グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 生命環境化学科 応用化学専攻

生命環境化学科 応用化学専攻


3年 小池 柊人さん|長野県・岡谷工業高等学校出身

知れば知るほどトリコに
化学技術の可能性は無限大
この専攻を選んだのは、高校から学んできた化学の専門知識を身につけることができそうだったから。今は、色々な種類の化学の実験を通して実践的なスキルを磨いています。グループに分かれて実験をする中で、過程や結果について、みんなの意見をまとめることが多いのでコミュニケーション力が磨かれ、人間的に成長できていると実感しています。また、実験科目はレポートの作成が大変。図書館に行き、専門書を見て調べ直したり、親身になってくれる先生方や同じ専攻の先輩に相談しながら完成させています。化学の力を知れば知るほど、自分の周りがどれだけ化学技術に支えられているかを思い知らされ、新たな興味がどんどん湧いてくるのも、この専攻のおもしろさのポイント。将来はこの経験や実習で培った技術を活かせる仕事に就きたいです。


学びの特徴

人と環境の調和を「化学」で実現

社会の持続可能な発展や人々の快適な暮らしの実現に欠かせないのが地球環境と調和した新素材や新材料の開発です。
実社会との結びつきが深い応用化学専攻では、先端材料や食品、医薬品、エネルギー、環境農林水産といった産業界を「化学」の力で支えられる専門性の高い技術者や研究者を育成します。

学びのポイント

Point1

体系的なカリキュラムで
化学技術に関する知識を習得

人々の身のまわりにある製品は、品質向上や新製品の開発を要求されるなかで生まれています。新しい技術を生み出し、新製品を開発できる技術者を養成するために、有機化学に無機化学、物理化学、分析化学、材料化学など、高度な専門知識と最新技術を体系的なカリキュラムと多彩な実験・実習を通じて系統的に学びます。

Point2

実社会の課題に挑戦できる
専門知識と思考力を修得できる

化学の基礎から専門までの知識と技術の修得はもちろん、新たな問題を発見し自らその課題を検証できる豊かな想像力とさまざまな領域に応用できる柔軟な思考力や対応力、倫理観を身につけたエンジニアの育成を目指しています。さまざまな分野を横断的に研究した卒業生は、幅広い分野で活躍しています。

1年次 2年次 3年次 4年次
少人数編成クラスから
スタート
化学を基礎から学んで
着実に成長
化学をベースとした
科学技術の専門知識や
技術を知る
実社会を
視野に入れながら
より高度で
専門的な知識を修得
自分の専門領域を
見つけて
卒業研究で深める
専門科目
共通科目
生命環境化学特論
コンピュータ・プログラミング
生命環境化学基礎実験I、II
生態環境科学
分析化学
生命環境化学専門実験I、II
生命環境化学ゼミ
機器分析
安全工学
生命環境化学特別演習
卒業研究I、II
応用化学系専門科目 - 有機化学I、II
物理化学I、II
無機化学I、II
化学工学
有機化学III
物理化学III
無機化学III
電気化学
コンピュータ化学
無機材料化学
有機材料化学
高分子化学
-
バイオ・環境化学系専門科目 - 生化学I、II
細胞生物学
食品科学
免疫学
環境計測I、II
生化学III
タンパク質科学
バイオテクノロジー
生体機能学
神経生物学
微生物・ウイルス学
植物生理学
環境計量I、II
環境化学
資源エネルギー化学
環境関係法規
環境分析
-
理学系科目 基礎化学実験
基礎化学
展開化学
基礎物理実験
生物学実験 
基礎科学計算
生活の科学
生命の科学
環境の科学
基礎生物学
生物学
物理学I、II
地学
地学実験
地球科学 - -
数学系科目 基礎数学
線形代数
微分学
積分学
確率統計学
微分方程式 - -
情報系科目 - 人工知能入門
ICT 概論
ICT リテラシー -
キャリア・デザイン科目 キャリア・デザインI、II
異文化コミュニケーション(海外研修)
情報処理I、II
TOEIC初級I、II
キャリア・デザインIII
TOEIC中級I、II
インターンシップ
キャリア・デザインIV
外国語科目 英語I、II
発展英語I、II
英語III、IV
発展英語III、IV
- -
一般教養科目 社会学
経営学
歴史
国際関係論
教育と社会
中国の言語と文化
ドイツの言語と文化
フランスの言語と文化
ボランティアの研究
仏教精神I、II
体育実技I、II
心理学
日本国憲法
スポーツ文化論
哲学
経済学
思想と宗教
- -

