グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 機械工学科 機械工学専攻

機械工学科 機械工学専攻


3年 武田 茉柚|群馬県・沼田女子高等学校出身

工作機械に囲まれて充実の日々学びの成果を車業界で活かしたい
小さい頃から機械いじりが大好きだった私。フライス盤やNC旋盤などの工作機械に触れられる工学実習、真鍮を加工する課題など、機械工学専攻の授業はどれも楽しんで取り組めています。材料の強度・剛性についての知識も増え、材料や用途に応じて使用すべき最適な工作機械も段々とわかるように。そしていま最も興味があるのは自動車です。材料や構造、製造工程などについて知識を深めながら、「自動車工学概論」では、大手自動車メーカーで開発を担当する方の生の声を聞く機会もあり、自動車業界をめざす気持ちは高まるばかり。エンジニア志望ではありますが、営業職も含めて、知識を活かして自動車業界で活躍することが目標です。そしてもうひとつ、主に学校行事の手伝いを行う学生会執行委員会と、地域イベントでボランティアを行う埼玉工業大学赤十字奉仕団の活動を卒業までやり切ることも大切な目標です。

学びの特長

人と環境との共存を実現する技術開発で未来の産業を支えるスペシャリストを育成

現代社会は、パソコン、携帯電話、自動車など、様々な工業技術が暮らしを支えています。個性豊かな“ものづくり”は、人々の笑顔を生み出し、社会に貢献できる素晴らしい学問です。近年の工業技術や工業生産は、品質の高さや生産効率の良さにとどまらず、複雑化・多様化した要素が加わっています。さらには機械を扱う安全性や快適性、地球環境の保全、省エネ・省資源の課題などを常に念頭においた開発が求められています。
本専攻では、機械工学の4大力学である材料力学、機械力学、流体力学、熱力学を基本に、情報・制御や生産・設計システムなど、ものづくりに必要な幅広い基礎知識と応用力を身に付ける教育を行っています。「ものづくり教育」を柱としたカリキュラムを通じて、工業技術の基礎から応用までの知識とスキルの修得に加え、創造力・理解力を育成します。また技術立国である日本の産業界の最先端で活躍できるエンジニアや研究者を育成します。

カリキュラム

自らの「手」を動かすことで
体験的に知識を吸収していく

機械工学専攻では、情報・制御、生産・設計システム、4大力学を基本に、幅広い基礎から応用までを修得できるカリキュラムを構成。特に実習・実験の時間を重視し、早い段階から技術や技能に取り組むことで、自ら考える習慣と“手を動かす技術”を身につけることができます。

1年次 2年次 3年次 4年次
一般教養科目 文化論
社会学
経済学
経営学
言語文化論
歴史
国際関係論
教育と社会
ボランティアの研究
体育実技I、II
日本国憲法
スポーツ文化論
心理学
哲学
思想と宗教 科学技術史
外国語科目 英語I、II
発展英語I、II
英語III、IV
発展英語III、IV
- -
キャリア・デザイン科目 キャリア・デザインI キャリア・デザインII キャリア・デザインIII
TOEIC初級I、II
インターンシップ
プレゼンテーション技法
キャリア・TOEIC中級I、II
数学 基礎線形代数
基礎線形代数演習
応用線形代数
応用線形代数演習
微分学、微分学演習
積分学、積分学演習
微分方程式
複素関数論
確率統計学
ベクトル解析
- -
自然科学 基礎物理実験
基礎化学実験
物理学、物理学演習I、II
化学I、II
地球科学
電磁気学
量子力学
生物学
-
機械工学専攻
専門科目
コンピュータプログラミング
コンピュータ概論
機械要素
機械材料
機構学
自動車工学概論
航空宇宙工学概論
職業指導I、II
工学実習I、II
材料力学及び演習I、II
工業力学及び演習I、II
熱力学及び演習I、II
流体力学及び演習I、II
機械工作法
情報工学
コンピュータ図学
工作機械
CAD基礎製図
計測工学
機械設計法及び演習
工学実験I、II
機械力学及び演習I、II
制御工学及び演習I、II
伝熱工学
設計製図I、II
精密加工学
数値計算法、数値計算法演習
電子工作実習
メカトロニクス
工学プロジェクト
流体機械
空気力学
塑性加工
卒業研究I、II
・固体変形の研究
・機械加工の研究
・塑性加工の研究
・燃焼の研究
・エンジンの研究
・自動車の研究
・気体力学の研究
・衝撃波の研究
工学倫理
生産工学
環境工学
内燃機関
システム工学
ロボット工学
工業法規
補習授業
資格対策
基礎数学演習
基礎物理演
情報処理特講I、II - -

授業ピックアップ

材料力学

機械や構造物に用いられる材料の強さや変形に対する抵抗、部材の安定性などについて学ぶ、機械工学にとって重要な科目のひとつです。

流体力学

流体というのは空気や水など、力を加えることなく自由に変形する物質のこと。その性質を例題を解きながら、“覚える”ではなく“理解する”ことをめざして学びます。

機械力学

機械の高速化・軽量化・自動化を図るには、機械の動きを理解する必要があります。講義では機械の動きをモデル化し、具体的に設計へと結び付けていく方法を学びます。

熱力学

自動車のエンジン、ガスタービン、火力発電所など、社会には様々な熱動力機関が存在します。これら熱機関の作動原理となっている熱力学の諸法則について学びます。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • 成形技術研究室
  • 自動車から医療まで、樹脂の可能性を広げる技術を追究

樹脂や金属を型に流し込み部品を製造する「金型技術」は、ものづくりの根幹技術となるもの。成形技術研究室では企業との共同研究も行いながら、主に樹脂の特性を活かしたさらなる軽量化や、金属材料にも劣らない強度向上を目指す研究を進めています。例えば、直径1mm以下の細い樹脂製のパイプをつくり、医療など多分野に活かすことも可能。この樹脂成形の品質を左右するポイントは、高温で溶かした樹脂を金型に流し込む際のスピードや温度。これらの最適な条件を探り当てることで、不良率の低減にもつながります。
従来は、いわゆる“職人の経験や勘”に頼ることが多かった技術ですが、効率的に高品質な樹脂製品を生み出すためには、多様な条件下で行った実験で得られたデータを細かく分析することが不可欠。必要な形状や強度に応じた最適な成形条件を見つけ出すための分析能力を高めていくことで、多様なものづくりに応用できる樹脂成形のスペシャリストへと成長できるはずです。

福島 祥夫 教授

Profile
長岡技術科学大学大学院工学研究科修士課程機械システム専攻修了、群馬大学大学院工学研究科生産システム専攻博士課程修了。博士(工学)。民間企業(機械工具の研究開発)、群馬県立群馬産業技術センター(中小企業の開発支援)を経て、2015年工学部機械工学科教授として着任。現在は産学官連携による共同研究を中心に活動。

研究室一覧

取得可能な資格

  • CAD利用技術者試験※
  • ガス溶接技能者
  • ボイラー技士
  • 基本情報技術者※※
  • 公務員※
  • 電気通信設備工事担任者
  • 電気通信主任技術者
  • ITパスポート
  • 情報処理活用能力検定
  • CG検定
※資格支援対策授業実施
※※基本情報技術者試験を午前免除で受験できる制度あり

将来の進路

  • 大学院進学

  • 民間企業
    調査・研究/開発(ソフト・ハード)/設計/生産技術/品質管理/生産管理/システムエンジニア/フィールドエンジニア

  • 教員
    中学校(技術)/高等学校(工業)

  • 公務員