グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 教職課程 > 教職課程について

教職課程について


教員志望の皆さんへ
 埼玉工業大学には、中学校、高等学校の教員になるための教職課程が設置されています。本学の教職課程で取得できる免許状の種類及び免許教科は、中学校教諭1種免許状及び高等学校教諭1種免許状が取得できます。また、免許教科は、「技術」「工業」「理科」「数学」「情報」「社会」「地理歴史」「公民」が取得できます。学科ごとに取得できる免許状が決まっていますので、所属する学科の免許状を取得してください。
 教員免許状を取得するためには、教職課程に登録しなければなりません。教職課程への登録は1年次または2年次に行い、卒業までに「教科及び教科の指導法に関する科目」「教育の基礎的理解に関する科目等」「大学が独自に設定する科目」「免許法施行規則第66条の6に定める科目」を履修し、免許状取得に必要な科目及び単位を修得しなければなりません。「教科及び教科の指導法に関する科目」では、各学部・学科で用意されている「教科に関する専門的事項の科目」と「各教科の指導法」を学びます。また「教育の基礎的理解に関する科目等」は、教員になるための専門科目である「教育の基礎的理解に関する科目」「道徳、総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導、教育相談等に関する科目」「教育実践に関する科目」を学びます。「教育実践に関する科目」には教育実習が含まれます。
 この冊子『教職課程の手引』では、教職課程に登録した日から教員免許状を手にする日まで、どのような手続きが必要なのか、どの科目を履修すればよいのか、どのような支援制度があるのかを具体的に記述しています。必ず熟読して、計画的な履修を心掛けてください。
 埼玉工業大学は、「埼玉工業大学における教員養成の理念」にある教員養成を目標にし、これまで埼玉県、群馬県を中心に教員を輩出してきました。是非、強い意志を持って教職課程を履修し、中学校、高等学校の教員として活躍して欲しいと願っています。