グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 図書館 > ご利用案内

ご利用案内



図書の利用

貸出

借りたい図書に学生証を添えて、1階カウンターで手続きして下さい。
ただし、延滞している図書がある場合には、新たな貸出はできません。

貸出冊数と期間は右記の通りです。
※平成26年度より、1~3年生は3冊→5冊、4年生は5冊→7冊へ貸出冊数を増冊します。

夏休みなどの長期休暇中は、特別貸出を行うことがあります。
対象 貸出冊数 貸出期間
1~3年生 5冊 和書・洋書  2週間
4年生 7冊 和書・洋書 30日間
大学院生 10冊 和書・洋書 30日間
教職員 50冊 和書・洋書 30日間

継続

借りている図書は1回のみ継続することができます。継続手続きをすると、その日から2週間(4年生・大学院生・教職員は30日間)、 貸出期間が延長されます。ただし、その図書が返却期限を過ぎていたり、予約が入っている場合には継続はできません。

返却

借りた図書は期限内に必ず返却して下さい。また、返却は必ずカウンターで手続きをしてください。(自分で書架に戻さない)
返却期限を過ぎても返却の無い場合は延滞となり、その場合は督促掲示を行います。 

予約

借りたい資料が貸出中の場合、予約することができます。1階カウンターで申し込んで下さい。
なお、延滞している図書がある場合には、予約はできません。

新聞・雑誌の利用

新聞

購読新聞
※購読は、すべて朝刊のみとなります。
※新聞のバックナンバーは8か月分、2階雑誌架に保存しています。
  • 朝日新聞
  • 読売新聞
  • 毎日新聞
  • 日本経済新聞
  • 埼玉新聞
  • 東京新聞
  • Fuji Sankei Business i
  • 日刊工業新聞
  • 日刊スポーツ
  • The Japan Times (含 The NY Times)

雑誌

教職員以外へは雑誌の館外貸出はできません。館内でご利用下さい。
雑誌のバックナンバーについて
※1996年以前に発行された巻号は、12号館に別置してあるため、ご利用になれません。

牧田文庫のご紹介

牧田諦亮氏により寄贈された、中国仏教を中心とした資料約17,000点から成るコレクションです。

図書館1階に設置されています。
フロアマップを見る

牧田 諦亮(まきた たいりょう)

京都大学人文科学研究所名誉所員。文学博士。
浄土宗勧学。滋賀県野洲町念仏寺前住職。
本学園元常任理事、同元学園長。

昭和11年 大谷大学文学部東洋史学科卒業。
昭和14年 京都大学文学部東洋史選科修了。
その後、上海東亜同文書院大学助手、京都大学助教授、同人文科学研究所教授、岐阜教育大学教授を歴任。


視聴覚資料の利用

図書館では、DVD、ビデオテープなどの視聴覚資料を所蔵しています。
1階視聴覚コーナーにある視聴ブース(席数:4)で利用することができますが、資料の種類によって利用法が異なります。

ビデオテープ

ケースの中に本体が入っていますので、棚から選んだらそのまま視聴ブースで自由に視聴できます。
利用後は、必ずテープを頭まで巻き戻したうえでケースに入れ、元の場所に戻して下さい。

DVDなど、その他の資料

ケースのみ棚に並んでいる資料については、ケースをカウンターにお持ちください。
申込用紙に記入していただき、確認後、ディスクをお渡しいたします。利用後はカウンターにご返却ください。
なお、視聴覚資料の館外貸出は、教職員に限ります。
館内の視聴ブースで自分で持ち込んだ視聴覚資料を閲覧した場合、その資料にいかなるトラブルが生じても、図書館は責任を持ちません。   また、再生機器にトラブルが生じた場合、状況によっては機器を弁償していただくことになりますので、十分に注意して利用して下さい。

学外資料の利用(複写・貸借申込フォーム)