授業ピックアップ

基礎化学実験

高校の教科書に載っているような化学反応について、実験を通して理解していきます。

生命環境化学専門実験Ⅱ

化学の花形ともいえる「合成化学」について、実験を通して理解を深めていきます。

生命環境化学基礎実験Ⅱ

無機化学・有機化学・物理化学といった大学で学ぶ化学に必要な反応や測定方法について、実験をします。

無機材料化学

金属やセラミック・半導体といった無機材料の利用について、原理から利用法について説明します。

展開化学

展開化学

大学で学ぶのに必要な化学について、必要な知識を身につけます。2018 年度ベストレクチャー賞受賞。

有機化学Ⅱ

生物を始めとして食物、医薬品、繊維、プラスチックなどの有機物の化学的な現象と利用法について説明します。


私の学びと将来の夢

3年 小林 明日香さん|群馬県・桐生女子高等学校出身

化学物質のすばらしさを体感したことが私の原点
この学びを身近なものに役立てたい
1年次から充実した内容の実験が待っています。授業で学んだ知識を生かしながら、自分なりに立てた仮説を実験で検証するというプロセスが楽しいですね。新たな発見をすることにもやりがいを感じます。私がこの専攻を選んだきっかけは、中学校の頃にさかのぼります。肌荒れに悩まされていた当時、自分に合った化粧水と出会って肌荒れを治すことができたんです。化学物質のすばらしさを体感して芽生えた有機化学への興味。この学科では「身近なものにどう役立つんだろう、どう活かせるんだろう」という視点を持ちながら専門的な内容を学べるおかげで、その興味は深まる一方です。

私の履修スケジュール(2年次)

● 前期
1限目 理科教育法Ⅰ 分析化学 仏教精神Ⅰ 無機化学Ⅰ
2限目 生徒・進路指導の理論と方法 細胞生物学 環境計測Ⅰ
3限目 教育と社会 生化学Ⅰ 有機化学Ⅰ 生命環境化学
基礎実験Ⅰ
4限目 哲学 英語Ⅲ 発展英語Ⅲ
5限目 教職論
● 後期
1限目 理科教育法Ⅱ 免疫学
2限目 教育方法・技術論 生化学Ⅱ 無機化学Ⅱ 道徳教育の理論と方法 有機化学Ⅱ
3限目 環境計測Ⅱ 食品科学 化学工学 生命環境化学
基礎実験Ⅱ
4限目 英語Ⅳ 発展英語Ⅳ
5限目 日本国憲法

研究室一覧

取得できる資格

  • 毒物劇物取扱責任者
  • 環境計量士※
  • 公害防止管理者※
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 衛生管理者
  • 作業環境測定士
  • 浄化槽管理士
  • ITパスポート※
  • 公務員※
  • TOEIC※
  • ※資格支援対策授業実施

就職先業種別割合

※過去3年間の実績

主な就職先

  • (株)資生堂
  • 山崎製パン(株)
  • リンテック(株)
  • 三益半導体工業(株)
  • 日本ケミコン(株)
  • マルハニチロ(株)
  • (株)フジキン
  • (株)ミツバ
  • 前澤化成工業(株)
  • 大成ラミック(株)
  • わらべや日洋(株)
  • (株)東京めいらく
  • 資生ケミカル(株)
  • 日本ペイント防食コーティングス(株)
  • 岩手県教育委員会 ほか