望学生の支援として、模擬授業、指導案作成、教員採用試験対策(教職・教養、面接、小論等)等を指導しています。

主な研究テーマ

  1. 工業科教育とその方法
  2. 後期中等教育における学校教育および学校経営の研究

田中 正一 教授

E-mail


専門分野
工業教育


担当科目
工業科教育法、職業指導、学習指導、教職論、教育実習、教育実践演習

英語研究室[山路 雅也 教授]

当研究室ではJazz Ageの寵児と目される作家F.Scott Fitzgeraldの作品を研究しています。Jazz Ageとは未曾有の好況に沸いたアメリカの1920年代の別称です。1929年の世界大恐慌をもって終焉を迎えたこの時代は、燦然としたのも束の間その後不況の波に呑まれて消えた日本の80〜90年代バブル期を髣髴させます。Fitzgeraldの作品を考察することはそれ故、アメリカの実像と虚像のみならず日本のそれ等をも探ることに通ずるのです。

主な研究テーマ

  1. 「 失われた世代」の作家群、1920年代アメリカ、F. Scott Fitzgerald研究

山路 雅也 准教授

E-mail


専門分野
アメリカ文学


担当科目
英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、発展英語Ⅰ・Ⅱ

物理研究室[松田 智裕 准教授]

素粒子理論と宇宙論の境目となる分野で研究を行っています。研究の主な目的は、場の理論と重力理論が混在する初期宇宙での現象を観測と理論の両側面から研究し、その奥にある統一理論(ストリング理論など)の性質を知る手がかりや証拠を見つけることです。

主な研究テーマ

  1. CPの破れとバリオン数生成
  2. インフレーション宇宙の揺らぎ生成のメカニズム
  3. Cosmological Defect

 

松田 智裕 准教授

E-mail
ホームページ


専門分野
素粒子理論・宇宙論


担当科目
物理学・物理実験

英語研究室[坂梨 健史郎 准教授]

1930年代から40年代のサセックス・ダウンズメン協会(TheSociety of Sussex Downsmen)の活動について調査・考察を行っています。会長のアーサー・ベケットやその他有力会員たちの協会内外における言動を追うだけでなく、それに対する他の関連団体(ナショナル・トラスト等)や政府の反応を分析することで、サウス・ダウンズの景観保護というこの事例を「イングランドらしさの追求」という全国的な動きの中に位置づけようとする研究です。

主な研究テーマ

  1. 両大戦間期イングランドにおける田園の景観保全活動に関する研究

坂梨 健史郎 准教授

E-mail


専門分野
イギリス社会史


担当科目
英語および英語演習

心理学研究室[高橋 優 准教授]

学習や理解の認知的処理過程について研究しています。最近は、インターネットや情報メディアを利用する際のセキュリティにおける心理学的要因について、実験や調査の手法により検討しています。また、教育における新しいメディアの利用のあり方に関心を持っています。

主な研究テーマ

  1. 学習・理解の認知的処理過程
  2. 情報セキュリティにおける心理学的要因
  3. メディアの理解とその利用

高橋 優 准教授

E-mail


専門分野
認知心理学


担当科目
発達・学習論、メディア教育論、教育相談、教育方法・技術論、教育実習、教職実践演習

機械工作研究室[高橋 俊典 講師]

塑性加工される材料の振る舞いを理論的、実験的に調べることにより、塑性加工を用いた成形手法の探究に取り組んでいます。

主な研究テーマ

塑性加工される材料の振る舞いを理論的、実験的に調べることにより、塑性加工を用いた成形手法の探究に取り組んでいます。

高橋 俊典 講師

E-mail


専門分野
塑性力学


担当科目
MATLABプログラミング、基礎数学演習、線形代数およびコンピュータ演習、基礎線形代数、応用線形代数、微分学、積分学、微分方程式

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。