グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教育研究上の3つの方針 > 工学部 機械工学科

工学部 機械工学科


1. アドミッション・ポリシー(AP)

機械工学科では、建学の精神に基づいて、使命感・人生観・連帯感を有した機械系技術者や教育者を、ものづくり技術やロボット技術を通して育成するため、次のような資質・能力を複数備えた学生を求める。
<知識・技能>
  • 本学の機械工学科の学びに必要な基礎的知識(数学・理科)を身につけ、機械の原理・法則を学ぶための力学に関連した基礎教育に十分対応できる能力を有している。
  • 本学の機械工学科機械工学専攻の学びに必要な基礎的技能(工作、電気、プログラミング等)を身につけ、科学的に探究して解決に取り組むチャレンジ精神を有している。(機械工学専攻)
  • 本学の機械工学科ロボティクス専攻の学びに必要な基礎的技能(工作、電気、プログラミング等)を身につけている。(ロボティクス専攻)

<思考・判断・表現>
  • 自分の考えや質問の答えを明確に説明することができる。
  • 文章理解力や作文能力を身につけている。
  • 基礎的な英語力を身につけている。

<主体性・意欲・協働性>
  • 機械システムやものづくり技術やロボット技術に強い興味があり、機械系技術者になることを希望する。
  • ものづくりに強い関心を持ち、継続して学習する意欲がある。
  • 技術者として社会に貢献しようとする意欲がある。
  • 仲間と協力し、物事を進めることができる。

<入学者選抜>
  • 機械工学科においては、以上の資質・能力等を総合・多面的に評価するため、AO入試・一般入試・大学入試センター利用入試・推薦入試で入学者選抜を実施する。

2. カリキュラム・ポリシー(CP)

<教育方針>
機械工学専攻では卒業生が社会で活躍できるように、在学中に学生が学力・思考力・判断力・創造力を身につけられるように教育課程を編成し、真の実力を養成できることを方針としている。そのために、(1)機械工学の基礎となる原理・法則を学ぶ、(2)機械の機構・動作の仕組みを学ぶ、(3)ものづくりのために必要な技術・技能を学ぶ、を3つの柱としている。
ロボティクス専攻では実際の機械やロボットを用いながら講義・演習・実習を通して、建学の精神である使命感、人生観や連帯感を有し、社会に貢献できる機械系技術者や教育者を育成している。

<教育内容>
専門科目の基礎をなすとともに教養豊かな社会人に必須の共通基礎科目と、機械工学の基礎となる専門科目から構成されている。
共通基礎科目はさらに、(1)工学基礎である数学・物理学を中心とした理数系基礎科目、(2)国際社会で活躍する人のリテラシーを養うための英語能力や、自分の考えや質問の答えを論理的かつ明確に説明する能力養成のための科目、(3)機械系技術者の仕事や働くことの意味を理解させ、社会で活躍する準備をするための科目、(4)豊かな教養と深い人間性を養うための人文科学・社会科学関連の科目から構成されている。
機械工学専攻では専門科目は、(1)技術者としての基礎全般を学ぶ科目、(2)機械の原理・法則を学ぶための材料力学、機械力学、熱力学、流体力学に関連する専門科目の基礎となる科目、(3)機械の機構・動作の仕組みを学ぶための機構学、メカトロニクス、計測工学などの科目、(4)機械に関する技術・技能を学ぶための実習および実験、工作機械や加工学、機械設計法やCAD基礎製図から成っている。ロボティクス専攻には、さらにロボットシステムのシステム構成および要素技術に関する専門知識を身につけさせる科目も含まれている。
機械工学科では、これらの科目を無理なく年次的に学習できるように編成している。重要な科目については必修科目にし、基幹科目についてはさらに演習を付けて実力が養成できるように考慮している。このことにより、機械工学科で学んだ幅広い専門知識や教養を活用し、未解決の問題に計画的に取組み解決する能力や、社会の要求に対応するための創造的な思考ができる能力を育成している。また、機械工学の総合的な学習経験を生かして、高等学校工業・中学技術教員になることを目指す者には、教員免許状取得のための指導を行っている。