以下のサービスは、研究・学習に必要な場合に限ります。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。

文献複写

図書館で所蔵していない図書の一部分や、雑誌論文の複写物を他大学から取り寄せることができます。
申し込みの際には、著作権を遵守してください。

著作権のある資料を複写する際の遵守事項
  • 公表された著作物の一部分(半分を超えない程度)であること
  • 刊行後、相当の期間(次号の刊行まで、あるいは刊行後3ヶ月)を経たものに限ること
  • 複写部数は1部のみであること
  • 調査研究のためであること
  • 有償無償を問わず、再複写や頒布をしないこと

申込方法
下の申込フォームから送信するか、申込書に必要事項を記入のうえ、カウンターへ提出してください。
※送信内容を正しく受け取れない可能性がありますので、
フォームから申し込む際には、機種依存文字(例. ①、Ⅱ、㍻ ) や「 " 」(半角)は使用しないようお願いします。
ホームページから申し込む
申込フォームがうまく作動しない場合は、必要事項を記載のうえ、メール(E-mail:tosho@sit.ac.jp)で送信ください。
カウンターで申し込む
こちらの用紙は、カウンターにも用意してあります。
料金・到着までの日数
大学院生・学部生は依頼先にかかわらず、無料で取り寄せができます。
依頼先 日数 料金 備考
国内の大学図書館
公共図書館
研究機関図書室 など
4日~2週間 依頼先の料金規定による複写料金(1枚30~50円)+郵送料 依頼先への支払い方法が郵便振替・銀行振込・為替の場合は手数料がかかります。
国立国会図書館 約1週間 複写料金(1枚24円)+包装料(150円)+消費税+郵送料 支払い時に郵便振替手数料がかかります。
上記以外の国内外の図書館 依頼先による 依頼先による 国内の図書館に所蔵がない場合、ご希望に応じて海外の図書館へ依頼します。海外の図書館からの取り寄せには時間がかかりますことをご了承ください。
※件数が多い場合、雑誌タイトルや年代により申込館が異なることがありますので、到着が前後します。

相互貸借

図書館で所蔵していない図書を他大学から取り寄せることができます。
申込方法
下の申込フォームから送信するか、申込書に必要事項を記入のうえ、カウンターへ提出してください。
大学院生・学部生は無料で取り寄せができます。
※取寄せた図書については館内のみの利用となります。
※送信内容を正しく受け取れない可能性がありますので、
フォームから申し込む際には、機種依存文字(例. ①、Ⅱ、㍻ ) や「 " 」(半角)は使用しないようお願いします。
カウンターで申し込む
こちらの用紙は、カウンターにも用意してあります

紹介状の発行

図書館相互利用協定校」以外の大学図書館の利用を希望する方は、利用希望日と資料を決めたうえで、カウンターにてお申し込みください。

購入希望図書の申込

研究や学習に必要とする図書の購入希望をされる方は、申込書に必要事項を記入のうえ、カウンターへ提出してください。
内容によっては希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
入手には1~2週間程度かかります。貸出可能になりましたら、ご連絡します。

困ったときには (レファレンスサービス)

図書館では、あなたの学習や研究に必要な資料を探すための援助をします。
なお、以下のサービスは、研究・学習に必要な場合に限ります。

次のような、利用についてわからないことや、質問したいことがある方は、カウンターでご相談下さい。
  • 探している資料が見つからない
  • OPAC(蔵書検索端末)の使い方がわからない
  • 学外の資料を取り寄せて欲しい
  • 他大学の図書館を利用したい
  • 利用について相談したい

資料が見つからない場合、以下のことが考えられます。

  • 配架場所を確認しましたか? 文庫・新書や大型図書は別置されています
  • 前に利用した人が、きちんと元の場所に戻していないかもしれません。目的の番号の付近も探してみて下さい。
  • 他の人が館内で利用している可能性があります。
  • 返却されたばかりで、カウンターにあるかもしれません。

それでも見つからない場合は、以下の入手方法があります。

  • 他大学に直接行き、資料を利用する
  • 他大学から現物を取り寄せる
  • 必要な箇所をコピーして送ってもらう
  • 図書館に購入を依頼する
  • 自分で購入する

このような方法で目的の資料が手に入るかもしれません。
お気軽にご相談下さい。