グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 情報システム学科 電気電子専攻

情報システム学科 電気電子専攻


3年 藤牧 諒さん|長野県・松本県ヶ丘高等学校

「おもしろい」にはワケがある
未知なる世界を拓く実験
最先端のAI技術をはじめ、電車やバス、家電からスマホまで、使われてないものはないのが電気・電子技術。こんなに身近なのに実は知らないことがたくさんで、せっかく学ぶならおもしろいことができそうなところがいいと思いこの専攻を選びました。授業では、一から回路を組み立てて電気を流してみたり、ICチップに電流を流して交流波をオシロスコープで観測してみたりと色々な実験をしています。電子部品や、実際に研究者や技術者たちが使用している装置を使った実験を通して専門的に学べるこの専攻。そこで得られる新たな発見や貴重な経験から、今までの自分には考えられない興味も芽生えてきました。将来の夢は研究者になること。電気・電子技術が活用されている分野の幅広さを知るにつれ、将来の夢の選択肢の幅も広がったと実感しています。


学びの特徴

技術の発展を支えるエンジニアになる

身の回りにある工業製品からインフラとして社会基盤を支える交通機関、建築物に至るまで、電気・電子機器が使われています。さらには理学や医学、農学、建築学、経営学など、様々な分野で電気・電子の技術は活用されています。電気電子専攻では、あらゆる産業分野の未来を支える電気電子系エンジニアを育成します。

学びのポイント

Point1

電気電子技術とさまざまな産業との
結びつきを意識しながら学べる

AIロボットのハードウェア、インターネットのインフラは、電気電子技術が支えています。本専攻では、電気の電力・エネルギー、電子の半導体素子や物性・組み込み技術を含む電気及び電子回路と有線無線通信などを幅広く学び、さまざまな分野で活躍できる電気・電子のオールラウンド技術者を育成します。

Point2

カリキュラムに組まれた資格試験対策講座で
効率よく勉強できる

資格取得対策にも力を入れています。電気主任技術者試験対策講座として、講義科目とは別に指導経験豊富な教員による演習科目を設置しています。さらに、所定の科目を履修し、修了試験に合格することで基本情報技術者試験の一部(午前試験)が免除になります。

1年次 2年次 3年次 4年次
専門科目を学ぶために
必要となる
物理と数学を
ていねいに学ぶ
ハード系から
ソフト系まで
幅広い分野を修得する
卒業後の進路を
視野に入れ
自分の専門分野を
確立させる
卒業研究
スタート
独自の視点で
電気電子を考察
専門科目
(電気電子専攻必修)
情報システム概論I、II
コンピュータ実習I、II
プログラム入門
電気回路I
電気回路演習I
電子回路I
電子回路演習
情報システム実習
電磁気学I
電磁気学演習I
電気電子基礎実験
電気電子専門実験I、II
情報システムゼミ
特別情報システム実験
特別情報システムゼミ
卒業研究I、II
専門科目(選択) 職業指導I、II
回路概論
社会基盤工学
人工知能概論
コンピュータアーキテクチャ
情報セキュリティ概論
工業概論
基礎プログラム言語
基礎プログラミング演習
ネットワーク概論
アルゴリズムとデータ構造I、II
暗号の代数学
材料科学概論
情報とエネルギー
知的財産権
木材加工
分散処理システム
電気機器学
半導体工学
電気法規および電気施設管理
基礎AIプログラム言語
基礎AIプログラミング演習
機械学習
金属加工実習
機械工学実習
情報工学実験I
展開プログラム言語
展開プログラミング演習
離散数学
数値計算法
ソフトウェア設計
データベース
電気回路II
電気回路演習II
電磁気学II
電磁気学演習II
ネットワーク構築と管理
オペレーティングシステム
視覚の幾何学
コンピュータグラフィックスと可視化
MATLABプログラミング
ネットワークコンピューティング
発変電工学
人工知能
展開AIプログラム言語
展開AIプログラミング演習
機械学習と深層学習
応用プログラム言語
応用プログラミング演習
情報工学実験II、III
制御工学
メカトロニクス
ディジタル回路
データ通信
伝送システム理論
電子回路II
電子物性
LSI工学
ディジタル信号解析
CAD/CAM
生体信号処理
情報・符号理論
画像工学
高電圧・放電工学
電気材料
コンピュータビジョン
フィジカルコンピューティング
応用AIプログラム言語
応用AIプログラミング演習
深層学習基礎
システム工学
知能ロボット
ディジタル信号処理
電磁波工学
インテリジェントマテリアル
電気電子設計製図
送配電工学
計測工学
パワーエレクトロニクス
シミュレーション工学
AI・モビリティ
深層学習応用
機械工学概論
理学系科目 物理学I、II
化学I、II
地球科学
基礎生物学
栽培
工業力学
生物学
地学
地球と環境
量子力学 - -
数学系科目 基礎数学および演習I、II
線形代数および演習I、II
微積分および演習I
線形代数およびコンピュータ演習
微積分および演習II
微積分およびコンピュータ演習
統計処理I、II
電気数学
数理解析
複素関数論
応用数学
ベクトル解析
微分方程式
- -
情報系科目 人工知能入門
ICT リテラシー
- - -
キャリア・デザイン科目 キャリア・デザインI
異文化コミュニケーション(海外研修)
情報と職業
情報処理特講I
情報処理特講II
電気技術特講I、II
TOEIC初級I、II
キャリア・デザインII
インターンシップI、II
プレゼンテーション技法
TOEIC中級I、II
外国語科目 英語I、II
発展英語I、II
英語III、IV
発展英語III、IV
- -
一般教養科目 社会学
中国の言語と文化
体育実技I、II
仏教精神I、II
国際関係論
歴史
フランスの言語と文化
ドイツの言語と文化
教育と社会
ボランティアの研究
経営学
経済学
スポーツ文化論
心理学
哲学
思想と宗教
日本国憲法
科学技術史 -