<教育方法>
機械系ものづくりのための工作機械や計測技術を実践的に学び、実際に機械を通して機械系ものづくりのための基礎的技術・技能を修得している。ロボティクス専攻では、ロボットに触れながら、機械システムやロボットシステムの実用例を系統立てて体験し実践力を修得している。
機械工学は、他の理科系の学問分野と同様に、基礎をなす幾つかの基幹科目を確実にマスターしなければ先に進めない。したがってそれらの実力は講義を聴講するだけでは養うことができない。そのため、必修科目である材料力学及び演習Ⅰ、機械力学及び演習Ⅰ、熱力学及び演習Ⅰ、流体力学及び演習Ⅰ、制御工学及び演習Ⅰでは講義と演習が一体化されている。また、選択必修科目の材料力学及び演習Ⅱ、機械力学及び演習Ⅱ、熱力学及び演習Ⅱ、流体力学及び演習Ⅱ、制御工学及び演習Ⅱも同様の扱いになっている。つまり、演習によって原理・法則の知識を定着させるようにしている。学生は与えられた問題を自ら解こうとする作業を通じて頭を働かせ、自分が理解している点と理解していない点を明確に把握することができる。それによって、問題点が明らかになり、よりよい理解へ繋がるよう配慮されている。
高校理数系科目を十分履修してこなかった学生には、工学の基礎をなす理数系基礎科目の補修科目を設けている。さらにコンピュータに関する知識とプログラミングスキルを、演習を行いながら学んでいる。また、主に英語を学習到達別クラスで学習し、TOEIC対策も行っている。
自分が主体となって問題を設定したり、問題解決の道筋を考えたり、結果を判断して問題解決のための新たな方法を模索したりする、実践的な作業は社会で活躍する時に求められる汎用的能力で、そのための科目として学生が主体となって学ぶアクティブ・ラーニングを基本とする工学プロジェクト(3年次開講)と、卒業研究Ⅰおよび卒業研究Ⅱ(4年次開講)が用意されている。特に、卒業研究Ⅰ・Ⅱは複数の分野にまたがるため、大学4年間の学習の総仕上げという位置づけにあり、機械工学科で学んだ幅広い専門知識や教養を創造的に応用して、学生と教員とが連携・協力して課題解決に取り組んでいる。
機械工学の専門知識の専門科目に加え、高等学校(工業)や中学校(技術)教諭免許状取得希望者のために、1学年から3学年に教職課程授業科目をバランスよく配置し、4学年で教育実習を行っている。

<評価>
授業科目ごとの学習到達目標を明確にし、一般共通科目、共通基礎科目や機械工学専門科目の単位修得によって、機械工学の基礎の原理・法則、機械の機構・動作の仕組み、ものづくりを達成する総合的基礎学力、技術の修得を評価している。
最終学年で実施する卒業研究については、研究結果を卒業論文にまとめ、卒業研究発表会において口頭発表を行い、卒業論文の審査および複数の教員からの質疑応答を通して、学生の理解度、思考力、判断力、問題解決力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を評価している。


3. ディプロマ・ポリシー(DP)

 ものづくり技術(設計・生産技術)やロボット技術を通して、現代の機械的ものづくりに必要な知識・技術・技能を修得し、建学の精神である使命感・人生観・連帯感を有した以下の要件を満たす機械系技術者や教育者を輩出する。

<知識・理解>
  • 機械工学に関する専門知識とその応用力を有する。

<汎用的技能>(プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、ものづくり能力、プログラミング能力、問題解決能力)
  • 自分の考えや質問の答えを論理的に明確に説明できるプレゼンテーション能力を有する。
  • 他者と意見を交わし、英語で基礎的なコミュニケーションを行う能力を有する。
  • 基礎的な設計・製図ができる能力を有し、機械システムの実践的な取り扱いができる能力を有する。(機械工学専攻)
  • コンピュータの実践的な取り扱いや基礎的なプログラミングができる能力を有する。(ロボティクス専攻)
  • 技術者として情報収集や分析を行い、広い視野と専門知識を活用して、問題を解決する能力を有する。

<態度・志向性>(人間性、社会や産業に貢献する意欲、自己管理力、チームワーク、倫理観・社会的責任)
  • 豊かな教養を持ち、深い人間性を有する。
  • 機械系技術者としてものづくりやそのシステムに関心を持ち、社会や産業の発展に貢献する意欲を有する。
  • 新しい知識や技術を自主的に身につけ、未解決の問題に計画的に取り組むことができる。
  • 多様な考え方や背景を理解し、他者と連携・協力して課題に取り組むことができる。
  • 技術が社会や環境に及ぼす影響を理解し、技術者としての倫理観および社会的責任感を有する。

<総合的な学習経験と創造的思考力>
  • 機械工学科で学んだ幅広い専門知識や教養を活用し、社会の要求に対応するための創造的な思考ができる。