グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 機械工学科 ロボティクス専攻

機械工学科 ロボティクス専攻


4年 安土 拓見|群馬県・高崎経済大学附属高等学校出身

エンターテインメントとロボティクスを融合して、日常生活を楽しくする仕組みをつくりたい!
ロボットは、さまざまなパーツを組み合わせ、プログラミングで制御することで成り立っています。そのため、材料から力学の理論、プログラミングの専門知識までトータルで学べるのがロボティクス専攻の魅力です。なかでも面白いのは、実習・実験系の授業。自分で組んだプログラムで、ロボットが思い通りに動いたときの感動はたまりません。しかし、実験はうまくいかないことが大半。その原因を追究し、考える作業も楽しんでいます。授業以外では、演劇サークルの活動をしていることもあり、エンターテインメントとロボティクスの融合に興味があります。将来の目標は、ライブや演劇公演、アート展示などをサポートするロボットを開発すること。人間とロボットが力を合わせて、日常生活を面白くするような仕組みをつくり出したいです。

学びの特徴

人を中心とした“ものづくり”を目指して未来の産業界を支える先端技術を学びます

産業用ロボットをはじめとし、工業、医療・福祉など、様々な分野でロボットのニーズが高まっています。製造現場で人に代わってロボットが作業を行うだけでなく、多くの工業製品にロボット技術が使われています。産業界においてロボットやその技術の応用はさらに発展するでしょう。
ロボット開発には、機械工学だけでなく、電気・電子や情報分野の知識と技術も必要となります。本専攻では、工学の基礎が身に付くカリキュラムを学びながら、ロボット技術の基礎・応用的な知識や技術をも同時に修得します。さらには柔軟で多様な物の見方や豊かな発想力とコミュニケーション能力を養います。次世代のロボット開発だけでなく、自動車、電機業界など、様々な分野でものづくりを通して、社会に貢献できる人材を育成しています。

カリキュラムの特色

機械工学の基本から応用
さらにロボット技術を合わせて学んでいく

ロボティクス専攻では、工業技術のベースとなる4大力学と実践を学び、ものづくりの幅広い基礎知識から応用までを修得できるカリキュラムを構成しています。さらには「安心・安全なシステムの設計法」を学び、人間主体の安心・安全のロボットや機械システムの具現化に力を入れています。

1年次 2年次 3年次 4年次
一般教養科目 文化論
社会学
経済学
経営学
地域学
歴史
国際関係論
教育と社会
中国の言語と文化
ドイツの言語と文化
フランスの言語と文化
ボランティアの研究
仏教精神I、II
体育実技I、II
心理学
日本国憲法
スポーツ文化論
哲学
思想と宗教 科学技術史
外国語科目 英語I、II
発展英語I、II
英語III、IV
発展英語III、IV
- -
キャリア・デザイン科目 キャリア・デザインI
キャリア・デザイン入門
キャリア・デザインII キャリア・デザインIII
働くことの科学と実践I、II
インターンシップI、II
TOEIC初級I、II
TOEIC中級I、II
プレゼンテーション技法
数学系科目 基礎線形代数
基礎線形代数演習
応用線形代数
応用線形代数演習
微分学
微分学演習
積分学
積分学演習
微分方程式
確率統計学
複素関数論
ベクトル解析
- -
理学系科目 基礎物理実験
物理学I、II
物理学演習I、II
化学I、II
地球科学
電磁気学
生物学
量子力学
-
ロボティクス専攻
専門科目
コンピュータ・プログラミング
機械工学概論
職業指導I、II
工業力学及び演習
機械材料
ロボット学概論
ロボット製作法
ロボット製作演習
工学実習I、II
材料力学及び演習I、II
熱力学及び演習I
流体力学及び演習I
機械工作法
コンピュータ図学
情報工学
CAD基礎製図
機械設計法及び演習
機構学
計測工学
Cプログラミング及び演習I、II
工作機械
機械力学及び演習I、II
工学実験I、II
制御工学及び演習I、II
設計製図I、II
工学プロジェクト
メカトロニクス
ロボット工学
移動ロボット・プロジェクト
電子工作実習
応用数値計算法
環境工学
工学倫理
工業法規
卒業研究I、II
補習授業・資格対策 基礎数学演習
基礎物理演習
情報処理特講I、II

専攻の主な科目

ロボット学概論

ロボティクス専攻での学びの全体像をしっかりと把握。ロボットの定義や歴史からはじまり、ロボット技術の広がりと奥の深さを感じていきます。

ロボット製作法

ロボットづくりにおける開発手順や基本設計等について学習。ロボットをつくる際の考え方、手法、必要技術を、教材ロボットを用いて講義します。

ロボット工学

ロボットの構造・機構、それを動かす駆動源を含む全体構成システムの設計法、それらを目的通り動かす制御システム、センサ、コントローラについて学びます。

移動ロボット・プロジェクト

センサを装備した移動ロボットを用いて、障害物を回避しながら目的地点に移動するプログラムを作成。実践的なロボット開発法を学ぶプロジェクト型講義です。

研究室紹介

研究室ピックアップ

  • 制御工学研究室
  • “どう動かすか”を数式でイメージし、ロボットを思い通りに制御する

「制御工学」はモーターなどを用いてモノを動かすための学問。産業技術の発展には欠かせない分野です。研究室では、新しい制御の理論や技術の開発、さらに実システムへの応用に関する研究に取り組んでいます。そのひとつが「時間遅れがあるシステムの制御に関する研究」です。離れた位置にある機械を動かす場合、命令をしてから1~2秒遅れて反応します。そのため、その遅れを予め予測して動かすことが必要になるのです。この “予測してモーターを動かす”部分に制御工学が必要になるのです。制御工学の難しさは “どう動かすのか”ということを数式でイメージするところから始めなければならないところにあります。まずは実際にロボットを制作し、動かすところから徐々に制御工学に対する理解を深めていきます。もし、自分がイメージする通りにロボットを動かしてみたい、という思いがあるのなら研究室をたずねてみてください。ロボットを動かす研究は、とても面白いと思いますよ。

萩原 隆明 講師

Profile
群馬大学工学部機械システム工学科卒。群馬大学大学院博士課程修了。博士(工学)。群馬大学アドバンストテクノロジー高度研究センター(現:群馬大学高度人材育成センター)の非常勤研究員を経て、2012年工学部機械工学科講師として着任。

Research

遠隔操作システムの実験。連結された2本のアーム。
片方のアームの動作を、反対側のロボットアームが再現する。

研究室一覧


取得可能資格

  • CAD利用技術者試験※
  • ガス溶接技能者
  • ボイラー技士
  • 基本情報技術者
  • 公務員※
  • 電気通信設備工事担任者
  • 電気通信主任技術者
  • ITパスポート
  • 情報処理活用能力検定
  • CG検定
※資格支援対策授業実施

将来の進路

  • 民間企業
    ロボットエンジニア/機械技術者/メカトロエンジニア/IT技術者/システムエンジニア/エレクトロニクス技術者/マシンデザイナー/セールスエンジニア

  • 大学院進学

  • 教員
    中学校(技術)/高等学校(工業)(申請中)

  • 公務員