授業ピックアップ

電気電子基礎実験

電気回路の基本となるトランジスタの特性、信号処理回路、計算機によるフィルタやプログラミング論理回路、光通信、電力系の実験を行います。

ディジタル信号処理

様々なディジタルデータを処理する分野です。信号の解析手法について学びその役割や利点などを学びます。

電気電子専門実験II

ICT技術を支える通信・回路系,電力・エネルギー系,材料・デバイス系について実験を通し理解します。

情報システム概論II

電気・電子工学・情報工学をそれぞれ簡潔に説明しハードウェア系分野を重視し、情報工学と電気・電子工学を連携したICT全般について学びます。

電子回路演習

抵抗、インダクタ、キャパシタやダイオードやトランジスタから成る電子回路を例題や演習を通して動作の理解を深めます。

発変電工学

エネルギー問題は社会、また未来の課題です。火力・原子力・水力発電の原理や発電所の構成、再生可能エネルギーや変電所の仕組みについて学びます。


私の学びと将来の夢

3年 石川 悟さん|埼玉県・正智深谷高等学校出身

自作PCのノウハウから拡がる夢は
第2のスティーブ・ジョブズ!?
現在は主に、回路設計や通信機器設計などに必要な電気・電子回路について学んでいます。内容への理解が深まったのは、1年次に電気系統の基礎となる数学関連の内容を学ぶなど、段階を踏んできたおかげです。2年次では実習が増え、初対面の人とディスカッションを行う「キャリアデザイン」や「ボランティア実習」といった授業や、教職の特別活動「理論と方法で行うフルーツバスケット」などが印象的。社会人としての必要なスキルも磨かれた気がします。将来は、MicrosoftやAppleの創始者のような発想力のある人間になりたい。そんな夢に向かう第一歩として、趣味である自作PCのノウハウを活かせる職種に就くことを目標にしています。

私の履修スケジュール(2年次)

● 前期
1限目 アルゴリズムとデータ構造I 情報処理特講II 情報とエネルギー 文化論
2限目 生徒・進路指導の理論と方法 電磁気学I 電磁気学演習I
3限目 知的財産権 電気回路I 情報システム実習 発展英語III 電気数学
4限目 微積分および演習II 電気回路演習I 電気機器学 情報処理特講II
5限目 情報科教育法I 教職論 数学科教育法I 化学I
●後期
1限目 発達・学習論 電気回路II 発変電工学 電気電子基礎実験
2限目 教育方法・技術論 電気回路演習II 道徳教育の理論と方法
3限目 電子回路I 発展英語IV 視覚の幾何学
4限目 電子回路演習 コンピュータアーキテクチャ
5限目 情報科教育法II 日本国憲法 数学科教育法II

研究室一覧

取得できる資格

  • 基本情報技術者※※
  • 応用情報技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • 情報セキュリティマネジメント
  • ITパスポート※
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 電気通信設備工事担任者
  • 電気通信主任技術者
  • 電気主任技術者※
  • 情報検定(J検)
  • CGクリエイター検定
  • 画像処理検定
  • マルチメディア検定
  • 日本ディープラーニング協会のE資格及びG検定
  • TOEIC※
  • 公務員※
※資格支援対策授業実施
※※基本情報技術者試験を午前免除で受験できる制度あり

就職先業種別割合

※過去3年間の実績

主な就職先

  • TDK(株)
  • 日産自動車(株)
  • サンデンホールディングス(株)
  • 東洋水産(株)
  • 富士電機(株)
  • (株)ミツバ
  • 曙ブレーキ工業(株)
  • ジェコー(株)
  • 東芝(株)
  • 住友電設(株)
  • 東京パワーテクノロジー(株)
  • 日本アンテナ(株)
  • キヤノンシステムアンドサポート(株)
  • 澤藤電機(株)
  • 埼玉県教育委員会 ほか