グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > キャリア支援・就職・進学 > 就職・進学状況 > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ


父を見て目指したものづくりへの道 ヒット商品の開発に携わりたい

株式会社明治 勤務 竹内 裕哉さん
工学部 機械工学科 2017年度卒業
群馬県・樹徳高等学校出身

部品メーカーの工場を経営している父にあこがれ、幼い頃からものづくりを仕事にしたいと考えていました。就職活動で大切にしていたのは、自分からどんどん動くこと。就職課やキャリア支援センターのサポートも受けながら、積極的にエントリーしました。入社1年目の今は工場に勤め、製造マシンのほか、電気、ガス、排水などの様々なインフラのメンテナンスを行っています。コンビニなどで自社の商品を見かけると、ラベルの印字から、勤務先の工場で、自分が勤務していた時間に作られたものだとわかることも。携わったものが世の中に届いていることを実感できると嬉しいですね。ゆくゆくは、工場長として自分の裁量で工場を動かしてみたい。そのためにも、ヒット商品の開発にも関われるような力をつけていきたいです。

身近なものに化学の力を生かす 私にぴったりの仕事です

リンテック株式会社 勤務 近藤 絢香さん
工学部 生命環境化学科 2017年度卒業
栃木県・真岡女子高等学校出身

リンテック株式会社は、スマートフォンに使用される部材や、商品の表示ラベルなどの各種粘着素材を製造・販売している会社。私は新製品やリニューアル製品を量産する前に試作し、問題がないかを確かめる仕事をしています。リンテックを志望したきっかけは、3年次に参加した企業研究セミナーでした。採用担当者の方から話を聞き、化学の力を身近なものに生かしたいと思っていた私にぴったりだと感じたんです。キャリア支援センターはもちろん、研究室の先生にも相談しながら就職活動を進め、無事に内定をいただくことができました。目指していた世界に飛び込み、毎日勉強を重ねています。大学時代に修得した専門知識や測定機器の操作スキルなどを大いに活用しながら、積極的に業務に取り組んでいます。


モチベーションになっているのは有名ブランドを背負う責任感

東洋水産株式会社 勤務 鈴木 陸さん
工学部 情報システム学科 2017年度卒業
埼玉県・北本高等学校出身

即席麺部門の包装課に在籍し、麺をカップに詰めるといった機械作業のオペーレーターがメインの仕事です。大学のゼミでプログラミングや電気について学んだおかげで、機械トラブルが起こったときにも図面を見るだけで原因が予想できます。今、主に扱っているのは、「赤いきつね」や「昔ながらのソース焼きそば」など、誰もが知っている商品ばかり。これまでに積み重ねられてきた歴史とブランドイメージを守り、未来につないでいくために、ミスは決して許されません。プレッシャーを感じることもありますが、携わった商品がスーパーやコンビニに並んでいるのを見ると大きなやりがいを感じます。まずは日常業務のスキルを磨き、将来は海外での工場立ち上げにも携わることが目標です。

ずっとあこがれ続けたIT業界 将来は海外の拠点で働きたい

株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ 勤務 山田 瑠美さん
人間社会学部 情報社会学科 2017年度卒業
群馬県・高崎商科大学附属高等学校出身

大手銀行のインターネットバンキングのシステム開発をしています。高校生のときから、将来はIT業界に進みたいと考えていました。大学進学の際には、情報系だけでなく経営や経済なども学べる点に惹かれて埼工大の情報社会学科を選びました。大学で得た幅広い知識のおかげで、今、社会情勢や経済の傾向を理解したうえで仕事を進められています。目標にし続けてきた仕事に就いて約1年。いつか海外の拠点で勤務することを夢見ながら、日々の仕事を頑張っています。悩んだときや嬉しいことがあったときに連絡しているのは、大学時代のゼミの先生です。学生と先生の距離が近いことは、埼工大の魅力ではないでしょうか。親身になって相談に乗ってくれることが、今も大きな励みになっています。


すべては住民のみなさんのために地域医療をつなぐ架け橋になりたい

戸田中央医科グループ医療法人社団 松井病院 勤務
 遠藤 鉄志さん
人間社会学部 心理学科 2016年度卒業
東京都・上野高等学校出身

人と接することが好きで、大学で心理学を学びました。現在は病院の地域医療連携室に勤務しています。仕事の内容としては、患者様のために近隣の医療機関と当院との連携をスムーズに行えるよう、業務に当たっています。具体的には、近隣医療機関の先生からの入院・受診相談や、検査の依頼、当院医師からの、他病院への転院依頼に対して、受入れ調整や相談などを行うために窓口となるのが私の仕事。検査や入院日時を調整したり、患者様が来院されたときの案内役を務めています。大学で得た認知心理学の知識を生かして、思いやりを大切にしながら、患者様の視点に立ったコミュニケーションを心がけています。松井病院は、60年以上にわたって地域の医療を支えてきました。ここで働く者として、保険や医療の仕組みなどを深く学ぶことはもちろん、地域性をもっと知ることも必要です。地域のためにできることを、これからも追求していきます。

