グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 生命環境化学科 応用化学専攻

生命環境化学科 応用化学専攻


4年 黒﨑 可奈子|群馬県・明和県央高等学校出身

化粧品開発につながる新規化合物を合成したい!
化粧品の開発に興味があって、応用化学専攻を選びました。もともと肌に悩みを抱えていて、化粧水や乳液の成分には人一倍こだわっていました。そこで、自分と同じ悩みを持つ人に喜んでもらえるような化粧品をつくりたいと考えました。応用化学専攻では、有機化学・無機化学はもちろん、生物学や物理学の基礎まで幅広く学びます。2年次には、生物学系の実習でたんぱく質から機能を持つ酵素を見つける実験を経験し、化学とバイオの融合領域にも興味が出てきました。その後、3年次からは、有機化合物の合成をテーマにした研究室に所属し、化粧品開発につながるような新規化合物の合成に挑戦しています。将来の夢は、化粧品業界などで、大学で学んだ知識を役立てること。製品に含まれる成分をしっかり理解した上で、新商品の企画などに携わりたいです。

学びの特徴

人と環境が調和できる社会のために「化学」の力で未来を切り開く

環境に調和した新素材や新材料の開発は、人々の快適な暮らしと社会に必要不可欠な技術です。さらに、地球環境に配慮した開発が求められています。本専攻では、先端材料・食品・医薬品・エネルギー・環境・農林水産などにおいて、未来の産業界を支える幅広い分野に対して、「化学」の力で貢献できる専門技術者や研究者を育成します。
衣料・食品・医薬・美容用品・電化製品・電池・建材・自動車といった私たちの身の回りにある製品においては、品質向上や新製品開発力が要求されています。新しい技術や開発のできる技術者を養成するために、有機化学・無機化学・物理化学・分析化学・材料化学など、高度な化学の専門知識と最新技術を、体系的なカリキュラムと多彩な実験・実習を通じて系統的に学びます。化学の基礎から高度な専門までの知識と技術の修得はもちろん、新たな問題を発見し、自らその課題を検証できる想像力豊かな力と柔軟な対応力、倫理観を身に付けたエンジニアの育成を目標としています。

カリキュラムの特色

少人数編成クラスからスタートすることで
着実な成長を実現する

応用化学専攻では、化学をベースとした科学技術の専門知識や技術を身につけるためのカリキュラムを用意。特に1年次には、少人数編成で高校の化学を学んだ上でステップアップしていきます。また「化学」の力をさらに活かすために、『バイオ・環境科学専攻』科目を選択することも可能です。

1年次 2年次 3年次 4年次
一般教養科目 文化論
社会学
経営学
地域学
歴史
国際関係論
教育と社会
中国の言語と文化
ドイツの言語と文化
フランスの言語と文化
ボランティアの研究
仏教精神I、II
体育実技I、II
心理学
日本国憲法
スポーツ文化論
哲学
経済学
思想と宗教
- -
外国語科目 英語I、II
発展英語I、II
英語III、IV
発展英語III、IV
- -
キャリア・デザイン科目 キャリア・デザインI、II 情報処理I、II
TOEIC初級I、II
働くことの科学と実践I、II
キャリア・デザインIII
TOEIC中級I、II
インターンシップI、II
キャリア・デザインIV
数学系科目 基礎数学
線形代数
微分学
積分学
確率統計学
微分方程式 - -
理学系科目 基礎化学実験
基礎化学
展開化学
基礎物理実験 
生物学実験 
基礎科学計算
生活の科学
生命の科学
環境の科学
基礎生物学
生物学
物理学I、II
地学
地学実験
地球科学 - -
専門科目
共通科目
生命環境化学特論
コンピュータ・プログラミング
生命環境化学基礎実験I、II
生態環境科学
分析化学
生命環境化学専門実験I、II
生命環境化学ゼミ
機器分析
安全工学
生命環境化学特別演習
卒業研究I、II
専門科目
バイオ・環境化学系科目
- 生化学I、II
細胞生物学
食品科学
免疫学
環境計測I、II
生化学III
タンパク質科学
バイオテクノロジー
生体機能学
神経生物学
微生物・ウイルス学
植物生理学
環境計量I、II
環境化学
資源エネルギー化学
環境関係法規
環境分析
専門科目
応用化学系科目
- 有機化学I、II
物理化学I、II
無機化学I、II
化学工学
有機化学III
物理化学III
無機化学III
電気化学
コンピュータ化学
無機材料化学
有機材料化学
高分子化学

専攻の主な科目

生命の科学

快適な生活を送るための生活環境とエネルギー、身近な有機材料や炭素材料に着目した科学技術に焦点をあて、身近な生活環境を科学的視点から捉えられる素養を身につけます。

無機化学

金属材料、セラミック材料、複合(ハイブリッド)材料など、多くの分野で開発されている無機化合物の特徴や性質、反応性との関わりを、物理化学的な視点から系統的に学びます。

電気化学

リチウムイオン電池、電力貯蔵など現代の生活において欠かせない電気化学について、電気エネルギーと化学エネルギーの相互変換の原理と様々な応用技術を学びます。

生命環境化学基礎実験

データに基づく考察が欠かせない化学実験を行う力を身につけるために、実験操作の基本原理、装置類の基本操作の習熟を目的とした課題を取り上げていきます。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • 環境計測化学研究室
  • 「化学のチカラ」で持続可能な社会を実現するための新たな技術を開発

「化学」の知識を駆使して、私たちの生活をより便利で楽しいものにするための仕組みを開発しています。
研究テーマの1つは「水素水の濃度センサ」の開発。研究室では、窒素原子を含むカーボン系電極材料を用いて、水素の濃度情報を直接電気信号に変換することに成功。このセンサを使えば、試料1滴で水素水中の水素濃度を計測可能です。画期的な発見に企業からも注目が集まります。
2つ目は、「創エネルギー」に関する研究。具体的には、自動車用燃料電池で使われる白金に代わる電極材料を探索しています。高価な白金に代わる新材料が見つかれば、大幅なコスト削減が可能になります。さらに、大学全体で研究を進めているのが、「レドックスフロー電池」の開発。サイクル寿命が長いのが特長の蓄電池で、充放電サイクルがスマートフォンなどで採用されているリチウムイオン2次電池が約15000サイクルなのに対し、10万サイクル以上の使用が可能です。現在、学内で実用化に向けた実証研究も進められています。

松浦 宏昭 准教授

Profile
埼玉工業大学工学部卒業、筑波大学大学院数理物質科学研究科一貫制博士課程修了。博士(理学)。精密機器メーカーでのエンジニアを経て、2011年工学部生命環境化学科講師として着任。2015年より現職。専門分野は、電気分析化学、材料化学。

Research

白金( プラチナ)に代わるカーボンフェルトを用いた水素ー酸素燃料電池の電極材料を開発。
燃料電池のコスト削減に貢献します。

研究室一覧

取得可能資格

  • 毒物劇物取扱責任者
  • 環境計量士※
  • 公害防止管理者※
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 衛生管理者
  • 作業環境測定士
  • 浄化槽管理士
  • ITパスポート※
  • 公務員※
  • ※資格支援対策授業実施

将来の進路

  • 民間企業
    研究・技術開発/品質管理/生産技術/企画開発/生産管理/製造技術(薬品、化成品)/機器分析・解析サービス/設計・デザイン/営業・フィールドエンジニア/システム保守エンジニア

  • 大学院進学

  • 教員
    中学校(理科)/高等学校(理科)(申請中)

  • 公務員