大学時代の研究を通して芽生えた意識 良質な鉄を安定供給して社会に貢献したい

JFEスチール株式会社 勤務 岩瀨 史也さん
工学部 機械工学科 2016年度卒業
群馬県・太田工業高等学校出身

大学時代、建築物の構造解析と安全を実証する研究に携わっていたことで、社会に貢献する仕事に就きたいと思うようになりました。私が就職したJFEスチール株式会社は、飲料缶をはじめ、車や建築物に使われる素材をつくっています。現在は、工程部という製鉄所の生産を管理する部署で、自動車用鋼板の生産管理を担当しています。大学時代に培ったPDCAサイクルにそって仕事を着実にこなすことに注力しています。まだ学ぶべきことはたくさんありますが、将来、工場の操業管理や納期管理を総括する管理職になることが目標です。


幅広いコーヒーの知識を得て自分自身の可能性を広げていきたい

UCC上島珈琲株式会社 勤務 荻原 枝美子さん
工学部 生命環境化学科 2016年度卒業
埼玉県・和光国際高等学校出身

研究以外にも学園祭の実行委員やボランティア活動など、精力的に過ごした学生時代。就職後も常に挑戦をし続けたいと思い、直営農園で苗木を育てることから製造・販売、文化の創出に至るまで、一貫したコーヒー事業を展開しているUCCを志望しました。現在は、環境への取り組みにも注力している滋賀工場で、缶飲料の製造に携わっています。機械による効率化が進んでも、最終チェックに人の目は欠かせません。品質への高いこだわりと責任感が養われる仕事です。業務の傍ら、社内資格である「コーヒーアドバイザー」の資格取得を目指して勉強中です。今後は資格と大学で学んだ植物の知識を活かし、農園でのコーヒー栽培にも携わってみたいです。

大学で学んだITの専門知識を武器に最先端のシステム開発に挑戦したい

ソフトバンク株式会社 勤務 卞 諒一さん
工学部 情報システム学科 2016年度卒業
群馬県・太田市立商業高等学校出身 (現:太田市立太田高校)

システム開発エンジニアとして、法人向けサービスの開発を担当しています。手がけているのは、内線電話サービスをモバイル機器で提供するためのシステム。リリースに向けて、システムの検証や試験などを行っています。仕事ではITの幅広い専門知識が必要となるため、情報システム学科で学んだ知識がすべて活かされていると感じています。今はまだ先輩から指導を受けている状況ですが、開発の流れをすべて経験し、ひとつでも多くの仕事を自分の責任で実行できる力を身につけたいです。その目標に向けて毎日勉強に励んでいます。最先端のサービスを提供するとともに、システムを守り続けられる存在になりたいと思っています。


物流に関する業務経験を積んでグローバルに活躍したい

ヤマト運輸株式会社 勤務 吉岡 郁弥さん
人間社会学部 情報社会学科 2016年度卒業
埼玉県・小川高等学校出身

ヤマト運輸では現在、社員がいきいきと働ける環境づくりを進めています。私自身、「ヤマトは我なり」という社員一人ひとりが会社の代表であるという理念を常に意識しながら、楽しく働いています。初期配属の宅急便センターでは、入社してからさまざまな業務に携わりましたが、大学で企業経営の全体像を学んでいたので、新しい場面も柔軟に受け入れることができています。今後はコミュニケーションを駆使して、お客さまに喜んでもらえる業務に携わりたいです。また物流に関する業務経験を積み、いつか海外での事業展開にも携わりたいと考えています。

大学時代に身につけた専門知識を大いに活用して地域社会のIT化に貢献したい

株式会社NTTデータ 勤務 杉澤 煕基さん
人間社会学部 心理学科 2016年度卒業
東京都・東京工業大学附属科学技術高等学校出身

大学で心理学を学んだ経験を活かせる就職先を探して、NTTデータを選びました。現在は、公共機関で使うITシステムの基本設計の仕事に従事しています。主な業務は、お客様の希望をヒアリングし、設計書に落とし込むこと。プログラミングに関する技術的な内容をわかりやすく説明して、お客様と現場の調整をはかるのが私の役割です。この仕事の面白さは、システム開発に最初から最後まで関われること。100人以上のメンバーと一緒に「ものづくり」の醍醐味を味わえます。内部、外部と交渉する場面も多く、大学で身につけた「心理学」と、「プログラミング」の専門知識を大いに活用できています。